千喜満悦天満宮 (京都市下京区) 
Senki-manetsu-temmangu Shrine

 Home  Home




 千喜万悦天満宮(せんき まんえつ てんまんぐう)は西念寺境内の西門前に近接してある。 
 ご神体は菅家の絵図と尊像を祀る。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、899年、菅原道真が宇多天皇により右大臣に任じられた際に、絵図に慶事の様を描かせたものという。神殿に列座されせられ 社の由来ともなっている
 近代、1945年、戦時中の五条通拡張工事に伴い現在地の西念寺門前に遷される。
◆菅原道真 平安時代前期の公卿、文章博士、歌人の菅原道真(845-903)。菅原是善の3男。母は伴氏。幼少より漢詩、和歌に優れた。862年、文章生試験に合格、866年、円仁『顕揚大戒論』序文を書く。867年文章徳業生、870年、方略試 に合格、871年、少内記、872年、存問渤海客使に任じるが、母が亡くなり解官、877年、式内少輔、文章博士を兼ねる。第59代・宇多天皇、第60代・醍醐天皇に重用される。879年、従五位上。880年、父没し家塾「菅家廊下」を継承。883年、加賀権守兼任。884年、太政大臣職掌の有無について意見を奏上。 888年、阿衡問題について藤原基経に意見書を送る。891年、式部少輔、左中弁兼ねる。892年、従四位下、『三代実録』『類聚国史』を編じる。893年、参議、式部大輔、左大弁、勘解由長菅・東宮亮を兼任。894年遣唐大使に任命されるが、大使の中止を建議し、中止になる。侍従兼任。895年近江守兼任、中納言、従三位、春宮権大夫兼任。897年、正三位、中宮大夫兼。899年、右大臣となる。900年、三善清行は道真に辞職勧告する。901年、従二位、左大臣・藤 原時平の讒言(ざんげん、告げ口)により、大宰権帥に左遷される。903年、大宰府で没した。
 道真没後約50年、都では、旱、疫病(疱瘡)、月食、大彗星、地震、天候不順などが続いた。道真の政敵・藤原菅根の死(908)、藤原時平の死(909)、左遷を命じた醍醐天皇の皇太子保明親王の死(923)、保明親王の第1王子慶頼王の死(925)、清涼殿落雷による藤原清貴震死(930)と 平希世の死(930)、醍醐天皇の死(930)が相次ぐ。これらの異変は、道真の怨霊の仕業と恐れられた。道真怨霊についての文献初出は、平安時代中期 「日本紀略」、923年、「菅師霊魂宿芬のなす所也」と記されている。このため、没後、923年、正一位、太政大臣を追贈されたが異変は止まなかった。当初、雷神、祟り神として畏怖され、後に天神、学問の神として崇敬された。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 当宮縁起


  関連・周辺     周辺     関連       
 千喜万悦天満宮 〒600-8191 京都市下京区南側堺町,五条通高倉東入る 

より大きな地図で 千喜万悦天満宮 を表示
  Home     Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp