三条大橋・三条河原 (京都市中京区-左京区・東山区) 
Sanjo-ohashi Bridge・Sanjokawara
三条大橋・三条河原 三条大橋・三条河原 
  Home   Home

橋脚はコンクリート製、下流側の橋脚は石柱、桁隠、高欄などは木製。


「三條橋は東国より平安城に至る喉口なり、貴賎の行人常に多くして皇州の繁花は此橋上に見えたり。」(『都名所図会』)


橋脚


南から見た三条大橋、三条河原、先斗町


三条大橋から南方角西岸、先斗町歌舞練場と納涼床、江戸時代、宝暦年間(1751-1764)、京都に遊学していた本居宣長は三条大橋からの四条河原の夕景を「星の如くにともしび見えていとにぎわし」と書いた。


先斗町歌舞練場と先斗町、三条大橋西詰南
先斗町歌舞練場は、当初、1902年に建てられた。現存するのは二代目で、1927年建築の和洋折衷の建物。設計は木村得三郎、ライト様式といわれる水平線を強調し、単一的なパターンを繰り返す装飾。スクラッチ・タイルという縦縞のタイルが使われている。戦後は進駐軍のビアホールとしても利用された。
 歌舞練場は、鴨川をどりの会場として使われ、通常は芸妓・舞妓の踊り、鳴物・唄などの練習場になっている。鴨川をどりでは舞、芝居が披露される。1872年に始まった。戦時中は休演になる。戦後、春秋の二回公演になる。



橋の北方向


橋の南方向


花の回廊、三条大橋東詰


花の回廊、三条大橋東詰


西詰北、左は安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)の橋脚石「天正十七年(1589年)七月吉日 津国御影」の銘がある。
 この地は江戸時代、広場のようになっており、近代初期まで高札場があり、所司代の管理下に置かれていた。奉行所のお触れ、人相書、駄賃、木賃銭の決まりごと、落し物などが木札に掲げられた。



擬宝珠欄干




西詰から二つ目、南北の擬宝珠に残る池田屋騒動の際につけられたという刀傷。上は南、下は北。




橋の南の橋脚の一部には昔の石柱がいまも使われている。


三条大橋東岸、川端通を下がったところに置かれている三条大橋の石柱、橋桁(桜御影)


【参照】三条大橋橋脚石柱(右端)、刻銘「七月 天正十七年津国御影 吉日」、京都国立博物館蔵


橋の西詰南、江戸時代の浄瑠璃・滑稽本作者の十返舎一九(1765-1831)『東海道中膝栗毛』の主人公の弥次郎兵衛・喜多八像。
 両人は、江戸から伊勢、奈良、宇治、伏見、大坂に行くつもりが、船便を間違え枚方から再び伏見に戻り入洛した。方広寺、三十三間堂などを見物する。三条大橋を渡っては入洛しなかった。初日は五条大橋近くの屋根裏部屋、二日目は三条小橋近く、江戸時代には現存していた「三条の編笠屋」(戦前の「布袋館」、現在の「加茂川館」)という旅籠に宿泊した。三日目は、壬生寺近くの茶店という設定になっている。


撫で石

 鴨川にかかる三条大橋は、平安京以来、東西交通の役割を担っていた。東海道の起点になっていた。三条口、三条大橋口、大津口、粟田口とも呼ばれた。 
◆歴史年表 室町時代前期、すでに簡素な板橋が架けられていた。(「町田家旧蔵本」)
 1423年、三条河原に橋が架けられる。公方の延臣に橋料を課した。
 安土・桃山時代、1589年、豊臣秀吉は三条橋の架橋を命じる。
 1590年、本格的な構造を持つ日本最初の石柱橋が架けられた。秀吉の命により奉行・増田(ました)長盛による大工事になる。3月、秀吉は北条氏政・氏直父子討伐の小田原戦役の軍馬を通すために橋から出陣した。
 1600年、石田三成、小西行長、安国寺恵瓊は、関ヶ原の戦いで西軍首脳として六条河原で斬首され、三条橋の橋詰に首が晒された。
 江戸時代、1615年、長宗我部盛親は、六条河原で6人の子女とともに斬首され、三条橋に晒された。
 江戸時代、1643年、朝鮮使節入洛のため、三条大橋、三条小橋の修復が行なわれる。
 1654年、三条大橋が鴨川に架かる11橋の一つとして記されている。(「新板平安城東西南北町並洛外之図」)
 1669年、三条大橋は架け替えられる。奉行は、木村惣右衛門、今井七郎兵衛が任じられる。
 1670年、寛文新堤の築造により、三条から五条間には新しく石垣の堤防が築かれ、川幅は狭まる。七条新地、宮川町が生まれ、芝居小屋などが移動された。
 1682年、キリシタン禁札礼の高札が掲げられる。朝鮮使節入洛のため、三条大橋、三条小橋の修復が行なわれる。 
 1692年、三条大橋が新造される。奉行は長谷川安定、設楽正秀による。(「京都役所方覚書」)
 1711年、朝鮮使節入洛のため、三条大橋、三条小橋、五条大橋の修復が行なわれる。奉行は平岡良久、角倉与一による。三条大橋について使節随員・申維翰が記している。(「海遊録」)。鴨川に2000坪の敷石が置かれ、63本の石柱の橋脚が建てられた。長さは101m(102m、105m)、幅は7m(5.5m、6.7m、8.5m)。橋の高さ2.4m。幅は現在の半分、長さが現在よりも長かったのは、当時の鴨川の川幅が現在よりも広かったことによる。橋は、鴨川の氾濫で度々流出した。幕府が管理する公儀橋のためにすぐに修復された。秀吉以後、16回の架け替えが行われたともいう。 
 1719年、朝鮮使節入洛のため三条大橋、三条小橋が補修された。(上方所々橋新造御修復共年数之覚」)
 1720年、千代原村・柏屋庄左衛門は、唐物沖買、抜買の咎により、三条橋東詰に3日間晒され、粟田口で鼻削ぎ、追放になる。晒し初例ともいう。
 1780年、三条大橋が記されている。(『都名所図会』)
 1852年、洪水により橋が落ちる。その後、渡船が出て、仮橋が架けられた。
 1853年、仮橋が流出し、その後本橋が修復された。
 1862年、12月24日、會津藩松平容保は家臣1000人を率いて入洛、三条大橋に到着し、京都所司代・京都町奉行所の出迎えを受けた。その後、本陣の金戒光明寺まで行軍した。
 1863年、2月22日(旧暦)、木像梟首事件で等持院の足利尊氏、義満、義政の木像が三条河原に晒された。犯人は平田派国学の三輪田元綱、師岡正胤とされ、以後、浪士取締りが強化された。同年の「澱川両岸一覧」に三条大橋が記されている。
 1866年、9月12日、三条大橋制札事件で新撰組は宮川助五郎を捕縛する。
 近代、1868年、3月23日、イギリス公使・ハリー・パークス一行は、第122代・明治天皇の謁見を受けるため、宿舎の知恩院から出発し、古門前通を通り三条大橋東近くの五軒町付近に差し掛かったところ暴漢に襲われた。護衛兵10人が負傷し、犯人は斬殺され晒し首になった。(ハリー・パークス襲撃事件)
 1869年より、京都府は橋の修繕費として地車1両につき50文の通行料を徴収した。
 1881年、三条大橋は架け替えられた。
 1895年、琵琶湖疏水から引かれた鴨川運河が開通する。
 1912年、鋼鉄桁、コンクリート桁に檜作りの橋面、擬宝珠付きの橋が完成した。
 1915年、三条から五条間の京阪電鉄が開業される。
 1935年、「昭和10年鴨川大洪水」で、橋の東側一径間が流出し、通行可能になった。
 現代、1950年、現在の橋に架けられる。一部木製の現在の形になった。
 1989年、京阪電鉄の地下化、鴨川運河の暗渠化が行なわれた。
 1996年、三条と四条間の鴨川に、フランス様式の芸術橋(ポン・デ・ザール)を架ける市の計画が表明され、以後景観論争になる。(第二次景観問題)。その後計画は凍結される。
豊臣秀吉 安土・桃山時代の武将・豊臣秀吉(とよとみ ひでよし、 1537-1598)。小猿と呼ばれ日吉丸 と称した。父は尾張国の百姓、織田信秀の足軽・木下弥右衛門、母は百姓の娘なか(天瑞院)。1551年、家出、後に今川氏の家臣・松下之綱、1554年、 織田 信長に仕える。1561年、浅野長勝養女・ねねと結婚し、木下藤吉郎秀吉と名乗った。戦功を重ね、1573年、小谷城主、羽柴姓と筑前守、信長の天下統一 にと もない西国転戦。1582年、備中高松城の毛利軍と戦いの最中に本能寺の変が起こり、和睦し軍を返し山崎で明智光秀を討つ。1584年、小牧・長久手で織 田信雄、徳川家康の連合軍に敗れる。1585年、紀州根来と雑賀、四国・長宗我部元親を服した。関白に進む。1586年、聚楽第、広寺大仏造営に着手、太 政大臣に 進み豊臣の姓を賜わる。1587年、九州征討、聚楽第が完成する。1588年、第107代・後陽成天皇が聚楽第行幸、検地、刀狩を行う。1590年、小田 原の北 条氏直らの征討、朝鮮使を聚楽第に引見、1591年、利休を自刃させる。1592年、文禄の役を始め、甥の養子・秀次に関白職を譲り、太閤と称した。 1593年、側室淀殿に秀頼が生まれると、1595年、秀次を謀反人として切腹させ、妻妾子女らも処刑した。1597年-1598年、朝鮮を攻めた慶長の 役に敗れ、伏見 城で亡くなる。没後、豊国廟に豊国大明神として祀られた。 
 秀吉は京都で「都市改造」を行っている。1585-1591年、洛中検地・洛中地子免除(1591)、1586年よりの方広寺大仏建設、 1586-1587年、聚楽第・周辺の武家邸宅街建設、1589年、禁裏・公家町の修造整備、1590年、新町割建設(短冊形町割)、1590年、三条大 橋などの橋梁・道路建設、1591年、御土居築造、寺院街(寺町・寺之内)建設などになる。
◆石川五右衛門 安土・桃山時代の盗賊・石川五右衛門(いしか  ごえもん、?-1594)。詳細不明。河内国生まれ。五郎吉。17歳で家を出で伊賀の異人僧・臨寛に忍術を習うともいう。また、浜松・三好家家臣・石川明石の子で、16歳で宝物庫の金装具刀を盗み諸国放浪した。また、浜松の武士・真田八郎ともいう。京都の市中を荒らし、1594年、豊臣秀吉の命をうけた五奉行の一人、前田玄以に捕らえられる。三条河原(六条河原とも)で子・一郎とともに、油を煮たてた釜ゆでの刑に処された。母ら10人が処刑され、仲間18、19人が磔にされた。浄瑠璃、歌舞伎、読み本などの題材になる。37歳。
◆豊臣秀次 室町時代-安土・桃山時代の武将・豊臣秀次(とよとみ ひでつぐ、1568-1595)。三条河原で晒されている。豊臣秀吉は、1591年、淀殿との間に生まれた鶴松を幼くして失う。そこで、姉智の子・秀次を養子とし関白職を譲る。だが、1593年、淀殿が秀頼を産むと、次第に秀吉と秀頼の間に亀裂が入る。1595年、秀吉は秀次に反逆の疑いをかけ高野山へ追放し、さらに切腹の命を下した。秀次は享年28歳で自害する。その首は三条河原橋下に塚を築き、西向きに晒された。さらに、一族に秀次の首を拝ませると偽り、市中引き回した。幼児5人、愛妾34人は三条河原に引き出され斬首された。後に秀吉は秀次と一族の墓を畜生塚と呼んで蔑んだ。
 江戸時代、1611年角倉了以は、秀次らの遺骸を拾い集め、弔うために瑞泉寺を建立する。
◆三条大橋 三条大橋の架設年は1950年になる。橋種は9径間連続鋼プレートガーターになる。単純鋼H型橋ともいう。橋長73.32m、幅員15.6m(16.7mとも)ある。
 意匠として木造の高欄、桁隠し、擬宝珠、橋脚に特色がある。擬宝珠は12個あり、天正期、昭和期のものも転用されている。西詰から二つ目、南北の擬宝珠に池田屋騒動の際につけられたという刀傷が残る。
 柱状の石橋橋脚は、下流側の8本の内7本にあり、昔の石柱を接いで用いられている。三条大橋は、石柱を橋脚に使った日本初の橋といわれ、中国地方産の桜御影を使用する。橋の西詰北に、安土・桃山時代、天正年間(1573-1592)の橋脚石(桜御影)があり、「天正十七年(1589年)七月吉日 津国御影」の銘がある。ほかの33本の橋脚はコンクリート製になる。
