だいうすの辻子・ダイウス町 (京都市上京区)
Daiusu-cho
だいうすの辻子・ダイウス町 だいうすの辻子・ダイウス町
50音索引  Home 50音索引  Home
上京区堅富田町付近」、辻子らしきものは見当たらなかった。


上京区堅富田町


上京区堅富田町の別の辻子


上京区油小路通元誓願寺辺、「慶長天主堂跡」の碑


上京区油小路通元誓願寺下ル
 京都にはダイウス町と呼ばれる地名がかつて複数存在した。「ダイウス」とは「デウス(Deus、神)」の転訛とされ、キリシタンが集団で居住する町だったともいう。また、キリシタン信者のことを「ダイウス」とも呼んだ。(『多聞院日記』) 
 キリシタンの町は「ダイウス町(丁)」「だいうすの辻子(づし)」「大宇須辻子」などと称されていた。
◆だいうすの辻子 京都の通りには、「大路(おおじ)」、「小路(こうじ)」、別の通りに抜けられる「辻子(ずし、図子)」、抜けられない袋小路の「路地(ろーじ)」などがある。
 「辻子(ずし、図子)」は、平安時代末にすでに存在し、文献初見は1180年という。辻子は、平安京特有のものではなく、奈良の都にも存在したらしい。京都では、鴨東、一条以北に数多くあった。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)の戦火で都が被災した後、辻子を中心とした辻子町が形成された。その数は、江戸時代に最大になり、1863年の「京羽津根」中には91の辻子名が記されている。
 江戸時代初期、京都では「だいうす」の地名が古地図に残されている。かつて、上京区堅富田町(たてとみたちょう)付近に、「たいうすのすし/たいうすのずし/だいうす辻子」と呼ばれた辻子があったという。堅富田町より東へ、南北の油小路通に抜けることができた小路をいう。「富田辻子」「大臼辻子」「徒斯(でいす)辻子」「大宇須辻子」とも記された。
 「徒斯辻子」は、堀川通、油小路通の間にあったという。近世、耶蘇宗門(キリシタン)の寺があり、人々は「徒斯(でいす、ゼウス)」を誤り「だいうす」と呼んだため、現在は「大うすの辻子」と呼ばれていると記されている。(「雍州府志」)。異説もあり、かつて近くに村雲大休寺(むらくも だいきゅうじ、竪富田町東部中央より南、一条まで、東西一町、南北二町)という寺院があり、この寺号の「大休」が転訛し「大臼」「だいうす」になったともいう。(「中古京師内外地図」)。なお、この「大臼」の言葉には、キリシタンに対する誹謗の意味も含まれ、キリシタン信者は常日頃「大臼(おおうす)を拝んでいる」と揶揄されていた。大休寺は、足利義直(1306-1352)の建立により、応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失し再建されなかったという。
 京都のだいうす辻としては3か所あるという。上記に重なる上京区油小路通元誓願寺下ル付近には、1604年、再建された南蛮寺(慶長天主堂)が近くあったという。(「平安城東西南北並之図」)
 ほかに、下京区妙満寺町付近(綾小路通・岩上通の交差点付近)には、フランシスコ会系の南蛮寺があり、キリシタンの町「だいうす町」が形成されていたという。
 下京区菊屋町付近(高辻通・松原通の間の若宮通)は、1614年の「イエズス会年報」にも「だいうす町」が記されている。  
 ほかに古地図の記載はないものの口碑として、西ノ京ダイウス町(中京区、天神道筋)なども指摘されている。

  
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『雍州府志』『京都市の地名』『京のキリシタン史跡を巡る 風は都から』『京都の地名検証』『京都歴史案内』『京都大事典』


   関連・周辺慶長天主堂跡       関連・周辺奥渓(おくたに)家       関連・周辺六角獄舎・首洗井      周辺       関連南蛮寺跡       関連「二十六聖人発祥の地」の碑      関連南蛮寺の礎石       関連信仰の小道・高山右近・イエズス会伏見教会           

下京区妙満寺町辺、綾小路通・岩上通の交差点

下京区妙満寺町辺、綾小路通・岩上通の交差点

下京区菊屋町辺
下京区菊屋町辺、高辻通と松原通の間の若宮通

【参照】京都国立博物館


キリシタン墓碑、江戸時代。成願寺(上京区)境内にあった。京都国立博物館蔵。



キリシタン墓碑、江戸時代。安養院(下京区)にあった。十字架が浮き彫りされている。京都国立博物館蔵
だいうすの辻子 京都市上京区堅富田町,東堀川通一条上る   

より大きな地図で だいうすの辻子 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光