福王寺神社 (京都市右京区)
Fukuoji-jinja Shrine
福王寺神社  福王寺神社
   Home    Home











拝殿
 京都市内から高雄へ向う周山街道の福王子交差点近くに、福王子神社(ふくおうじ じんじゃ)はある。
 祭神は、第58代・光孝天皇の皇后・班子(はんし/なかこ)、福王子大明神を祀る。
 末社は夫荒神(ぶこうじん)を祀る夫荒社、松尾大明神を祀る。 
◆歴史年表 創建の詳細不明。
 平安時代より、この地には、深川神社という社があったという。古来より東紙屋川、西広沢、大沢池畔、嵯峨野 南三条の産土神として信仰されてきた。
 平安時代、886年、社殿の東方に、光孝天皇の勅願により仁和寺の建立が始まる。888年、その遺志を継いだ第59代・宇多天皇により寺院は完成した。班子女王は、光孝天皇の女御で宇多天皇の母になる。女王は自ら市井に出て買い物をするような人柄だったという(『大鏡』)。この地に、女王の陵墓(山城国葛野郡、頭陀寺の近く)があったともいう。このため、女王を祀る社が造営されたという。女王は仁和寺の鎮守神になる。班子が多くの皇子皇女を産んだことから、「福王神」「福王子宮」とも呼ばれたという。
 室町時代、1468年、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失している。
 江戸時代、1664年、寛永年間(1624-1644)とも、第3代将軍・徳川家光の寄進により、仁和寺法主・覚深親王は、仁和寺の大伽藍とともに現在の社殿を造営した。その後、仁和寺歴代親王の当社への崇敬篤く、社の紋は菊花紋が使われている。
◆班子女王 平安時代前期の女御・班子女王(はんし じょうおう、 833-900)。嵯峨野の旧仲野村の生まれともいう。父は第50代・桓武天皇皇子・仲野親王。時康親王(第58代・光孝天皇)の即位前に妃となる。定省親王(第59代・宇多天皇)、為子内親王ら4男4女を産む。884年、光孝天皇即位により従三位女御、887年、宇多天皇即位により皇太夫人、孫第60代・醍醐天皇即位により皇太后となる。897年、醍醐天皇に娘・為子内親王を入内させる。生前、藤原時平による妹・穏子の入内を拒み続けた。仁和寺で出家し、御室に過ごした。
 葛野郡頭陀寺(ずだじ)付近に葬られたという。
◆夫荒神・氷室 境内の末社・夫荒社は夫荒神(ぶこうじん)を祀る。
 平安時代、丹波国氷室より宮中へ氷を献上し、氷を運ぶ役夫が街道を疾走していたという。ある時、境内付近で、役夫が疲労のため(暑さのためとも)に息絶えたという。また、荷役を担った役夫2人が、ある時、途中で氷が融けたため、責を問われ打ち首になったともいう。
 後の912年に、任を果たせずに亡くなった役夫の霊を夫荒神に祀り、人の安全を祈願したという。
◆建築 「本殿」(重文)は、江戸時代、1664年、寛永年間(1624-1644)とも、第3代将軍・徳川家光の寄進により、仁和寺法主・覚深親王が仁和寺の大伽藍とともに造営した。軸部は朱塗、あおり破風、組物出三斗、向背連三斗、中備蟇股(彩色)、向拝繋海老虹梁、一間社春日造、銅板葺。
 「拝殿」(重文)も、1664年、寛永年間(1624-1644)の建立による。柱間四方吹き放し、入母屋造、平入、銅板葺。
 かつて本殿・拝殿の屋根は木賊葺(とくさぶき)という水に強いサワラ木により葺かれていた。
◆文化財 棟札・石燈籠2基(重文)など、いずれも徳川時代初期の作による。
鳥居 「鳥居」(重文)は江戸時代、1644年に建立された。
 明神鳥居であり、東照宮形、島木の反りは少なく、反り増しあり、貫木、島木の出はやや少ない。島木鼻の切り様は水切になる。
◆年間行事 秋の大祭(神輿巡行の神事は、神輿に祭神・班子女王を乗せ、仁和寺勅使門より参内する。奉幣を受ける儀式が続けられており、神仏習合期以来の慣例になる。)(10月第三日曜日)。
 

*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都府の歴史散歩 上』『おんなの史跡を歩く』『京都の寺社505を歩く 下』『鳥居』


  関連・周辺氷室神社       関連・周辺仁和寺     周辺平岡八幡宮       周辺了徳寺       周辺法蔵寺       周辺西寿寺       周辺妙光寺      関連仙洞御所・大宮御所        

拝所

本殿
末社・夫荒社、松尾大明神の拝所
末社・夫荒社、松尾大明神、本殿

祭礼

仁和寺境内、勅使門を通って神輿が入る。
 福王子神社 〒616-8208 京都市右京区宇多野福王子58-1  075-463-0937
  Home     Home  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光