櫟谷宗像神社 (京都市西京区)
Ichitani-munakata-jinja Shrine
櫟谷宗像神社 櫟谷宗像神社 
   Home    Home








 嵐山・桂川の畔、岩田山中腹にある松尾大社の摂社・櫟谷宗像神社(いちいたに むなかた じんじゃ)は、古くより松尾大社末社だった。かつて櫟谷神社、古くは嵐山弁財天、いまも「嵐山の弁財天さん」と呼ばれている。 
 櫟谷とは、嵐山南の崖下を流れる小川の谷の名称であり、江戸時代初期までは呼称されていた。
 祭神は、奥津島姫命(おきつしまひめのみこと)、宗像大神(市杵島姫命、いちきしまひめみこと)。
 福徳蓄財、金運、財運向上、技芸向上、知恵増進、縁結び、水難除けの神としても知られている。
◆歴史年表 奈良時代、大宝年間(701-704)、701年頃とも、創建されたともいう。
 平安時代、870年、葛野の鋳銭所で新銭を鋳造し、祀り祈念した。(『日本三代実録』)。平安時代には、新しい鋳銭を造るたびに、必ず当社に奉納する慣わしがあり、福徳財宝の神として信仰を集めていた。
 848年、無位より従五位下に神階が進む。(『続日本後記』)
 868年、正五位下の神階を受ける。(『日本三代実録』)
 鎌倉時代、1241年、焼失した。(『百錬抄』)
 1244年、松尾山が山崩れし、大井河が塞がる。宗像社の鏡石が崩れ落ちる。(『百錬抄』)
 近代、1877年以後、松尾大社の摂社となる。
◆祭神 櫟谷と宗像の二社は、かつては独立していた。現在は合祀され同じ社殿に祀られている。櫟谷神社の祭神は奥津島姫命、宗像神社は田心姫命(たごりひめのみこと)ともされ、それぞれ海の神、水の神であり、ともに福岡宗像神社の祭神だった。
松尾三神・松尾七社 かつては、松尾三神(松尾大社、月読神社、櫟谷神社)のひとつとされた。
 また、松尾七社のひとつとされた。七社は、松尾大社と摂末社の四大神、衣手、三宮、宗像、櫟谷、月読(月読尊)になる。
 現在は松尾大社の摂社であり、松尾大社の神幸祭、還幸祭には二社(櫟谷、宗像)として御旅所に滞在する。
◆建築 本殿の造営年代は不明。流造、銅板葺。
◆神像 平安時代、1143年に造像という女神像がある。
◆文化財 境内の手水鉢は、江戸時代、1643年の寄進による。角倉了以の孫・吉田厳昭による。
◆鋳銭所 平安時代、870年、葛野の鋳銭所で新銭を鋳造し祀り祈念した。(『日本三代実録』)。平安時代には、新しい鋳銭を造るたびに、必ず当社に奉納する慣わしがあり、福徳財宝の神として信仰を集めた。現在、社の対岸に鋳銭所跡の碑がある。
◆駒留橋 参道の石段下に駒留橋が架かる。かつて神職が神馬を繋いだ橋という。
◆年間行事 八朔祭(女神輿やまぶき会)(9月第一日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京の古代社寺 京都の式内社と古代寺院』『松尾大社』『京都・山城寺院神社大事典』『京都の寺社505を歩く 下』『洛西探訪』『京都ご利益徹底ガイド』
  

  関連・周辺松尾大社      関連      周辺     

手水舎

手水舎

拝所、本殿

本殿

本殿

櫟谷大神

宗像大神

八朔祭、女神輿やまぶき会(9月第一日曜日)

境内から見える景観

「大井川しぐるる秋の櫟谷 山や嵐の色をかすらむ」、藤原為家

駒留橋


駒留橋
櫟谷宗像神社  〒616-0004 京都市西京区嵐山中尾下町 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光