火除天満宮社 (京都市下京区)
Hiyoke-temmangu-sha Shrine
火除天満宮社  火除天満宮社 
 Home




 繁華街、寺町通に西面して建つ火除天満宮社 (ひよけ てんまんぐうしゃ)は、火除天満宮とも呼ばれた。かつて、「ひぶせ」とも呼んだ。 
 祭神は菅原道真、御霊社。学問成就とともに、火除の信仰も集めている。
 天満宮二十五社第九番。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 安土・桃山時代、1579年、九州での兵乱を避け、筑紫国太宰府から一老神官が道真の像を背負って入洛したという。当初、六条通周辺に像を祀ったのが当社の始まりともいわれる。
 1587年、御池御所(烏丸二条)の地に、龍池山大雲院が開創され、その鎮守社として迎えられた。
 1590年、豊臣秀吉の町割りにより、寺は下京区に移転する。
 1597年、天満宮は、現在地に建立されたともいう。大雲院の移転の際に、社殿だけが残されたという。
 江戸時代、1864年、蛤御門の変で、現在地のこの一帯だけが類焼を免れる。以後、学問成就とともに、火除の信仰も集める。
◆年間行事 歳旦祭(1月1日)、節分祭(2月初旬)、梅花祭(2月25日)、例祭(5月25日)、大祓式(夏越の祓)(6月30日)、お火焚祭(11月25日)、大祓式(師走の祓)(12月30日)、除夜祭(12月31日)、月次祭(毎月25日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都大事典』


              大雲院        

天道大日如来、延命地蔵尊

天満宮二十五社第九番の石碑

三社、右より稲荷社、大国主社、白太夫社

拝所

拝所

本殿
 火除天満宮社 〒600-8031 京都市下京区貞安前之町613,寺町四条下る東側 
  Home     Home  

    © 2006- Kyotofukoh,京都風光