一言寺 (金剛王院) 〔醍醐寺〕 (京都市伏見区) 
Ichigon-ji Temple
一言寺  一言寺
  Home   Home







頼政道



 一言寺(いちごんじ)は、急な石段の上、丘陵台地にある。一言寺観音とも呼ばれる。正式には金剛王院(こんごうおういん)という。山号は醍醐山という。
 この地は、浄土思想の発祥地のひとつといわれている。 
 醍醐寺の塔頭、別格本山になる。国史跡醍醐寺境内に飛び地指定されている。
 真言宗醍醐派の別格本山、本尊は千手観音菩薩(一言観音)を安置する。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代後期-鎌倉時代初期、この地に一言寺が建立される。開基は阿波内侍(あわ の ないし)により、清水寺観音の霊告に従ったという。その後、廃される。
 平安時代後期、聖賢(しょうけん、1083-1147)により、金剛王院は創建される。一言寺の跡地に建てられた。醍醐寺の境外塔頭として、醍醐三流(ほかに三宝院流、理性院流)、醍醐五門跡のひとつといわれた。
 1175年、源運により西光院(さいこういん)を改め、金剛王院が再建された。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失した。(『賢深記』)
 近代、1887年、金剛王院は醍醐寺の別格本山になる。
 1895年、一言寺は廃される。その跡地に、醍醐山内より金剛王院の寺籍が移された。
◆阿波内侍 平安時代末期-鎌倉時代初期の阿波内侍(あわ の ないし、生没年不詳)。父は、貴族・学者・僧侶で「黒衣の宰相」といわれた信西(藤原通憲)、母は紀二位朝子の娘、信西の子・藤原貞憲の娘、信西の孫・真阿弥陀仏ともいう。第80代・高倉天皇の中宮・建礼門院徳子の女房になる。1185年、平家滅亡後、剃髪し、大原寂光院に過した建礼門院に仕える。尼になりその最期を看取った。
◆聖賢 平安時代後期の真言宗の僧・聖賢(しょうけん、1083-1147)。1108年、醍醐寺・三宝院の勝覚に灌頂を受け、金剛王院を創建した。小野六流のひとつ金剛王院流を創始した。
◆本尊 本堂に、33年毎に開帳される秘仏で本尊の「千手観音」、江戸時代作の「阿波内侍像」を安置する。千手観音は阿波内侍の念持仏だった。
 伝承がある。ある夜、清水寺の千手観音が枕元に立ち、この地に小堂を建てたという。ご詠歌に「ただ頼め仏に嘘はなきもぞ二言言わぬ一言寺かな」とあり、二願以上の願い事は成就しない。一言一念に願えると、必ず成就するとされた。以来、「いちごんじ」「一言(ひとこと)観音」と呼ばれた。大坂商人の信仰を集めた。
◆建築 本堂は、江戸時代、1810年の建立による。内陣の中に、さらに土蔵造りの奥内陣がある。
◆醍醐五門跡 「醍醐五門跡」とは、室町時代初めまで、醍醐寺座主を住僧の中より交代で出していた醍醐寺の5つの子院をいう。三宝院(灌頂院)、金剛王院、理性院(りしょういん)、無量光院、報恩院があった。
 一言寺が金剛王院の寺名を継いだ。
◆頼政道 境内参道の石段途中を横切る小道は、「頼政道」とも呼ばれているという。
 平安時代、1180年、源頼政の勧めにより、以仁王(もちひとおう)は、最勝親王と自称し、平氏追討の令旨(りょうじ)を各地の源氏に発した。だが、計画が事前に発覚する。
 王は頼政らと挙兵し、園城寺で頼政と合流した。その後、奈良に向かい、逢坂、山科、醍醐、日野、木幡(平尾山)、五ヶ庄の間道を経て宇治に着く。この行程が「頼政道」と呼ばれている。
 頼政は平等院で戦死、王も平氏に追われ山城綺田(かばた)で討死した。
樹木 山門前にヤマモモ(京都市登録天然記念物)の巨木が植えられている。ヤマモモは、かつて「一言寺の梅(うめ)」とも呼ばれた。江戸時代中期の寺日記にも記され、醍醐寺に持って行き、食していたという。樹高9.2m、胸高周囲3.3m、胸高直径1m、円形樹冠は直径10m。
 本堂脇にコウヤマキ、サカキ、シキミがある。サクラ、紅葉も見られる。
◆年間行事 夏季大祭(金剛王院観音供、柴灯大護摩火渡り)(8月17日)、終観音(中風除けの粥が振舞まわれる。)(12月18日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都大事典』『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 中』『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都の寺社505を歩く 下』『京都市の指定文化財 第5集』『京都の地名検証 2』『京都 神社と寺院の森』


  関連・周辺醍醐寺      関連・周辺理性院〔醍醐寺〕      周辺     関連寂光院      関連平等院(宇治市)       

山門

本堂

本堂、扁額「観世音」

本堂

本堂、絵馬

本堂、奥内陣

本堂、懸仏

賓頭盧尊者

鐘楼

句碑

ヤマモモ(京都市登録天然記念物)

竹林
一言寺(金剛王院) 〒601-1335 京都市伏見区醍醐一言寺裏町21  075-571-0011 
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光