出雲路,鞍馬口 (京都市北区)
Izumoji,kuramaguchi

50音索引  Home
            出雲路橋の西詰に「出雲路鞍馬口」の碑がある。この付近は鞍馬街道の出入口にあたり、「京の七口」のひとつ、鞍馬口、出雲路口ともいわれた。
 鞍馬街道は、鞍馬口から深泥池、檜峠、幡枝、市原を経由する東街道と清蔵口から千本・大宮、上賀茂、朝露、柊野、原峠、市原へいたる西街道があった。 
 江戸時代の『新板平安城東西南北町井洛外之図』(1654)には、鞍馬口(出雲路橋)の記載がある。江戸時代、橋の西口付近に鞍馬口村が開かれた。
 戦乱の歴史も残る。南北朝時代、1336年、足利尊氏と南朝方との戦においては、近江国本からの軍勢により、出雲路に火が放たれた。
 室町時代、1441年の土一揆では、出雲路の土蔵に押し寄せた一揆勢いとの間で合戦が起きている。


*参考文献 『京都の地名検証』


  関連・周辺出雲路橋                
出雲路鞍馬口 京都市北区出雲路立テ本町周辺 

より大きな地図で 「出雲路鞍馬口」の石標 を表示
50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp