浄蓮華院 (深草毘沙門天) (京都市伏見区) 
Jorenge-in Temple

50音索引  Home 50音索引  Home







本堂
 深草の浄蓮華院(じょうれんげいん)は、「深草毘沙門天」とも呼ばれる。 
 天台宗。本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 江戸時代、1821年、有栖川韻仁(ありすがわ つなひと)親王の命により、比叡山延暦寺の僧・堯覚(ぎょうかく)は、第50代・桓武天皇菩提のために建立した。院号は妙法院宮教仁親王の院家号に因む。
 1860年、堯雄は、桓武天皇陵とされていた境内後方の谷口古墳の傍らに御影堂を建て、天皇の菩提を弔う。国学者・飯田忠彦は出家し、浄蓮華院で一時、隠遁生活に入る。
 現代、戦後、現在の本堂が再建された。
◆堯覚 江戸時代の天台宗の僧・堯覚(ぎょうかく、生没年不詳)。詳細不明。比叡山延暦寺のの僧。1821年、深草に浄蓮華院を創建する。
◆教仁法親王 江戸時代後期の妙法院門跡・教仁法親王(?-1851)。妙法院宮教仁法親王。閑院宮孝仁親王の第2王子。母は鷹司吉子。後に第119代・光格天皇の養子、無住だった妙法院に入室、得度後教仁と号した。潅頂を受け、二度天台座主に就く。32歳。
◆堯雄 江戸時代の天台宗の僧・堯雄(生没年不詳)。詳細不明。堯覚の弟子。1860年、浄蓮華院に御影堂を建てる。
◆飯田忠彦
 江戸時代後期の国学者・飯田忠彦(いいだ ただひこ、1799-1860)。父は徳山藩士・生田十郎兼門の次男。13歳で藩校に入り、翌年徳山藩士・松尾恒貞の養子となり江戸に遊学、兵学などを修める。藩主・毛利広鎮に近侍したが、1818年、出奔し京都に上る。後に河内国八尾の郷士・飯田謙介忠直の婿養子となる。1823年、妻と離縁し同家を出奔、江戸に遊学。1834年、有栖川宮韶仁親王に取り立てられる。江戸・寛永寺に移る。1848年、韶仁親王の世子・幟仁親王の家来として宮家に復帰した。1851年、『大日本野史』全291巻が完成。1858年、日米修好通商条約の勅許を江戸幕府が要請した際に、幟仁親王の長男・大宰帥熾仁親王の意見書に関わったとされ、1859年、安政の大獄に連座し忠彦らは京都町奉行拘禁、その後江戸に送られる。1860年、刑期満了、隠居、出家し、深草の浄蓮華院で隠遁する。同年桜田門外の変への関与を疑われ、冤罪により伏見奉行に捕らえられる。奉行所内で自害した。
 1869年、京都霊山護国神社に合祀、1888年靖国神社に合祀。
◆仏像 本堂に木造深草毘沙門天が安置されている。鎌倉時代の作、近代、明治期(1867-1912)に比叡山延暦寺より遷されたという。
◆文化財 第50代・桓武天皇の肖像画がある。比叡山延暦寺より遷されたという。
 飯田忠彦の『大日本野史』に関する関係資料がある。
◆建築 旧本堂は、京都御所より移築されたという。総檜造、桧皮葺、7間四方。台風により損傷し、終戦後に現在の仏舎利様の洋風建築により再建された。
◆谷口古墳 谷口古墳(谷口遺跡)は、境内の南東、深草谷口町(稲荷山と大岩山の間の谷南斜面)にあり、縄文時代晩期の遺跡になる。土器片が発見されている。
 古墳はかつて、平安時代の桓武天皇陵とも伝えられていた。 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都大事典』、伏見区役所のサイト


 関連・周辺      周辺      関連延暦寺・東塔(大津市)      関連妙法院              

地蔵尊

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
浄蓮華院  〒612-0822 京都市伏見区深草鞍ケ谷町1  075-641-3221   
 Home    Home  
© 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp