酢屋・近江屋事件 (京都市中京区)
ruins of Suya
酢屋・近江屋事件 酢屋・近江屋事件 
50音索引  Home 50音索引  Home

河原町三条龍馬通の「酢屋」(すや)、二階左側の部屋が龍馬が寝泊りした部屋という。


「酢屋」の屋号の額


「酢屋」店頭にある「坂本龍馬寓居之址」の碑


「酢屋」で催される龍馬展、遭難の日(11月15日)から1週間、龍馬の遺品などが公開される。


【参照】土佐稲荷大明神、かつて土佐藩邸内に祀られていた。


【参照】「維新史跡池田屋騒動之址」の碑、三条通三条大橋西北側


【参照】「坂本龍馬・中岡慎太郎遭難之地」の石標


【参照】「中岡慎太郎寓居之地」の石標、土佐の陸援隊隊長、中岡慎太郎(1838 -1867)は、龍馬の同志でありここを拠点の一つにしていた。四条河原町上ル東側
 三条、四条界隈には、幕末期、土佐藩脱藩浪士・坂本龍馬(1836-1867)の足跡が残されている。町屋造の材木商「酢屋(すや)」には、「坂本龍馬寓居趾・海援隊屯所跡」の碑が立つ。 
◆歴史年表 江戸時代、1721年、「酢屋」は初代・酢屋嘉兵衛により創業された。
 1867年、10月9日、坂本龍馬、中島作太郎が「酢屋」に泊まる。
 10月13日、龍馬は「酢屋」から「近江屋」に移る。
 11月14日、龍馬は「近江屋」土蔵から母屋に移る。
 11月15日、龍馬、中岡慎太郎が「十津川郷士」に暗殺された。
 1868年12月7日、「天満屋事件」を前に海援隊・陸援隊士らは「酢屋」に集まった。
◆酢屋 三条大橋の西南、三条通一筋南の龍馬通にある材木商の「酢屋」は、江戸時代、1721年に初代・酢屋嘉兵衛により創業された。幕末期、6代・酢屋嘉兵衛の時、開削された高瀬川の木材独占輸送権を角倉家より得て、材木商の元締めになる。店の前(現在の京劇付近)には舟入が設けられ、高瀬舟が出入りしていた。
 当時、高瀬川界隈には長州藩、土佐藩など各藩の藩邸が建ち並んでいた。6代・嘉兵衛は龍馬の活動を援助し、龍馬は酢屋の二階表西側にも寝泊りした。龍馬は偽名の「才谷(さいたに)さん」と呼ばれ、部屋の品格子より向かいの高瀬川舟入方角に拳銃の試し撃ちをしていたという。
 酢屋は、海援隊屯所ともなっており、隊士の陸奥宗光、長岡謙吉など多くの志士が投宿していた。海援隊(1865-1868)は、龍馬らが結成した貿易結社であり、武器、軍艦などの兵器の斡旋をする日本初の株式会社といわれている。
 龍馬が暗殺された近江屋事件直前(1867年6月24日)にも、龍馬は酢屋に泊っている。暗殺後に、海援隊士や陸援隊士らが旅籠「天満屋」(油小路)を襲撃し、佐幕派の紀州藩士・三浦休太郎、新撰組と戦った「天満屋事件」(1868)でも酢屋に隊士らが集まった。
 酢屋は現在、一階が店舗、二階が「龍馬ギャラリー」になっており、龍馬遺品、海援隊文書、酢屋文書などが展示されている。
◆坂本龍馬 幕末の尊攘派志士・坂本龍馬(さかもと りょうま、1835-1867)。土佐藩郷士・坂本長兵衛の次男。1853年、江戸・千葉道場に剣術修行に出る。1849年、ペリー来航後、脱藩と帰藩を繰り返す。1854年、画家・河田小龍から西洋事情を学ぶ。1856年、再び千葉道場に遊学する。1861年、土佐勤王党に加盟。1862年、脱藩、勝海舟の弟子になる。1864年、再脱藩、神戸海軍操練所創設、1865年、薩摩藩の援助の下で長崎で株式会社の先駆になる亀山社中を設立した。1866年、薩長同盟に尽力する。寺田屋で襲われる。1867年、亀山社中を海援隊と改めた。大政奉還を原案とする「船中八策」を策定した。近江屋で中岡慎太郎とともに暗殺される。32歳。
◆中岡慎太郎 幕末の尊攘派志士・中岡慎太郎(なかおか しんたろう、1836-1867)。土佐藩郷士・庄屋中岡小伝次の子。1855年、武市瑞山の道場に入門し坂本龍馬を知る。1861年、土佐勤王党の血盟文に署名。1862年、五十人組結成に参加、江戸で山内豊信の警護に当たる。1863年、帰郷、尊攘派の弾圧により脱藩、長州で三条実美らの護衛に当たる。1864年、上洛、長州軍として禁門の変に参加するが敗れ、長州藩に逃れ忠勇隊隊長となる。以来、各所で薩長の和解に尽力する。1867年、脱藩の罪を許され、土佐藩より陸援隊隊長に任命される。同年、薩土盟約締結に立ち合う。中岡は三条実美と岩倉具視、西郷隆盛と高杉晋作を連携させた。龍馬とともに近江屋で襲われ負傷、その後亡くなる。30歳。
◆近江屋事件 坂本龍馬は、旅籠「池田屋」に投宿していた。桂小五郎、伊東甲子太郎らは、龍馬の命を狙う者があるとして、警護を強化するように忠告した。その後、龍馬は「酢屋」と、河原町の醤油商「近江屋」の井口新助邸を行き来していた。土佐藩邸に移ることも勧められていた。 
 1867年11月15日夜半、龍馬と北白川の陸援隊屯所から訪れていた中岡慎太郎は、「近江屋」二階で歓談する。2人は軍鶏鍋を食べることにして、峰吉を木屋町「鳥弥三(鳥新)」に使いに走らせた。その間、階段を上ってきた者があった。「十津川郷士」を名乗る刺客に2人は襲撃される。龍馬は護身用の拳銃を撃つこともなく絶命した。この時、龍馬は日本刀「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」を携えていた。その日は、奇しくも龍馬33歳の誕生日だった。負傷した中岡は2日後に亡くなる。下僕・藤吉も殺された。
 犯人については、京都見廻組の佐々木只三郎ら6人ともいわれている。
 近江屋には、海援隊、陸援隊、土佐藩士、薩摩藩士らが集った。11月17日の夜、3人の葬儀が行われ、遺骸は東山の霊明神社墓地に葬られた。
◆天満屋事件 「天満屋事件」(1868年1月1日)は、龍馬暗殺後に陸奥陽之助ら海援隊士、陸援隊士らが、旅籠「天満屋」(油小路)にいた紀州藩士で佐幕派論者の三浦休太郎、警護の新選組と戦い、双方に死傷者が出た事件をいう。紀州藩は、龍馬暗殺の黒幕と疑われた。
◆年間行事 遺品公開(11月15日から1週間)。


*酢屋二階は撮影禁止。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『幕末京都 新選組と龍馬たち』『新選組大事典』『新撰組辞典』『新選組大事典』『新選組と幕末の京都』『京都・観光文化 時代MAP』『京都歩きの愉しみ』『あなたの知らない京都府の歴史』

 
  関連・周辺土佐稲荷神社(岬神社)       関連・周辺近江屋跡・近江屋事件跡         関連・周辺池田屋跡・池田屋事件跡     関連・周辺高瀬川      関連伏見      関連寺田屋跡      関連京都霊山護国神社(京都神社)     関連武信稲荷神社           

【参照】高瀬川に架かる蛸薬師橋の東のたもとに立つ「土佐藩邸跡」の石標、江戸時代、1690年-1871年まで現在の元立誠小学校付近に土佐藩藩邸があった。高瀬川にも門があり、土佐橋が架かっていた。


【参照】坂本龍馬の妻・お龍の実家「楢崎家跡」の石標。柳馬場三条下ル東側
 お龍は青蓮院宮に仕え内・外科医の楢崎将作の長女として富小路六角付近に生まれる。その後しばらくしてここに移り住んだという。1862年父没後、家族は離散し、母・貞と妹・君江は河原屋五兵衛(五郎兵衛)の隠居所に住み、土佐藩浪士のための賄をした。ここに龍馬も住んでいたため二人は知りあう。龍馬は姉乙女への手紙に「まことにおもしろき女」と書き送った。 

【参照】「此の付近 坂本龍馬妻 お龍 独身時代寓居跡」の石標

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
 酢屋 〒604-8031 京都市中京区大黒町47,河原町三条下る一筋目(龍馬通)  075-211-7700
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光