大将軍神社 (京都市北区大森)
Taishogun-jinja Shrine
大将軍神社  大将軍神社
50音索引  Home 50音索引  Home



地区から川を隔てた山の中腹に、祠様のものがある。
 京都市の北西方向、北区大森地区の山の中腹に大将軍神社(たいしょうぐん じんじゃ)がある。水谷川を隔てて遥拝所が設けられている。
 この地は、若狭から真弓、京都に通じた緑坂峠の街道口という要衝地にあたる。 
◆歴史年表 当社の創建の詳細については不明。
◆大将軍社 平安時代、794年、平安京造営の際に第50代・桓武天皇は、大内裏鎮護のために、都の四方四隅に祭祀した大将軍神社を建立したという。
 大将軍は、古代中国よりもたらされた。日本の陰陽道では、金星(太白星)に関連する星神とされ、四方を司る神とされた。大将軍は3年ごとに移動するとされ、12年で一巡し四方を正すとされた。その間、その方角で事を行うと三年塞がりと呼ばれ、凶になると怖れられる祟り神であり、諸事が忌まれた。ただ、遊行日が定められており、その間は凶事が回避された。
 平安京には、都の四方に大将軍神社が置かれている。東は東三条大将軍社、西は大将軍八神社、南は藤森神社境内大将軍社、北は今宮神社境内大将軍社、あるいは西賀茂大将軍神社、江戸時代以前には大徳寺門前にもあり、今宮神社に遷されたともいう。異説もある。また、かつて祇園社境内にもあったともいう。
 以後、大将軍信仰は全国的に広まる。平安時代中期から鎌倉時代にかけて盛んになり、天皇から庶民にいたる信仰を集めた。
 

  関連・周辺     周辺大森賀茂神社    関連          
 大将軍神社 〒601-0145 京都市北区大森東町179  
50音索引  Home   50音索引  Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光