久我神社 (京都市伏見区)
Koga-jinja Shrine
久我神社   久我神社
 Home  Home







参道



 久我神社(こが じんじゃ)は、鴨川と桂川の合流地点近く、桂川の西岸にある。かつては久何(こがの)神社、森ノ大明神、鴨大明神、鴨森大明神とも呼ばれていた。 
 祭神は、賀茂社の建角身神(たけつのみのみこと)、その娘・玉依比売命神(たまよりひめ)、その孫・別雷神(わけいかづちのかみ)の三代、三神を祀る。
 式内社。平安時代の『延喜式神名式(延喜式神名帳)』(927)記載の「乙訓郡十九座 大五座 小十四座」の「久何(こかの)神社」に比定されている。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 古くは、森ノ大明神と呼ばれた。賀茂氏北上に伴い包摂されたとみられている。鴨大明神ともいわれたという。賀茂建角身神が山城で最初に鎮座した社ともいう。
 奈良時代、784年頃、第50代・桓武天皇の長岡遷都の際に、王城の艮角(うしとらのすみ)の守護神として、久何神社として創建されたともいう。(「久我神社舊(旧)記」)
 平安時代、859年、延喜式内社となる。
 866年、神階が正六位上より従五位下に進む。(「三代実録」)
 874年、従五位上を授けられた「興我万代継神」は当社に比定されている。(『三代実録』、876年の条)
 室町時代、1564年、本殿が造営される。
 江戸時代、森大明神として慕われた。
 1784年、現在の本殿が再建される。
 1806年、拝殿が建てられた。
 現代、2009年、京都市登録有形文化財に指定された。
◆久我 久我とは「陸(くが)」を意味しているともいう。かつて水郷地の島部分を陸と読んだという。
◆久我氏 この地の古代豪族・久我(こが、山背久我)族を祖神としているという。もとは、国造(くにのみやつこ)、山背久我直(あたい)により開拓されたという。
 平安時代、久我氏の祖・源顕房(みちたか)の「古河(こが)水閣」が営まれた。その後、土着神は、進出してきた賀茂社(賀茂氏)に包接されたとみられる。
 久我族は、大和葛城の賀茂族との関連もあり、『山城風土記』逸文のいう、山城国久我国造(こがのくにのみやつこ)との関連も指摘されている。賀茂氏は、大和葛城より北上し、木津川、鴨川と遡り、この地に進出したとみられている。
 久我庄の成立は鎌倉時代ともいう。なお、北区にも同様の久我神社がある。
◆賀茂伝説 祭神は、建角身神と娘・玉依比売命神、その孫・別雷神の三代の神を祀る珍しい神社といわれている。
 別雷神の父、火雷神(ほのいかづちのかみ)は、井ノ内(現在の角宮神社)からこの地に飛来したとも伝えられる。角宮神社は当社の東にあり、祭神は火雷神になる。さらにその東に、日向神社があり、境内摂社・増井神社の祭神もまた、火雷神の荒御魂を祀る。
 4月上旬巳の日、当社でも葵祭が行われていたという。神輿は御旅所(夫婦木、めおとぎ)に7日間滞在したという。(「老諺集』)
◆歯神社 境内社・歯神社(はがみのやしろ)の祭神は、天神立命(あめのかんだちのみこと)を祀る。「はがみさん」と親しまれ、歯の病、歯の生えかわりのご利益があるという。
◆建築 室町時代、1564年造営の本殿が、江戸時代、1784年に再建された。三間社流造で、切石積み基壇上に建てられている。かつては檜皮葺だった。現在は銅板葺になっている。
 身舎(もや)正面、側面に高欄付縁があり、正面に1間の階がある。内部は、一段高い内陣、外陣に分かれている。妻飾は虹梁大瓶束(こうりょうだいへいづか)といわれ、葉の彫刻による笈形(おいがた、装飾)が付く。装飾により播磨の大工が造営に関わったとみられている。2009年、京都市登録有形文化財に指定された。
 割拝殿は、1806年に再建されている。
◆久我の森 社は、かつて「森ノ大明神」ともよばれた。一帯には広大な森があり、「久我の森(杜)」といわれていた。
◆年間行事 例祭(4月3日過ぎの日曜日)、お百燈(お百度、氏子が本殿の周囲を回り豊作祈願する。)(8月28日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。

*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『遺跡から見た京都の歴史』『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都府の歴史散歩 中』『京都大事典』  
 

  菱妻神社      誕生寺        神川神社      久我神社(北区)      上賀茂神社      下鴨神社      角宮神社          

本殿、切石積基壇上に建つ。

妻部分、妻飾り、虹梁大瓶束(たいへいづか)は、中央の縦の柱、その左右は葉の笈形(おいがた)で飾られている。

右より稲荷神社、春日神社

右より清正公社、八幡宮、天満宮

歯神社(はがみのやしろ)

もとは社殿造営時に用いられた石で、その後、これを盗んだ者があった。だが、その身に神異が起こる。その後、川中に埋もれていたものを、太平洋戦争の戦勝記念にこの地に戻されたという。

大クス、幹の太さは胸高で2m

竹林
参道を横切る水路大井手川と森乃そり橋
 久我神社 〒612-8495 京都市伏見区久我森の宮町8-1 
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光