厭離庵 (京都市右京区)
Enri-an Temple
厭離庵 厭離庵 
  Home   Home









本堂


本堂、扁額


本堂


時雨亭


時雨亭


時雨亭


時雨亭

 嵯峨野小倉山麓の厭離庵(えんりあん/おんりあん)は、鎌倉時代の歌人・藤原定家の山荘「小倉山山荘」が営まれた地であるという。山号は如意山という。
 臨済宗天龍寺派、本尊は如意輪観世音像。 
 御朱印(予約時、特別公開時)が授けられる。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 鎌倉時代、1234年頃、この地には、宇都宮頼綱(蓮生)の中院山荘が営まれたともいう。たという。その後、女婿・藤原為家(1198-1275)に贈与したという。
 公家・歌人・藤原定家(ふじわら の さだいえ、1162-1241)の小倉山荘があったともいう。定家は、この地で『小倉百人一首』を撰したともいう。
 その後、荒廃する。
 室町時代、1426年、現在の厭離庵付近に天台系真言宗の白雲寺の中院が描かれている。 (『山城国嵯峨諸寺応永釣命絵図』)
 江戸時代、中期、安永年間(1772-1781)、冷泉家が修復した。第112代・霊元法皇により厭離庵の号を贈られる。開山は霊源慧桃禅師による。当初は、真言宗大覚寺派に属した。
 1772年より、臨済宗天龍寺派となる。
 その後、庵は再び荒廃した。
 近代、明治期(1867-1912)、山岡鉄舟の娘・素心尼が住職となり再興される。以後、尼寺になる。
 1910年、実業家・大村彦太郎により、仏堂と庫裡が建立された。
 現代、1950年、ジェーン台風により本堂が倒壊する。
 2006年より、男僧が入山している。
◆藤原定家 鎌倉時代前期の公卿・歌人・藤原定家(ふじわら の ていか/さだいえ、1162-1241)。歌人・藤原俊成の次男。母は藤原親忠の娘。1178年頃より歌人となる。1180年、内昇殿が認められる。1183年、父が後白河上皇の命により編纂した『千載和歌集』を手伝う。1185年、殿上での闘乱事件により除籍された。1186年、摂政・九条兼実に仕えた。良経、慈円の知遇を受けた。後鳥羽上皇(第82代)に見出される。1201年より、和歌所の寄人に選ばれ、『新古今和歌集』の編纂に加わる。1202年、中将、1211年、公卿、1220年、内裏二首御会での作が後鳥羽院の逆鱗に触れ閉門を命じられた。1232年、権中納言に昇る。第86代・後堀河天皇の勅により『新勅撰和歌集』を編じた。19歳よりの漢文日記『明月記』(1180-1235)を著す。邸宅は京内に数か所あった。後世、歌道の師とされる。墨蹟は「定家風」と呼ばれた。墓は相国寺・普広院にある。
 定家はこの地で、御家人・歌人の宇都宮頼綱(蓮生、1172-1259)(為家の岳父)の依頼により、襖を飾るための和歌を色紙に書いたといわれ、それが、『小倉百人一首』のもとになったという。
◆藤原為家
 鎌倉時代中期の公家・歌人の藤原為家(ふじわら の ためいえ、1198-1275)。通称は中院禅門、民部卿入道。藤原定家の子。母は西園寺実宗の娘。1205年、元服し伯父・西園寺公経の猶子となる。1221年、後鳥羽上皇による討幕の承久の乱で、第84代・順徳天皇の佐渡配流の供奉者に応じなかったという。乱後、1226年、参議として公卿に列し、1236年、権中納言、1241年、権大納言に昇る。1256年、出家した。後嵯峨院歌壇の歌人として活躍し、『続後撰和歌集』(1251)を撰出、『続古今和歌集』(1256)を共撰した。鞠道にも秀でた。晩年、後妻・阿仏尼との子・冷泉為相を溺愛し、二条、京極、冷泉家が分立する原因になる。
 「小倉山松を昔の友と見て幾年老の世を送るらん」 (『玉葉集』16、雑3)。墓は厭離庵にある。
◆冷泉家 鎌倉時代以来の和歌の家の一つに数えられた。御子左(みこひだり)家から分かれた三家の一つになる。藤原為家の孫・為相(ためすけ、1263-1328)を祖とする。当初は京極家の勢力内にあり、後に鎌倉を中心に活動した。為相の子・為秀(?-1372)より、京都の歌壇に影響した。
 二条、京極、冷泉の三家に分かれた。さらに室町時代中期、上冷泉家と下冷泉家に分かれる。上冷泉家の屋敷は現存している。
◆霊源慧桃  江戸時代中期の臨済宗の僧・霊源慧桃(れいげん えとう、1721-1785)。丹後に生まれた。丹後・全性寺で出家、白隠慧鶴の印可をうける。全性寺を中興、鎌倉・円覚寺、京都・臨川寺、鹿王院などに住した。白隠風の仏画を遺す。
