即成院 〔泉涌寺〕 (京都市東山区)
Sokujo-in Temple
 即成院  即成院 
  Home   Home

山門


山門、鳳凰




手洗所



霊弓殿







 泉涌寺の塔頭・即成院(そくじょういん)は、泉涌寺の西、総門前北側にある。 
 即成院とは、かつての寺名「即成就院(そくじょうじゅいん)」の略であり、所願成就に因む。本尊は、ぽっくり信仰を集め「ぽっくり寺」とも称されている。平安時代の伝説的な武将・那須与一(市)ゆかりの寺として知られ、「那須の与一さん」ともいわれる。山号は光明山(こうみょうざん)という。
 真言宗泉涌寺派総本山、本尊は阿弥陀如来。
 泉山(せんざん)七福神、1番、福禄寿。長寿、幸福の信仰がある。京の通称寺霊場30番、那須の与一さん。
 ぽっくり信仰、寝ついた者は下の世話にならない。極楽往生、所願成就、病気平癒、合格祈願などの信仰がある。御朱印(阿弥陀如来、福禄寿)が授けられる。
歴史年表 創建の詳細は不明。
 平安時代、991年、992年とも、天台宗の恵心(源信)が開創した光明院に始まるともいう。
 1087年、寛治年間(1087-1094)とも、官吏・歌人で伏見長者と称された橘俊綱が営んだ桃山の山荘(伏見区)に、持仏堂として光明院を移したという。当初は、伏見寺(ふしみでら)、即成就院とも称した。
 鎌倉時代、1195年、宣陽門院、高階栄子母子により、後白河院(第77代)の追悼のために再興されたという。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)以後に荒廃した。
 安土・桃山時代、1594年、豊臣秀吉の伏見城築造(1592)にともない、大亀谷東寺町(伏見区、現・天理教分教会)に移された。本尊は恵心僧都作の阿弥陀仏坐像であり、脇には二十五菩薩が安置されていたという。後の戦禍により焼失し、11体が残されたという。
 近代、1872年、神仏分離令後の廃仏毀釈により無住(廃寺)になる。
 1875年、移されて泉涌寺塔頭になった。
 1887年、当初は泉涌寺大門付近に仮堂が復興されたともいう。
 1899年、泉涌寺塔頭で本寺の法安寺(ほうあんじ)と合併した。
 1902年、現在地に再興された。
 1941年、即成院と改称している。
◆恵心 平安時代中期の天台宗の僧・恵心僧都(942-1017)。源信、恵心流の祖。大和に生まれた。950年、9歳で比叡山・良源(元三大師)に師事、止観業、遮那業を学び得度した。15歳で『称讃浄土経』を講じ、第62代・村上天皇により法華八講の講師の一人に選ばれる。だが、栄達を避け横川の恵心院に隠棲する。『往生要集』(985)を著し、浄土宗に影響を与え、宋でも高く評価された。1004年、権少僧都となるが、わずか1年で辞退している。阿弥陀如来像の手に結びつけた糸を手にし、合掌しながら入滅したという。
◆橘俊綱
 平安時代中期-後期の官吏で歌人の橘俊綱(たちばな の としつな、1028-1094)。公卿・藤原頼通の子。伏見長者と称された。丹波・播磨国守、修理大夫、近江守を歴任した。1050年、橘俊綱家歌合などを邸宅で開いた。「後拾遺和歌集」などの勅撰集に12首ある。造園に通じ、日本最古の庭園集『作庭記』の作者ともいう。
◆高階栄子 平安時代-鎌倉時代の女性政治家・高階栄子(たかしな の えいし、1151?-1216)。第77代・後白河法皇の寵妃となり、法皇との間に宣陽門院(覲子内親王)を産んだ。丹後局、浄土寺二位とも称された。北面に仕えた平業房の妻となり、後白河法皇の寵愛を得て夫の出世を後押した。次第に政治に介入し、法皇の死後に出家した。公卿・政治家の源通親と組み、1196年、関白・九条兼実を失脚させた。
◆宣陽門院  平安時代-鎌倉時代の皇族・女院の宣陽門院(1181-1252、覲子内親王)。後白河天皇の第6皇女、母親は高階栄子。1189年、内親王の宣下を受け、1191年、11歳で院号宣下を受けた。1205年、出家し、性円智と称した。
◆那須与一 鎌倉時代前期の武士・那須与一(なす の よいち、 生没年不詳)。下野国那須荘を所領とした資隆(資高)の11男とされ、宗高(宗隆)、余一という。弓矢に優れ、1185年、屋島合戦の際に海上に浮かぶ平家の船に立てられた扇の的を馬上から一矢で射とめて敵味方から喝采をあびたという。(『平家物語』)。伝説上の人物といわれている。
◆仏像 大亀谷(伏見区)に寺が置かれた時、本堂に恵心作の「阿弥陀坐像」、九品往生のうちの上品上生意味する25菩薩が安置されていたという。その後の戦禍により焼失し、11体が残されたという。
 現在、本堂に安置の平安時代後期作の本尊「阿弥陀如来坐像」(重文)(223.6㎝)、「二十五菩薩像坐像」(重文)(150㎝)は、平安時代、橘俊綱の没年の1094年頃の作という。俊綱が建立した伏見寺の旧仏ともいう。そのほか、10体が平安時代の作、15体は江戸時代の補作という。かつては恵心僧都作といわれていた。近年では、定朝とその弟子作ともいう。1体の「獅子吼(ししく)菩薩像」は、「ほほ笑みの菩薩」として知られている。
 「観音菩薩坐像」(重文)(96.7㎝)は跪座(きざ、正坐に近い坐り方で足のつま先を立て、膝頭とつま先で床に付く状態)をし、蓮台を両手で差し出す。定朝様、木造、寄木造、彩色。
 「勢至像」(95㎝)、ほか(79㎝-97㎝)、木造、漆箔、一部彩色、截金。
 4段の仏壇に、上品上生印の「阿弥陀如来」、両脇侍の蓮台を捧げ持つ「観音菩薩像」、合掌する「勢至菩薩像」、その他に供養菩薩の楽器を奏でる23体の「菩薩像」が安置されている。これらの阿弥陀如来と菩薩により、亡者を西方極楽浄土に導く様を立体で表した。動的な菩薩の描写は現実味に富み、きわめて珍しい例という。さらに、当初から存在した如意輪観音像が客仏として安置されている。
◆鳳凰 山門の屋根上に鳳凰が飾られている。平安時代、1052年、藤原頼通は宇治に平等院を建立した。子・俊綱は、伏見に光明院を建立する。その時、平等院の鳳凰と向き合う形で、屋根に飾られた鳳凰といわれている。
◆那須与一墓 那須与一の墓といわれる石造宝塔(多宝塔)(1.3m)が本堂裏にある。開基の橘俊綱の塔ともいう。鎌倉時代作であり、笠石が厚い。
 那須与一は当山の本尊を崇敬したとされ、屋島の戦いで功績を得たことから出家し、即成院に庵を結び亡くなったともいう。
 「願いが的へ」と扇に書いて墓に祈願すると所願即成就するという。病平癒、合格祈願の信仰も集める。
◆七福神巡り 泉涌寺山内の七福神めぐり(成人の日)は、泉涌寺(泉山)七福神巡りとして塔頭9か寺を巡る。1951年以来続けられている。これらを福笹を持ちお参りしていく。
 1番は福禄寿・即成院、2番は弁財天・戒光寺、番外の愛染明王・新善光寺、3番は恵比寿神・今熊野観音寺、4番は布袋尊・来迎院、5番は大黒天・雲龍院、番外の楊貴妃観音・泉涌寺本坊、6番は毘沙門天・悲田院、7番は寿老人・法音院。
◆二十五菩薩お練り供養法会 二十五菩薩お練り供養法会(10月第3日曜日)では、本堂を極楽浄土、地蔵堂を現世に見立て、その間の来迎橋(50m)を、阿弥陀如来の化身・大地蔵菩薩を先頭に二十五菩薩練る。本堂に戻り、観音菩薩、勢至菩薩の舞いが行われる。国内唯一の仏像の形によるお練りという。
◆年間行事 泉山(せんざん)七福神巡り(1月成人の日)、二十五菩薩お練り供養法会(10月第3日曜日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都府の歴史散歩 中』『仏像』『京都仏像を訪ねる旅』『京都の仏像 入門』『京の寺 不思議見聞録』『京の福神めぐり』『週刊 日本の仏像 第17号 六波羅蜜寺 空也上人像と東山』『京都の隠れた御朱印ブック』『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』『週刊 日本の仏像 第14号 三千院 国宝阿弥陀三尊と大原』

 

  泉涌寺      関連・周辺戒光寺〔泉涌寺〕      関連・周辺今熊野観音寺〔泉涌寺〕      関連・周辺来迎院〔泉涌寺〕       関連・周辺雲龍院〔泉涌寺〕       関連・周辺悲田院〔泉涌寺〕      関連・周辺法音院〔泉涌寺〕            那須野与市堂(亀岡市)           

本堂

地蔵堂

那須与一宗高の墓という石塔、宝塔、鎌倉時代作、笠石の軒が厚く、塔身は太い。相輪はなく空輪、風輪は補われている。松香石製、約2.5m。
 病人の命乞い祈願が行われる。祈願し御供の香水を病人に飲ませる。治る見込みのない者は、阿弥陀如来の安らかな迎えを待つという。
 即成院 〒605-0977 京都市東山区泉涌寺山内町28  075-561-3443  9:00-16:00
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光