志古淵神社 (京都市左京区百井) 
Shikobuchi-jinja Shrine
志古淵神社  志古淵神社  
  Home   Home

杉の白木による鳥居

 京都市内北西、山間部の左京区百井地区に志古淵神社(思子淵神社)が祀られている。
 祭神はおそらく志古淵明神。 
◆歴史年表 創建、変遷は不明。
◆末社 日吉社に日吉大神(ひよしおおかみ)、ほかに三社。
◆祭神 祭神の志古淵明神は、「思子淵(渕)」「志古渕」「信興淵」「志子渕(淵)」などとも記された。久多地区にも志古淵明神を祀る志古淵神社がある。
 志古淵明神は、琵琶湖へ流入する安曇川流域一帯に限定された民俗神であり、地主神、水神であったという。平安時代以前以来の信仰と見られている。筏流しとも関わり、筏師の間で志古淵明神は、悪魔を封じる呪力があるとされ、筏流しの安全を祈願した。
 「ガワタロウ(河童)」伝説とも関係する。伝承がある。志古淵明神は子神とともに筏を組み安曇川を下った。中野で河童に子神を取られる。このため、明神は河童を懲らしめ子神を救い出したという。
 筏師は「しこぶち講」を組織し、旧暦10月7日には報恩講を営んだという。 


*参考文献 『京都市の地名』


  関連・周辺     周辺     関連志古淵神社(左京区久多)             


本殿

末社

四方を山に囲まれている百井地区
 志古淵神社 〒601-1233 京都市左京区大原百井町 

より大きな地図で 志古淵神社 を表示
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光