百枝社・天満神社 (大津市)
Momoesha Shrine
百枝社・天満神社 百枝社・天満神社 
50音索引  Home 50音索引  Home


 最澄の生地といわれる生源寺、最澄の母・藤原藤子(妙徳)を祀るとされる市殿神社の北に、最澄の父・百枝を祀る百枝社(ももえしゃ)がある。
 地域では「ももしげさん」とも呼ばれている。地図の表記では天満宮であり、菅原道真を祀る天満神社もある。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
◆三津首百枝 平安時代の豪族・三津首百枝(みつ のおびとももえ、?-811)。189-220年、百枝の祖先は後漢の孝献帝という。300年頃、登万貴王が来日する。その後、渡来し、近江国滋賀の地を与えられ、姓を三津首とした。757年-764年、藤原藤子(妙徳)と結婚する。766年/767年、最澄が生まれた。800年頃、最澄は、両親報恩のために生源寺、東南寺を建立したという。811年、百枝は亡くなる。812年、京都山ノ内の藤子の兄・藤原正雄宅で、百枝の一周忌法要が行われる。
 

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 当社由緒、数野夘吉氏作成年表


   関連・周辺
生源寺(大津市)      関連・周辺市殿神社(大津市)       周辺      関連山ノ内念仏寺(念仏寺、水子供養寺)        

百枝社

「百枝社寶前」と刻まれている。

天満神社

「天満宮」との銘が入る。

地蔵尊?

【参照】周辺の家並、石垣
百枝社 〒520-0113 滋賀県大津市坂本6丁目2-28   

より大きな地図で 生源寺・市殿神社・百枝社 を表示
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光