◆素心尼 近代の尼僧・素心尼(生没年不詳)。詳細不明。武士、政治家、思想家の山岡鉄舟(鐵舟)(1836-1888)の娘。
◆大村彦太郎 近代の実業家・10代・大村彦太郎(1869-1927)。近江の小間物・呉服問屋白木屋の9代店主・大村彦太郎の長男。1887年、イギリスに留学、1895年、帰国し家業を継ぐ。大阪、京都に支店をひらく。1918年、貴族院議員。東京銀行、日本織物の役員。茶道に造詣があった。
◆仏像・木像 本堂内に本尊の「如意輪観世音像」を安置している。上宮太子(聖徳太子)作とされる。定家の念持仏ともいう。右手は肘を曲げ頬に当て、左手は肘を曲げて天を指し示す。右に軽く小首を傾げ、幼く穏やかな表情を見せる。顔から胴にかけては平安時代後期の作という。 
 霊源禅師、西行法師、藤原家隆、紀貫之の木像がある。
 藤原定家、子・為家、孫・令泉為相の位牌を安置している。
◆建築 本堂は、1950年にジェーン台風で倒壊した。現在の本堂は、1953年に岡田永斉により建立されている。天井に、現代の仏師・西村公朝(1915-2003)筆による「飛天」の文字がある。
 書院がある。
◆時雨亭 定家の「時雨亭」に因み、1923年に復元された茶席「時雨亭」がある。数寄屋大工・岡田永斉による。
 四畳桝床の変形であり、桝席に框を入れ、小半間広い。床前、窓側に出書院がある。天井は化粧屋根裏、手前座の上は小丸竹を並べて編む。平屋建て、四帖向切の席、広縁(二畳大の吹き放し、東側に腰壁、正面に手摺、化粧屋根裏)、三帖の水屋付。茅葺。待合がある。
定家の山荘 境内付近に藤原定家の別荘があり、「三月より嵯峨を以て本所とす」(『明月記』、1207年)と記したとされる。この地で、『小倉百人一首』を撰じたという。定家は「むすびおきし秋の嵯峨野のいほりより床は草葉の露にぬれつつ」(『拾遺愚草』)、「露霜の小倉の山に家居して干さでも袖の朽ちぬべきかな」(『続古今』)、「忍ばれんものともなしに小倉山軒端の松ぞ馴れて久しき」(『風雅集』)などと詠んだ。
 定家の山荘「小倉山山荘」「時雨亭」については、ほかに常寂光寺の仁王門北、ニ尊院の山中、二条墓付近、二尊院と愛宕路の三叉路の北付近、両寺の間の低地であったともいう。当庵には定家の子・為家(1198-1275)の墓跡とされる一株の柳が伝えられる。『明月記』中の宇都宮頼綱の山荘「嵯峨中院」の跡とされた。近年、定家への献詠法要会「小倉山会」が発足した。
 冷泉家では、「時雨亭」の地を当庵の地としている。
◆庭園 書院南庭は、生垣、その背後の竹林で閉じられている。苔地に直線に向かい途中で途切れた飛石がある。織部燈籠、蹲踞があり、数本の真紅の楓の枝が、庭面全体を覆うように植えられている。
 紅葉、落ち紅葉で知られている。左手の中門より廻遊路が付けられている。
 時雨亭の露地庭は、苔地に飛石が配されている。
◆文化財 定家の御影が伝わる。
柳の水 現在も湧水している「柳の水(柳の井、硯の水)」は、定家が和歌を書く際に使い、為家も愛した井水とされている。
◆墓 定家の墓は、嵯峨小倉山一帯とみなし、当庵裏にある遥拝石から山の方角を拝する。また、定家塚という五輪塔がある。遥拝石の隣に為家の墓がある。
◆年間行事 特別公開(11月1日-12月7日)。


*公開は事前予約制。秋に特別公開があります。
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都の地名検証 3』『洛西探訪』『京都大事典』『洛西歴史探訪』『平安京散策』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都の寺社505を歩く 下』『名庭 5 京都尼寺の庭』『京の尼寺 こころの旅』『古都の尼寺』『京都秘蔵の庭』『平成29年度 春期 京都非公開文化財特別公開 拝観の手引』『昭和京都名所図会 4 洛西』『京都の隠れた御朱印ブック』


   関連・周辺中院山荘跡(小倉百人一首ゆかりの地)      関連・周辺二尊院      関連・周辺常寂光寺     関連・周辺慈眼堂      関連・周辺旧二条墓・小倉山荘跡      周辺      関連冷泉家      関連藤原定家京極邸跡            




定家卿御塚

定家卿御塚

柳の井(柳の水)
 厭離庵  〒616-8427 京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2  075-861-2508
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光