慈眼堂 (京都市右京区)
Jigen-do Temple
慈眼堂 慈眼堂 
50音索引   Home 50音索引   Home





 小堂である慈眼堂(じげんどう)は、中院観音(ちゅういん かんのん)とも呼ばれている。堂は、旧愛宕道に面し、一帯は中院(ちゅういん)と呼ばれている。かつて上嵯峨村に属した。 
 本尊は千手観音立像(中院観音)を安置する。
◆歴史年表 鎌倉時代前期、12世紀(1101-1200)末、藤原定家(1162-1241)は中院に山荘を構え、嵯峨のこの地を度々訪れたという。慈眼堂は定家の開基によるともいう。
 江戸時代、1822年、この地の豪農・浜松屋善助(浜善)が没落し、屋敷内に祀られていた定家の念持仏・千手観音像は、現在地に安置された。以後、町民により祀られている。
 現代、1985年、本尊が京都市指定有形文化財に指定された。
◆藤原定家 鎌倉時代前期の公卿・歌人・藤原定家(ふじわら の ていか/さだいえ、1162-1241)。歌人・藤原俊成の次男。母は藤原親忠の娘。1178年頃より歌人となる。1180年、内昇殿が認められる。1183年、父が後白河上皇の命により編纂した『千載和歌集』を手伝う。1185年、殿上での闘乱事件により除籍された。1186年、摂政・九条兼実に仕えた。良経、慈円の知遇を受けた。後鳥羽上皇(第82代)に見出される。1201年より和歌所の寄人に選ばれ、『新古今和歌集』の編纂に加わる。1202年、中将、1211年、公卿、1220年、内裏二首御会での作が後鳥羽院の逆鱗に触れ閉門を命じられた。1232年、権中納言に昇る。第86代・後堀河天皇の勅により『新勅撰和歌集』を編じた。19歳よりの漢文日記『明月記』(1180-1235)を著す。邸宅は京内に数か所あり、嵯峨に山荘を営み百人一首を編んだ。
 後世、歌道の師とされる。墨蹟は「定家風」と呼ばれた。墓は相国寺・普広院にある。
◆藤原為家 鎌倉時代中期の公家・歌人・藤原為家(ふじわら の ためいえ、1198-1275)。父は藤原定家。 1205年、元服、伯父・西園寺公経の猶子。後鳥羽上皇(第82代)、第84代・順徳天皇に仕し、歌道よりも蹴鞠に熱中した。1221年、承久の乱に際し、順徳天皇の佐渡遷幸-配流の供奉者として召されたが応じなかったという。1226年、参議・公卿に列した。1236年、権中納言、1241年、権大納言。後嵯峨院 (第88代)歌壇歌人とし活躍し、1251年、『続後撰和歌集』を単独で撰出。1256年、出家。1265年、藤原基家らと『続古今和歌集』を撰進。晩年、後妻・阿仏尼との間の子・冷泉為相を溺愛し、遺領相続の件で二条、京極、冷泉の3家分立の原因になった。
◆仏像 鎌倉時代初期(12世紀末-13世紀初頭)作の本尊「千手観音立像」(京都市指定有形文化財)」が安置されている。「中院観音」とも呼ばれ、藤原定家の念持仏という。定家没後、子・為家に伝えられ、後に中院の人々に与えられたものという。かつて、この地の豪農・浜松屋善助(浜善)の屋敷内の堂に安置されていたという。1822年、浜善が没落し、千手観音像は現在地に安置された。以後、町民により祀られている。
 木造、寄木造、漆箔、彫眼。像高 58.1cm。
◆年間行事 日待(ひまち)の行事(中院の人々が行う。定家、為家の法要も営む)(1月14日夜-15日の日出)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 掲示板、『昭和京都名所図会 4 洛西』



   関連・周辺中院山荘跡(小倉百人一首ゆかりの地)       関連・周辺二尊院       関連・周辺常寂光寺       関連・周辺旧二条墓・小倉山荘跡      藤原定家京極邸跡               
 慈眼堂 〒616-8428 京都市右京区嵯峨二尊院門前北中院町13-1 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光