福應寺 (京都市山科区)
Fukuo-ji Temple
福應寺  福應寺
50音索引  Home 50音索引  Home


 福應寺(ふくおうじ)は平安時代の僧・遍昭の開基と伝える。山号も遍照山という。 
 浄土宗。
 全国善光寺会のひとつ。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、遍昭僧正(816-890)の開基によるという。当初は天台宗だった。
 その後、浄土宗に改める。
 江戸時代、明暦年間(1655-1657)、雲観良親西月大徳が中興し興隆する。
 享保年間(1716-1735)、心誉誓運大徳により諸堂が再建される。
 1837年、18世・亮賢上人により建物の大修理が行われた。
 近代、1934年、暴風雨により本堂、諸堂が倒壊した。以後、荒廃する。
 現代、1963年、30世・綜誉により現在の本堂、諸堂が再建される。
◆遍昭 平安時代前期の天台宗の僧・遍昭(へんじょう、816-890)。良岑安世の子、 第50代・桓武天皇の孫。遍照とも。左近衛少将、蔵人頭として第54代・仁明天皇に仕えた。850年天皇没後出家し、山科に元慶寺を創建し、花(華)山僧正とも呼ばれた。第58代・光孝天皇にも仕えた。885年僧正。歌人としても知られ、六歌仙、三十六歌仙のひとり。小野小町と清水寺で歌でやりとりをした。『古今集』入集。元慶寺南西に墓がある。
◆年間行事 涅槃会、彼岸会、盂蘭盆会、十夜法要

 
*参考文献 全国善光寺会のサイト


  関連・周辺元慶寺(花山寺)      周辺     関連       

本堂

本堂

地蔵堂

地蔵堂

地蔵尊

鐘楼
福應寺 〒607-8463 京都市山科区上花山講田町71  075-581-1249  
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光