浄蓮華院 (京都市左京区大原) 
Jorenge-in Temple

50音索引   Home 50音索引   Home





 呂川に沿って坂道を登る。川に架かる紅葉橋を渡ると来迎院塔頭・浄蓮華院(じょうれんげいん)の山門がある。山号は魚山(ぎょざん)という。
 天台宗、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 平安時代後期、1109年、良忍が来迎院とともに建立したという。融通念仏の本堂で、良忍の住坊として使われた。後、境内子院の浄蓮華院、蓮成院、善逝院、遮那院の総称として来迎院と称された。
 近代、焼失する。
 現代、1969年、現在の建物が再建された。
 1979年、平和の鐘が鋳造される。
◆良忍 平安時代の融通念仏宗開祖・良忍(りょうにん、1073-1132)。聖応大師。尾張国に生まれた。1083年、比叡山に入る。比叡山の東塔檀那院実報房辺に住した。堂僧となり、良賀に師事、出家。禅仁・観勢から円頓戒脈を相承する。山門派(延暦寺)と寺門派(三井寺・園城寺)との対立を嫌い、山を下りる。1094年、大原に隠棲し、大原・勝林院の永縁らに従い、声明梵唄を学ぶ。その後、常行三昧堂から念仏と読経(声明)を切り離して独立させ、天台声明を統一し大原声明を完成させた。1117年、融通念仏を創始した。1127年、鳥羽上皇(第74代)の勅願により、河内平野に修楽寺の別院(大念仏寺前身、日本初の念仏道場)を開いた。最期は来迎院で没したという。天台大原魚山声明中興の祖。
 融通念仏は阿弥陀仏の夢告により、「一人の念仏が万人の念仏に通じる」とした。念仏唱える者は自分だけではなく万人のためにも唱え、万人が一人のためにに唱えることで念仏の功徳が高まると説いた。
仏像 本尊・阿弥陀如来。不動明王、観世音菩薩、地蔵菩薩が安置されている。
◆宿坊 宿坊であり、精進料理が供される。お勤め、法話、座禅、写経もできる。
◆平和の鐘 鐘楼に吊るされている梵鐘は、「平和の鐘」と呼ばれている。かつてあった梵鐘は、戦時中の1942年に金属供出により失われた。
 1979年、住持・多紀頴信(たき えいにん)の時、新たな梵鐘が鋳造された。作者は人間国宝・香取正彦(1899-1988)であり、1967年に広島平和公園内の「広島平和の鐘」を手掛けている。住職は戦争体験があり、鐘には平和への願いと祈りも込められている。鐘身は細長い。除夜の鐘で、市民も撞くことができる。
◆年間行事 除夜の鐘(22時30分から整理券配布、23時45分より撞く。先着で干支の絵馬授与、甘酒・菓子接待。)(12月31日)。


*一般には非公開、宿坊として開かれている。
*参考文献 『京都市の地名』


  関連・周辺来迎院(大原)     周辺      関連        

紅葉橋

呂川
浄蓮華院 〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町407  075-744-2408  
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp