重森三玲庭園美術館(旧重森邸、旧吉田家社家)・無字庵庭園 (京都市左京区) 
Shigemori Mirei Garden Musium
重森三玲庭園美術館 重森三玲庭園美術館
  Home   Home



重森三玲庭園美術館の門には、「招喜庵」と掲げられている。


主屋、玄関前庭




大書院、三玲は縁の右(東)からの庭の眺めが気に入っていたという。


茶室「好刻庵」、障子腰に網干模様




大書院からの庭の眺め


大書院、格天井


大書院、イサム・ノグチデザインの灯り提灯


大書院、三玲筆の「泉林」の掛け軸


三玲による「好刻庵」の扁額、板は大徳寺「金毛閣」の一部という。


「好刻庵」内、床、掛け軸は三玲筆「作」

 吉田神社の南に位置する重森三玲(しげもり みれい)庭園美術館は、かつて現代の作庭家・庭園史研究家の重森三玲の旧宅だった 
◆歴史年表 
この地にはかつて、吉田神社の社家だった鈴鹿隆信の屋敷があった。鈴鹿家は五摂家の一つ近衛家にも関係があったという。主屋(本屋)、大書院、茶室、居間、離れ座敷、土蔵など、敷地は406坪(1342㎡)からなっている。
 江戸時代、元禄年間(1688-1703、享保年間<1716-1735>とも)、本宅が建てられたという。
 1742年、土蔵が建てられた。
 1789年、書院が建造される。主屋、大書院は、吉田神社社家建築の唯一の遺構とされている。書院の建設は、五摂家の一つ近衛家の援助によるという。
 近代、1929年、重森三玲は京都に移り住む。
 1943年、重森が屋敷を所有した。当時は荒廃し、「雨漏庵」の異名がついた。屋敷には、家族7人のほか、書生、門人らが暮らした。大書院と主屋は保存を前提とし、部分的な修造にとどめた。
 現代、1953年、茶室「無字庵」を建て、作庭している。書院の一部を新造、改造し、庭園もその頃に改修している。
 1954年、自宅での初釜を行う。
 1962年、土蔵、書院、水屋、庭などの改造を行った。
 1969年、茶室「好刻庵」を建て、作庭している。
 1970年、庭の改造を行っている。
 2005年より、庭園は一部公開されている。
 2006年、重森と永年の親交があった塚本喜左衛門は、主屋を引き受け、重森三明(重森三玲庭園美術館)とともに修復、復元した。
◆重森三玲 現代の作庭家・重森三玲(1896-1975)。岡山に生まれる。1911年、15歳で茶道、華道を学ぶ。1914年、18歳で茶室・露地を設計する。1917年、日本美術学校で日本画を学び、さらに、生花、茶道を習得、文化・芸術のみならず、宗教・哲学にも関心があった。1922年、文化大学院の創設を企図する。結婚する。1923年、関東大震災に被災し岡山に還る。1926年、フランスのミレーに憧れ自ら三玲と改名した。1929年、京都に移る。1931年、日本花道芸術学園を設立する。1932年、日本庭園の研究団体、京都林泉協会の会長職に就く。華道草月流の創始者、勅使河原蒼風(1900-1979)らと生花の革新を唱え、1933年、「新興いけばな宣言」を起草した。1936年-1938年、全国の庭園の実測調査を行う。1949年、前衛的な生花の創作集団「白東社」を主宰し、前衛生花作家・華道家の中川幸夫(1918-2012)も参加した。1950年頃から、アメリカ人の彫刻家、画家のイサム・ノグチ(Isamu Noguchi、1904-1988)とも交流を深めた。
 庭園については、全国の200あまりの作庭に関り、本格的に作庭した京都では、東福寺方丈庭園(1943)に始まり、京都林泉協会30周年記念の瑞峯院庭園(1961)、最後の作品は松尾大社庭園(1975)になった。
 1936年以来、独自に行った全国の庭園の実地調査を行っている。それらの結果をまとめた第一次調査の『日本庭園史図鑑』(1939年完、全26巻)、1971年からの第二次調査の『日本庭園史大系』(1976年完、全35巻)が刊行されている。
◆建築 主屋(本屋)、大書院は、吉田神社社家建築の唯一の遺構となっている。大書院は、垂れ壁、奥の上段の間は、格式の高い格天井となっている。床に段差はない略式になっている。灯りの周りの提灯は、三玲と親交のあった彫刻家、イサム・ノグチの意匠による。
 後の内閣総理大臣・近衛文麿(1891-1945)が一時期、この屋敷より京都帝国大学に通った。経済学者・河上肇(1879-1946)に学んだ。
 水屋も鎌倉式の大面取角柱で黒一色に塗られている。波連子、網干欄干、大波桟など水に因む意匠になっている。 
◆茶室 三玲が建てた茶室「無字庵」の畳床には、古材の横木の框(かまち)、床の壁の折れ金具の花入中釘は、やや左に打たれている。壁は、大徳寺玉林院の茶室「蓑庵(さあん)」のすさ壁(土壁に切った藁が塗り込められている)を再現した。中柱は、直線的な古材を用いた。袖壁は、斜めに切り、半分は竹で編んだ下地壁を見せている。非公開。
 三玲が建てた茶室「好刻庵」は、鎌倉式書院建築で、母屋より一段低く造られている。吉水神社古書院、西本願寺飛雲閣、修学院離宮、曼殊院などの建築が設計の参考にされたという。内部は、松脂とベンガラにより黒く塗られている。床柱は、出隅部分を削った大面取角柱になっている。装飾的な横木の長押(なげし)も厚くされている。棚は、上段構え二重、二段の棚となっている。火燈窓、明かり障子が開いている。袋戸棚の水墨画は三玲による。襖は飛涛の市松紋、釘隠しは清水焼の磁器、文字などをデザインした引手も創作し、藤の花を彫った欄間、障子の腰板の意匠など、細部にまで気を配っている。
◆庭園 重森三玲が作庭した庭は、玄関前庭、書院前庭(大書院前庭園)、茶庭(「好刻庵」前庭、「無字庵」にじり口付近の前庭)、坪庭(「好刻庵」水屋前の中庭)がある。造庭は2日ほどで終了したという。
 「無字庵」のにじり口付近の前庭は、蹲踞(つくばい)に鎌倉時代初期の宝塔の笠を使い、水琴窟がある。にじり口には、貴人口も設けられ、次客石、草取り石が配されている。非公開。
 「好刻庵」水屋前の中庭は、枯山水式で、白砂は波紋、7つの長形の板石、5つの主石(黒い立石)と踏石、3つの円筒形の手水鉢と礎石により、合計15の石が七五三式に据えられている。 
 「好刻庵」前庭も枯山水式で、飛石と蹲踞、苔の築山、州浜模様の敷石、苔地の州浜などによる。腰掛待合付近には、室町時代末期の西ノ屋型の石燈籠と鎌倉時代の宝塔の笠を利用した蹲踞が置かれている。タタキは、ベンガラとセメントで、三玲による竹箒の掃け目が付けられている。創作という乱四ッ目垣がある。
 大書院前の庭園も枯山水庭園で、1970年に作庭された。書院内から見る額縁庭園であり、ケヤキの一枚板の縁からも鑑賞できる。蓬莱諸仙島の古典的な庭となっている。かつての庭には、中央付近に礼拝石(遥拝石)が据えられており、これはそのまま残された。石はおもに徳島の青石が使われ、三玲独特の立石が据えられている。また、沓脱ぎ石は鞍馬石、敷石の州浜は丹波鞍馬石を用いている。
 白砂、苔地に、蓬莱(ほうらい)、方丈、壷梁(こりょう)、瀛州(えいしゅう)の4島を配置している。中央にある蓬莱島の三尊石組は、鶴島という。舟形石(舟石)は入り舟、出舟の二つが据えられており珍しいという。白砂は、海洋、雲洋を表し、苔は島を表す。紅色の軒内州浜、曲線的な州浜には、ベンガラとセメントで朱色の目地が塗られている。
 庭には、枯山水式には珍しく二本の桜が植えられている。植栽を避けた三玲は、妻マツヱの要望を入れている。当初は庭の中央に、樹齢200年という枝垂れ松の大木が植えられていた。これは、当初からあったもので、伐るわけにもいかず活かされることになった。松と石により、鶴が表されていたともいう。松は後に枯死した。現在は、庭園の東の桜が庭の上を覆いつつある。また、カクレミノという2本の木は、同じ木に二枚葉、三枚葉を付ける珍しい品種という。
◆文化財 書院、茶室「無字庵」は国の登録文化財に指定されている。


*旧宅、庭園の公開は予約制、写真撮影は一部に限定
 
*参考文献  『重森三玲-永遠のモダンを求めつづけたアヴァンギャルド』『重森三玲 モダン枯山水』『重森三玲 庭園の全貌』


  関連・周辺       周辺       関連東福寺      関連松尾大社       関連瑞峯院〔大徳寺〕       関連芬陀院(雪舟寺)〔東福寺〕      関連光明院〔東福寺〕      関連龍吟庵〔東福寺〕      関連正伝寺        関連貴船神社・「天津磐境の庭」          

「好刻庵」、襖絵の波濤模様

「好刻庵」、障子の腰板の州浜意匠も重森三玲による

大書院前庭

大書院前庭中央の三尊石、手前が礼拝石

「好刻庵」前庭、手前の蹲踞と飛び石、右が大書院

「好刻庵」水屋前の中庭、坪庭
 重森三玲庭園美術館 〒606-8312 京都市左京区吉田上大路町34  075-761-8776  11:00・14:00

より大きな地図で 重森三玲庭園美術館 を表示
 Home    Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp