不思議不動院 (京都市北区)
Fushigi-fudo-in Temple
不思議不動院  不思議不動院
50音索引  Home 50音索引  Home



大師堂、当初、初代によりこの地に一宇が建てられた。



大師堂



大師堂、弘法大師坐像(かぼちゃ大師)
 衣笠氷室の氷室道より外れて坂道を登ると、お狐山山麓に不思議不動院(ふしぎ ふどういん)がある。霊域は金閣寺の西付近から原谷、蓮華谷へと続く一帯を占める。 
 「不思議之谷の不思議さん」「不思議さん」と親しまれている。正式には「真言宗・大北山大宝寺不思議不動院」という。
 真言宗系単立の根本道場、本尊は不動明王。 
 家内安全、商売繁盛、五体健康、天龍大神は入試、入社祈願などの信仰がある。
◆歴史年表 現代、1945年頃、初代貫主・酒井圓心師は不動明王の霊夢により、私財を投げ打ち衆生救済のために開山した。
◆不思議不動 初代・酒井圓心(さかい えんしん)は当地に堂宇を建て、持参した不動明王を安置した。不動尊は参拝者の祈願成就し、「不思議なことを起こす不動尊」という評判が立ち、「不思議不動明王坐像」「不思議不動」と呼ばれるようになる。像高50㎝、木造、一木造。
 現在、本堂内陣正面に不思議不動明王坐像、右に弘法大師、左に宇賀神を安置する。
◆かぼちゃ大師 大師堂に安置されている「弘法大師像」は、「かぼちゃ大師」とも呼ばれている。初代が不眠、断食、滝修業満願の時、お供えの南瓜を振舞った。以後、冬至の日の「かぼちゃ供養」では、参拝者にお下がりとしてかぼちゃ煮が接待されるようになった。以来、坐像はかぼちゃ大師とも呼ばれている。像高50㎝、一木造り。 
◆一光開眼地蔵
B木造の「地蔵菩薩立像」は、「一光開眼地蔵」と呼ばれている。かつて山城葛野郡に住んだ盲目の青年があり、日夜念仏を唱え、一刀彫りで刻んだものという。3年を経て青年は亡くなり、未完成のままに地蔵尊は残された。
 後、当院に奉納された。あらゆる目の病平癒、心の病平癒などの信仰を集める。
◆おくろさん 吉太郎大明神は、おくろさんとも呼ばれる。祭神は吉太郎大明神、大日如来になる。ご神体は狸像であり、酒徳利を下げている。四国のおくろさんを勧請した。酒絶ち、勝負事絶ちの信仰があり、酒徳利を供えて祈願する。
◆年間行事 護摩祈祷(1月1日-3日)、初護摩鏡開き(餅授与)(1月6日)、修行(1月8日-)、節分会(3日に、みあずき粥接待、厄除け・無病息災護摩供養)(2月1日-3日)、春季彼岸大法要養(先祖、水子塔婆、施餓鬼供養、ぼたもち接待)(3月彼岸中の日曜日)、春期柴燈大護摩大法要(子ども行者行列)(5月第2曜日)、大峰山入峰(6月)、不思議不動妙法秘法(土生姜灸、癇虫取り)(7月土用丑の日)、御精霊迎(8月8日-13日)、地蔵盆・万灯会(8月16日)、秋季彼岸大法要(先祖、水子塔婆、施餓鬼供養、おはぎ接待)(9月彼岸中の日曜日)、秋季柴燈大護摩大法要(子ども行者行列)(11月第2日曜日)、天龍大神お火焚祭・天満書奉納(12月1日)、かぼちゃ大師供養(北海道産のくりかぼちゃ150個、200㎏を煮て接待)(冬至の日)、御霊大護摩(12月31日)。
 月並祭(毎月1日、6日、16日、26日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京のご利益めぐり』『稲荷信仰と宗教民俗』


  関連・周辺      周辺      関連      

弘法大師坐像(かぼちゃ大師)にお供えされているかぼちゃ

天門院、釈迦無如来、脇侍に延命地蔵菩薩。

天門院

本堂

本堂

本堂

本堂、不思議不動明王、右に弘法大師、左に宇賀神を安置する。
天龍神大神

天龍神大神

天龍神大神(大北山大権現天龍神大神)、商売繁盛、学業成就、入試合格、学力向上、一願成就の信仰がある。

天龍神大神

天龍神大神観賞魚愛玩動物供養塚

天龍神大神、末広大神、豆八明神

天龍神大神、心字池は大北山付近の田畑の灌漑用の溜池として各所にあったが、現在はこの池のみになったという。底なし池とされ、龍神が棲むという。天龍神大神のお告げにより、28本の松材を沈めている。池にはオオサンショウウオが生息していたという。

山乃神

地蔵尊

一言必救地蔵尊

天将不動尊、インドの芸術家が彫刻したという。骨の病平癒、患部を撫でて祈願する。

白玉大神、宝山初王丸

白玉大神、宝山初王丸

白玉大神、宝山初王丸

金毘羅宮
金毘羅宮

一光開眼地蔵

一光開眼地蔵、木造の地蔵菩薩立像は、かつて山城葛野郡に住んだ盲目の青年が日夜念仏を唱え、一刀彫りで刻んだものという。3年を経て青年は亡くなり、未完成のままに地蔵尊は残された。その後、当院に奉納された。あらゆる目の病平癒、心の病平癒などの信仰がある。

吉太郎大明神、おくろさんとも呼ばれる。祭神は吉太郎大明神、大日如来になる。ご神体狸像。

不思議一念救子授け地蔵
扇滝の修行場付近、滝は現在閉鎖されている。
吉太郎、清瀧


竹林

お狐山参道口

お狐山よりの京都市街地、左端は大文字山
不思議之谷、奥の社、お狐稲荷大明神
お狐稲荷大明神

水子地蔵

水子地蔵、像高3.3m

水子地蔵、2000体の水子地蔵、子守地蔵
不思議不動院 〒603-8486 京都市北区衣笠赤阪町1-133  075-462-6628   9:00-17:00
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp