四宮大明神 (琵琶・琴元祖四宮大明神) (京都市山科区)
Shinomiya-daimyojin Shrine
四宮大明神  四宮大明神
50音索引  Home 50音索引  Home

参道、住宅地の間の路地


琵琶・琴元祖四宮大明神




末社
 四ノ宮の住宅地の露地奥、JR線の南に隣接して四宮大明神(しのみや だいみょうじん)が祀られている。琵琶・琴元祖四宮大明神(びわ ことがんそ しのみやだいみょうじん)とも呼ばれている。琵琶法師の祖神とされる人康(さねやす)親王を祀る。周辺には親王にまつわる旧蹟が複数ある。
 祭神は人康親王(天世命)、琵琶法師(月世命)、稲荷大明神を祀る。御霊社。
 目の神、芸能上達、弦楽上達の信仰がある。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 江戸時代、人康親王の命日(旧暦5月5日、2月26日とも)に、琵琶法師(当道)らがこの付近に集い、琵琶を奏で経を唱えて奉納していたという。当初は、現在地の北、山手にあった。
 1879年頃、国鉄旧東海道線敷設工事に伴う築堤により現在地に遷された。
 近代、1915年、実業家・松村輿三郎が、現在地(旧神宮寺)の泉の石垣を整備し、再興した。
 昭和期(1926-1980)中期以降、荒廃する。
◆人康親王 平安時代前期の皇族・人康親王(さねやす/ひとやす しんのう、831-872)。第54代・仁明天皇の第4皇子、848年、四品、上総、常陸国の太守、弾正台の長官を歴任した。859年、28歳で高熱により両目を失明した。宮中より追われ山科御所を営み隠棲、出家、法性と号した。
 「四宮」の地名は親王が第4皇子とされることに由来するものともいう。親王は『伊勢物語」78段に、「山科の禅師親王」として登場する。詩歌に優れ、唐から伝えられた琵琶を習い、その名手とされた。園城寺の盲僧にも琵琶を教えていたともいう。鎌倉時代-室町時代の琵琶法師に、始祖「雨夜尊(あまよのみこと)」「天夜尊」と崇められた。
◆松村輿三郎 近代の実業家・松村輿三郎(生没年不詳、まつむら よさぶろう)。詳細不明。明治期、四ノ宮で「やましな飴」と、石灰製造により財を成す。1915年、四宮大明神を再興した。
◆末社 末社に京都石仏大日如来、弘法大師不動明王、行者神変大菩薩を祀る。
◆御足摺水 境内の一角に「御足摺水(おあしずりのみず)」の石標が立つ。諸羽山の麓にあり窪地が残る。付近は、人康親王の山荘の一部だったとみられ、庭石などもある。泉は、親王が自らの身の悔しさに地面を足でこすると湧水したという。
 「蝉丸手洗いの水」とも呼ばれたのは、江戸時代に人康親王とその弟子・蝉丸とが混同されていたことによる。
◆地蔵尊 境内一角に地蔵尊が祀られている。松村輿三郎が当社を再興した際に、諸羽山など周辺にあった地蔵尊を集めたものという。鎌倉時代のものもある。 
◆四宮 地名の四宮(しのみや)の由来について、第54代・仁明天皇の第4皇子・人康親王に因むとされ、四宮にいくつかの伝承が残る。
 琵琶の名手といわれた盲目の蝉丸もまた、延喜帝(第60代・醍醐天皇)の四宮とされ、地名の由来になったという。逢坂の関に伝承がある。
 

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『山科町誌』『京都の歴史玄関 やましな盆地』『京都の地名検証』『四ノ宮琵琶 縁奏会』


  関連・周辺徳林庵(山科地蔵)      関連・周辺十禅寺      関連・周辺諸羽神社      関連・周辺蝉丸神社(大津市)      周辺      関連          

末社、行者神変大菩薩
右より不動明王、大日如来三尊、地蔵尊

すわり石、人康親王の山科御所跡の庭石ともいう。

やけ石

御足摺水の石標


泉水町の由来になった。いまもわずかに湧水がある。

クスノキの大木

【参照】四ノ宮泉水町の町名板

【参照】平家琵琶
四宮大明神 〒 京都市山科区四ノ宮泉水町

より大きな地図で 四宮大明神(四ノ宮大明神) を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp