文子天満宮旧跡・旧社地(北野天満宮御旅所) (京都市上京区) 
Ayako-temmangu Shrine

50音索引  Home 50音索引  Home


 北野天満宮の南に小社の文子天満宮(あやこ てんまんぐう)は東面してある。 
 この地には、近代以前まで文子天満宮が祀られていた。旧社地として現在は北野天満宮の御旅所の一つになっている。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて、この付近に北野天満宮に仕える神人(じにん)が多く住んでおり、文子天満宮を祀り守っていた。
 近代、1873年、北野天満宮境内に遷宮される。以後、この地は北野天満宮御旅所になる。
◆多治比文子 
平安時代の巫女・多治比文子(たじひの あやこ、生没年不詳)。奇子、綾子、あや子とも書く。平安京右京七条二坊十三町に住した。942年、天神の神託により北野に社殿を建て祭祀することを託宣した。だが、財なくやむなく自邸に叢祠を祀った。947年、北野に遷し、北野天満宮創祀者のひとりとされる。
◆建築 舞台、石鳥居が残されている。
◆年間行事 北野天満宮の神輿渡御(4月12日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都大事典』『京都歴史案内』

 
  関連・周辺北野天満宮     周辺     関連文子天満宮       
 文子天満宮  京都市上京区北町,天神通下立売上る西側 

より大きな地図で 文子天満宮旧跡(北野天満宮御旅所) を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光