住吉神社 (京都市下京区藪之内町) 
Sumiyoshi-jinja Shrine

50音索引  Home 50音索引  Home


 藪之内町に住吉神社(すみよし じんじゃ)はある。
 祭神は底筒男命(そこつつをのみこと)、中筒男命(なかつつをのみこと)、表筒男命(うわつつをのみこと)を祀る。 
 厄除、方除、病除、旅行渡海、交通安全、夫婦家族円満、縁結びなどの信仰がある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、延暦年中(783-806)、摂津住吉宮より勧請し、建立されたという。 
 1138年、再興される。
 安土・桃山時代、1591年、再再興された
 江戸時代、1825年、現在の社殿が建立される。
◆境内社 稲荷神社・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、神明神社・天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)、道祖神社・猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、貫之神社・紀貫之大神(きのつらゆきのおおかみ)、天満宮社・菅原道真、金毘羅宮が祀られている。
◆神輿 御神輿は1708年に始まり1788年に焼失した。小道具類は焼失を免れたため1790年に再設された。1897年に修復される
◆年間行事 節分祭(2月3日)、例祭(宵宮に六斎念仏の奉納。剣鉾の松鉾、牡丹鉾、菊鉾が出る。大小神輿が練る)(9月第4金曜日-日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 当社由緒


  関連・周辺      周辺     関連      

拝殿

本殿

稲荷神社・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
右より、神明神社・天照皇大神(あまてらすすめのおおかみ)、道祖神社・猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、貫之神社・紀貫之大神(きのつらゆきのおおかみ)、天満宮社・菅原道真、

金毘羅宮

金毘羅宮

例祭

例祭
 住吉神社 〒600-8374 京都市下京区下藪之内町617,松屋町通松原下る三丁目   075-371-3682
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp