道祖神社・書聖天満宮 (京都市下京区)
Doso-jinja Shrine
道祖神社・書聖天満宮 道祖神社・書聖天満宮 
  Home




 道祖神社(どうそ じんじゃ)は京都駅の西北、不動堂明王院の北に隣接する。
 祭神は、猿田彦大神(さるたひこおおがみ)、その姫神・天鈿女命(あめのうずめ)を祀る。
 猿田彦大神は、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の天孫降臨の際に道案内をしたことから、道の神・旅人の神になる。縁結び、交通安全などの信仰も集める。足止め祈願をすると、家出人の足がすくみ家に帰るという。
 末社は、書聖天満宮、幸神社、稲荷社を祀る。書聖天満宮の書聖とは菅原道真であり、道真を祀る御霊社になる。洛陽二十五社の一つに数えられる。
◆歴史年表 平安時代、899年、宇多法皇(第59代)の東七条御所「亭子院(ていじのいん)」(現在の七条西ノ洞院付近)を離宮とし、その鎮守社として創建されたという。
 その後、度々焼失したという。
 安土・桃山時代、1591年、豊臣秀吉の都市改造政策により不動堂町下手東側に遷された。
 江戸時代、1831年、現在地の東にあった。(「改正京町絵図細見大成」)
 近代、1873年、境内が鉄道用地になり、西の現在地に遷った。(「坊目誌」)
◆道祖神 道祖神は、岐(わかれ)の神、御霊とも呼ばれた。賽の神、障の神であり、本来は街道筋や村の辻など交通の要衝に置かれた。これは、神が外部からの邪悪なものの侵入を断ち、道中の安全を守護するという意味があった。また、「遮る」の「さえ」が「さち(幸)」に転訛し、幸の神、縁結び、夫婦和合神にもなった。
◆碑 境内に、江戸時代の烏石葛辰(うせき かっしん)筆の「文房四神之碑」が立つ。


*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都市の地名』『京都府の歴史散歩 上』『京都 歴史案内』『京都史跡事典』『京都のご利益めぐり』『京都のご利益手帖』


   亭子院(ていじゅいん)・明王院不動堂(不動明王院)・新撰組不動堂村屯所跡              関連出雲路幸神社       関連松明殿(たいまつでん)稲荷神社      関連法金剛院          

公家姿の男女が手を取り合い、肩を寄せ合う。恋愛成就、子孫繁栄の霊験があるとされている。社務所には「愛の土鈴」がある

 道祖神社・書聖天満宮 〒600-8234 京都市下京区南不動堂町5-4,油小路塩小路下る  075-371-1827
  Home  

   © 2006- Kyotofukoh,京都風光