三条台若中会所 (京都市中京区)
Sanjodai-wakaju-kaisho
三条台若中会所 三条台若中会所 
50音索引  Home 50音索引  Home


 武信稲荷神社の斜め辻向かいに、祇園祭の神輿御渡に関わっている三条台若中会所(さんじょうだい わかじゅう かいしょ)がある。 
◆歴史年表 江戸時代、1604年、二条城築城に伴い、この付近は二条御廻りと呼ばれた。
 江戸時代、元禄(1688-1703)-享保(1716-1735)、三条台村という地名に改変された。
 1690年頃から、八坂神社の祇園祭・神輿御渡に奉仕するようになる。「三条台若中」という組織が巡行に関わった。 
 1832年、民家を会所と定める。
 1862年、建物が改築される。
 近代、明治期まで三条台若中は中御座、東御座、西御座の三座ともに関わっていたという。
 1905年、三若組(現在の三若神輿会)と、祇園祭を維持運営している祇園会に改変された。三若神輿会は現在、中御座を担いでいる。
 1927年、現在の建物が建替えられている。

 
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 説明板



         周辺武信稲荷神社       祇園祭           
 三条台若中会所 〒604-8801 京都市中京区今新在家西町11  
  Home     Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光