◆三条口 「京の七口」の一つ三条口は、三条大橋の東を起点としている。「大津口」「粟田口」「三条橋口」などと呼ばれた。時代によっては、鴨川の東の蹴上付近にも置かれた。豊臣秀吉による御土居の築造以後、「洛外」へと通じる重要な街道の出入り口になった。
 江戸時代、三条大橋と江戸日本橋間の東海道五十三次、三条大橋と江戸板橋間の中仙道(木曾街道)と、三条大橋は「東下り」の西の起点として交通の要衝地だった。橋の両岸には旅籠、土産物屋などが軒を並べ、宿場町として賑わう。橋は人馬が通った。橋を傷め、人通りの邪魔になる鉄輪の牛車、荷車は橋の南の「車道」(車石)を下り、鴨川を渡河した。当時、旅を終えた人は橋の西詰で迎え、見送る場合は東詰で行ったという。
◆京の七口 「京の七口」について「七口」とは定まらず「十口」ともいう。実際にはそれら以外の複数の間道もあったという。
 安土・桃山時代、1591年、豊臣秀吉の御土居築造の際には、七口は、「粟田口(東)、東寺口(坤)、丹波口(西)、清蔵口(北)、鞍馬口(艮)、大原口(北)、荒神口(東)」とされた。
 江戸時代には、「山陽道(摂津道)東寺口、東海道(伊賀伊勢道)五条橋口、西海道(九州道)四条大宮口、南海道(紀州道)竹田口、東山道(近江道)三条橋口、北陸道(若狭道)大原口、山陰道(丹波道)清蔵口」の呼称があった。また「鳥羽口、伏見口、丹波口、粟田口、八瀬口、若狭口、長坂口」、「東寺口、竹田口、五条橋口、大原口、三条橋口、千本口、七条口」ともされた。
◆弁慶石 安土・桃山時代、三条河原には「弁慶石」があった。人々は力試しにこの石を使っていた。かつて武蔵房弁慶が、鞍馬口で腰掛に使っていた石が、洪水によりこの地まで流されてきたという。また、奥州平泉の衣川から運ばれてきたという伝承があった。また、この周辺では相撲も興じられていた。(「洛中洛外図屏風図」、1574)
 なお、弁慶石町(中京区)には、「弁慶石」が安置されている。この石は弁慶が、五条大橋から投げて飛んできた、西塔から飛んできた、弁慶が幼い頃住んだ地というさまざまな伝承がある。また、三条に住んだ弁慶仁右衛門という別人の石という説もある。石は、力持ちになることができるといい、火災、病難から逃れるご利益もあるという。
◆車石 東海道の起点は、三条大橋になっている。荷を積んだ牛車の迅速な街道往来のために、道筋には車石という石が敷かれていた。いわば舗装道路で、竹田街道、鳥羽街道などにも見られた。石の規格は一定ではなく、長さは60-70㎝、幅30-40㎝、厚さ15-20㎝あり、上に幅15㎝、深さ10㎝の溝が開けられていた。この車石が牛車の車幅140㎝に合わせて二列に敷かれた。単線のため通行規制があり、午前は東行き、午後は西行きと分けられていた。重い牛車は橋を渡ることは許可されず、車道を使って川を渡った。
◆朝鮮通信使 江戸時代、李氏朝鮮よりの使節団は1607年から1811年までの12回来日している。往路の道筋は、朝鮮より九州、瀬戸内海、大坂より淀川を船で遡り、淀・納所で上陸、東寺、大宮通、七条通、油小路通、本圀寺、松原通、室町通、三条通、三条大橋、蹴上、逢坂、関を経て江戸に向かった。
 これに先立ち、要所に架けられた橋の修復が行われた。復路もぼぼ同様の道筋を辿ったが、たとえば1719年には三条大橋ではなく五条大橋より本圀寺に入っていた。
◆処刑場 大橋東詰は処刑場、晒し場でもあった。安土・桃山時代、1594年、大盗賊石川五右衛門はここで釜茹にされた。(六条河原、七条河原とも)。1595年、高野山で自害した豊臣秀次の首は、三条河原に運ばれ晒された。その遺児、正室・側室39名は市中引き回しの後に処刑された。1868年、江戸から塩漬けで運ばれた新撰組局長・近藤勇の首もここで晒された。
 そのほかにも、明智光秀の家老・斉藤利三、関ヶ原の合戦(1600)で敗れた西軍の石田三成、小西行長、安国寺恵瓊、大坂の陣で豊臣方についた長曽我部盛親など数多い。おもに六条河原で斬られ、三条河原で梟首された。幕末、天誅の先駆けになった九条家家臣・島田左近(1862)は四条河原で晒されている。また、その配下の「目明し文吉」は三条河原に晒された。1863年、平田派国学者の三輪田元綱らは、等持院の足利尊氏ら三代木像の首を抜いて三条河原に晒している。朝廷を差し置いて室町幕府を打ち立てた「逆臣」という理由による佐久間象山(1864)も、暗殺後に三条河原で晒された。
◆救小屋 京都では、1830年より凶作・飢饉になり、身寄りのない者が飢えた。儒学者・北小路大学助が開いた私塾の「教諭所」が奉行所に願い、救小屋(すくいごや)が三条河原に建てられた。鳩居堂の熊谷直恭ら町人が援助し、1837年-1838年の救援活動により1500人を救護したという。
◆近藤勇の首 1868年、鳥羽・伏見の戦いで敗れた新撰組隊長・近藤勇は、下総流山の陣で捕らえられ、江戸板橋で斬首となる。首は、三条河原に運ばれ河原に晒された。近藤の愛人だった三本木の芸妓・駒野は、近藤追悼のために辻講釈師を雇い、河原で近藤一代記の一席を演じさせた。
 その後、首は同志により誓願寺に運ばれ、末寺・法蔵寺(岡崎市)に移され埋葬されたという。同寺には首塚が立てられている。なお、近藤夫妻の墓は龍源寺(三鷹市)にある。
◆晒し 行倒れがあると悲田院年寄管理下で、遺骸を二条河原、三条河原に3日間晒した。身元の確認のためであり、届け出がない場合には指定墓地に埋めた。
◆高札場 橋の西詰には、かつての所司代が管轄する高札場があった。現在も天正年間の石柱が残されている。1690年以降、高札は江戸の道中奉行の徒目付が持参していた。1682年キリシタン禁札礼の高札が掲げられる。
 幕末期の1866年9月12日、この制札場で事件が起きた。台頭する長州勢を断罪する幕府の高札が掲げられる。この高札が何者かに抜き取られ、墨で塗られたりした。このため、幕府は新撰組により取締りを行う。新撰組は周辺に張り込み、3日目に土佐藩馬廻役・宮川助五郎、安藤鎌次ら8人が高札を引き抜こうとし、新撰組・原田左之助らと斬り合いになる。土佐の藤崎吉五郎が斬殺される。負傷した宮川が捕縛された。負傷した安藤健治は土佐屋敷で自害した。新撰組圧勝で決着したが、以後、幕府の権威を失墜させる象徴的な事件になる。
◆広重 江戸時代の歌川(安藤)広重(1797-1858)は、浮世絵「東海道五十三次」(1833 -1834)の55枚目「京都到着」に「三条大橋」を描いている。実際には京都を訪れずに描いたといわれている。
◆擬宝珠 擬宝珠、欄干はかつて18基あった。鴨川大洪水(1935)の際に4基流出した。現在のものは、1950年に再建された。12基(大10、小2)があり、欄干は木製になる。
 西詰から4つ目、南北の擬宝珠に残る池田屋騒動の際につけられたという刀傷がある。
 洛陽三條 之橋至後 代化度往 還人磐石 之礎入地 五尋切石 之柱六十 三本蓋於 日域石柱 橋濫觴乎 天正十八年庚寅正月日 豊臣初立 御代奉 増田右衛門尉 長盛造立」の銘。 
◆幕末 幕末期、三本木「吉田屋」に出ていた芸妓・幾松(後の木戸松子)は、1864年禁門の変(蛤御門の変)後、三条大橋(二条橋とも)下に潜伏していた長州藩士・桂小五郎(後の木戸孝允)に握り飯、志士の手紙などを届けたという。届けたのは、今井似幽の女中お里だったともいう。また、三条大橋のたもと縄手三条には、料理屋「小川亭」があった。女主人の小川テイは、肥後藩宮部鼎蔵ら、尊攘派の浪士を献身的に支援していた。
◆映画 三条大橋では現代劇映画「続 男はつらいよ」(監督・山田洋二、1969年、松竹)の撮影が行われた。寅(渥美清)は瞼の母・お菊(ミヤコ蝶々)と橋上で会う。
 現代劇映画「893愚連隊」(監督・中島貞夫、1966年、東映京都)のラストシーンに登場する。
◆花の回廊 鴨川三条から七条にかけて、京都府と京都市により、三条・七条間の「花の回廊」整備事業(1999)が完成し、枝垂桜、山吹などが植栽された。
 毎年4月初旬(4月6-7日)には、「鴨川さくらまつり」が催される。鴨川河川敷(四条大橋-三条大橋間)のサクラ50本の並木がライトアップされ、鴨川右岸には「花灯路」が灯される。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京の鴨川と橋 その歴史と生活』『京都新選組案内』『幕末京都 新選組と龍馬たち』『京の橋ものがたり』『京をわたる 橋がつなぐ人と暮らし』『京都・美のこころ』『新選組大事典』『秀吉の京をゆく』『京都絵になる風景』『おんなの史跡を歩く』『史跡探訪 京の七口』『鴨川・まちと川のあゆみ』『あなたの知らない京都の歴史』『京都の自然ふしぎ見聞録』『京都の自然ふしぎ見聞録』


   四条大橋       五条大橋       壇王法林寺       瑞泉寺       花の回廊       関連車石・車道(日岡峠)              

橋の東詰南、江戸時代の勤皇思想家で「寛政の三奇人」のひとり高山彦九郎像、皇居望拝の像、
 高山彦九郎(1747-1793)は上野国(群馬)の農民出身で、京都に遊学した。皆川淇園、中井竹山、頼春水、菅茶山との交流もあった。幕末の勤王志士に影響を与えた。京都を5回訪れ、三条大橋を通るたびに荒れ果てた御所の方角を向いて平伏した。京都では、大学建設、尊号問題などをめぐり有力者と交流した。幕府により行動を監視され、最期は、筑紫久留米で自刃している。
 戦前、小学校の修身教育で必ず取り上げられた。初代の銅像は1928年に作られている。戦時中の1944年に金属回収令で供出され、現在の銅像は1961年に再建された。徳富蘇峰、東郷平八郎の揮毫がある。


納涼床、現在は鴨川に直接設置されているのではなく、河川敷を平行して流れる水路「みそそぎ川」に置かれる。床の設置にはさまざまな決まりごとがある。現在、約90軒あるという。

「花の回廊」の石碑、赤色チャート

三条大橋から西へ、高瀬川に架かる三条小橋、初代は安土・桃山時代、1591年。明治期に石橋になった。擬宝珠は1882年に御所の高倉橋にも使われたことがあるという。1910年の改築の際に外され所在は不明。北のたもとには佐久間象山・大村益次郎遭難之碑が立つ。木屋町周辺には、幕末関連の史蹟が数多い。江戸時代の庶民の歌謡には「面白いぞや三条(さんじょ)の橋は 上は糺の森見ゆる 三条小橋に待てとは云へど どこが三条の小橋やら」。

「駅伝の碑」、三条大橋東詰北、1917年、三条大橋と東京上野の不忍池間で、最初の駅伝「奠都五十周年大博覧会・東海道駅伝徒歩競争」が開催された。

1935年の鴨川大洪水時の破壊された三条大橋、京都府の鴨川設置の案内板より

より大きな地図で 鴨川の橋 を表示

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
 三条大橋
  Home     Home  
       © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp