愛宕念仏寺 (京都市右京区) 
Otagi-nembutsu-ji Temple
愛宕念仏寺 愛宕念仏寺 
 Home  Home

仁王門、江戸時代中期に建立、1945年の台風により損傷し、1981年に再建された。




仁王像は鎌倉時代中期の作、一時個人所蔵になり、その後戻された。






本堂



地蔵堂




ふれ愛観音堂、絵馬堂、ふれ愛観音は、視覚障がい者でも心の目と手で触れることのできる観音。
 愛宕山(924m、あたごやま)の南東、愛宕参道脇に愛宕念仏寺(おたぎ ねんぶつじ)はある。号は等覚山愛宕院という。旧地が愛宕郷にあり、愛宕寺、愛宕念仏寺と称された。 
 天台宗、本尊は本堂に十一面千手観世音菩薩(厄除け千手観音)、火伏地蔵を安置している。
 虚空蔵菩薩は福徳・財宝を授け、一三まいり、合格祈願の信仰がある。鬼子母神は子宝授かりの信仰がある。飛雲観音は航空安全の信仰がある。
 洛陽三十三所観音霊場の第16番札所。
◆歴史年表 奈良時代、第48代・稱徳(しょうとく)天皇(764-770)により開基された。かつて、旧愛宕(おたぎ)郡愛宕郷、東山区松原通大和大路東入(六道珍皇寺付近)にあった。愛宕寺(おたぎでら)と称され、真言宗の教王護国寺(東寺)に属した。珍皇寺の旧名・愛宕寺を継いだともいう。
 また、第60代・醍醐天皇の勅願により、空海(774-835)が創建したともいう。(寺伝)
 平安時代初期、鴨川近くにあり、鴨川の洪水で堂宇が流失した。また、兵火により堂宇が焼失する。
 延喜年間(901-923)、911年とも、比叡山の僧・阿闍梨・千観内供(せんかん ないぐ)により中興され、等覚山愛宕院と号する天台宗延暦寺の末寺になる。また、千観は生涯仏名を唱え、念仏上人とも呼ばる。寺名もそれに因み愛宕念仏寺と称される。千観を開基としたともいう。(『日本往生記』)。当時は、七堂伽藍を有する大寺院だった。
 江戸時代、本尊・千手観音は六波羅観音とも呼ばれていた。
 1711年、「愛宕寺(おたぎでら)」と記されている。(『山城名勝志』)
 近代、1922年、松原警察署設置に伴う区画整理により、堂宇の保存と愛宕山の信仰により、3年の歳月をかけ旧地(東山区)より現在地に移転している。
 現代、1950年、台風により土砂崩れ被災する。一時は廃寺になる。
 1955年、住職に就いた仏像彫刻家・西村公朝により再興された。講堂には、公朝の天井画、壁画、十大弟子像公朝が残されている。
 1981年以後、千二百羅漢が10年の歳月をかけて完成する。
◆千観内供 平安時代中期の天台宗僧・千観内供(せんかん ないぐ、918-984)。橘公頼の子・相模守敏貞を父とする。内供とは、皇居に参内をゆるされた僧位をいう。民衆からは念仏上人と尊称された。12歳頃に比叡山に上がり、運昭につく。園城寺に入り出家、受戒。行誉(運昭とも)に師事して天台教学を学んだ。禁裏の内供奉十禅師を務めるが、空也の影響を受け浄土教に改め宮中を去る。阿弥陀和讃を作る。962年、摂津国箕面山に隠遁する。963年、勅命により祈雨を祈願したという。応和宗論の論者として選ばれたが辞退し、摂津国金龍寺(安満寺)を再興し住した。970年、行誉から三部大法を伝授されている。
◆西村公朝 現代の仏師・僧の西村公朝(にしむら こうちょう、1915-2003)。大阪府に生まれた。1935年、東京美術学校入学。美術院国宝修理所に入所、三十三間堂で十一面千手観音千体像の修理に参加した。1942年、中国に出征し各地を転戦した。1945年、復員、三十三間堂での修理を行い、以後多くの造仏、修復を手掛ける。1951年、得度、天台宗の僧侶となる。美術院国宝修理所所長、東京芸大教授などを歴任した。
◆仏像・地蔵 本堂に、鎌倉時代の「十一面千手観世音菩薩(厄除け千手観音)」を安置する。
 地蔵堂には、「火之要慎(ひのようじん)」のお札で知られる、平安時代初期の「火除(火伏)地蔵菩薩坐像」が安置されている。火伏の神として信仰されている愛宕山の本地仏が、地蔵菩薩であることに由来するという。右手は膝上に置き、左手に宝珠を載せる。蓮華座に結跏趺坐する。
 地蔵尊の右に平安時代、弘仁年間(810-824)の「吉祥天像」、左右の脇檀に「二十八部衆像」などが安置されている。
 また、左に厨子内に納められていた、鎌倉時代作の「木造千観内供坐像」(重文)は、彩色寄木造の千観の肖像彫刻で、口を開け念仏を唱える姿に造られている。現在は、京都国立博物館に寄託。
 仁王門に、鎌倉時代初期の「仁王像」(京都市指定文化財)が祀られている。京都市内では最も古い。
◆建築 「本堂」(重文)は、鎌倉時代中期、1318年に建立された。京都市内では数少ない鎌倉時代の建築になる。かつては、二条通柳馬場西入ルにあり、室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)後、旧地に移された。その後、1922年に現在地に移されている。内部の天井は二重折上小組格天井で、珍しい鎌倉様式の曲線を使う。面取方柱肘木。須弥檀は格狭間に意匠を施す。方五間、単層入母屋造、瓦葺。
 「仁王門」は、江戸時代中期に建立されている。1950年の台風で損壊し、1981年に解体修理された。
◆羅漢 境内には西村公朝の指導の下、参拝者の手によって彫られた石造の羅漢が数多く置かれている。寺の再興のために1981年より発願され、10年後に1200体になった。いまは、「千二百羅漢」として知られている。
◆犬神人 「愛宕念仏寺元地」の碑が旧地の東山区東弓矢町に立つ。当初慶俊は、六道の辻に愛宕寺を建立し、後に、珍皇寺と念仏寺に分かれたという。戦国時代から近世にかけて、祇園社の犬神人(いぬじにん、いぬじんにん、つるめそう)といわれる職業集団が集住していた。彼らは日常的に、弓矢の製作を生業とし、祇園祭の際には警護、清掃などを行った。愛宕寺の住職は、この犬神人の中から選ばれていたという。
◆天狗の宴 火除地蔵は火伏地蔵とも呼ばれ、かつて1月2日夜には、寺の客殿で犬神人による天狗の宴(さかもり)(転供の酒盛り)といわわれる宴が催されていた。悪鬼を祓うため片木を持った舞、牛王杖を持って床や壁などを叩き、法螺、太鼓を打ち鳴らし、寺僧により牛王札を貼って回った。また、参詣者にも火除けの牛王札が配られていた。(「都名所図会」)
◆年間行事 羅漢花祭り(4月第1日曜日)、紅葉祭り・天狗の宴(11月第2日曜日)。
 毎月24日に法要と住職の法話がある。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の地名検証 3』『京都の寺社505を歩く 下』『新版 京のお地蔵さん』『京都のご利益手帖』


  関連・周辺      周辺鳥居本      関連六道珍皇寺      関連弓矢町の祇園祭       

三宝の鐘

千二百羅漢


天川明神、弁財天

【参照】「愛宕念仏寺元地」の碑、旧地の東山区東弓矢町に立っている。慶俊は六道の辻に愛宕寺を建立し、後に、珍皇寺と念仏寺に分かれたという。
 愛宕念仏寺 〒616-8439 京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5  075-865-1231
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光