今宮神社 (京都市右京区) 
Imamiya-jinja Shrine
今宮神社 今宮神社 
  Home   Home





松尾社
 双ヶ岡(ならびがおかの東にある今宮神社(いまみや しべんじゃ)は、花園、安井一帯の産土神となっている。かつては祇花園(ぎけおん)社、花園社、花園今宮神社とも呼ばれた。
 祭神は素戔嗚命を祀る御霊社。
◆歴史年表 平安時代、1015年、都での疫病流行に際して、疫神の宣託により創祀された。近衛府などの宮人の奉仕により御霊会が催された。西京極大路に接する地にあり、疫神の侵入する西の入り口に祀られていた。
 その後、一時衰退した。
 1052年、第70代・後冷泉天皇の代(1045-1068)とも、再び都で疫病流行し、社が造営され、御霊会が営まれた。
 神仏混淆時代、法金剛院、仁和寺の鎮守社となる。
 江戸時代、1644年、仁和寺門跡・覚深法親王が、仁和寺の「寛永再興」の一環として、江戸幕府3代将軍・徳川家光の援助の下に、本殿、拝殿、末社を造営している。
 近代、1868年以降、神仏分離令後の廃仏毀釈により、神仏混淆は廃され厄除神今宮大明神となる。
◆建築 大型の一間社流造の本殿は、京都市指定有形文化財指定(1984)になる。
◆年間行事 例大祭(10月16日)では、神輿の巡行がある。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 当社由緒、『洛西探訪』


  関連・周辺       周辺双ヶ岡古墳       関連            
今宮神社 〒616-8042  京都市右京区花園伊町17  
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光