南禅院 〔南禅寺別院〕 (京都市左京区)
Nanzen-in Temple
南禅院 南禅院
  Home   Home

勅使門


「史跡及名勝 南禅院庭園」











シャクナゲ





方丈


方丈


方丈


方丈
 南禅院 (なんぜんいん)は、南禅寺境内、琵琶湖疏水分線が流れる水路閣近くに建つ。この地は南禅寺発祥の地になった。庭園は、京都の三名勝史蹟庭園(ほかに天竜寺庭園、苔寺庭園)の一つに数えられる。 
 臨済宗南禅寺派。南禅寺別院。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 この地には、かつて園城寺別院・最勝院があったという。
 鎌倉時代、文永年間(1264-1275)、亀山法皇(第90代)が造営した離宮「松下殿」があった。法皇はここで落飾している。
 1287年、御堂南禅院の供養を行う。(「勘仲記」)
 その後、下の宮が禅寺とされた。開山は、東福寺の大明国師(無関玄悟、1212‐1292)による。
 第90代・後宇多天皇(在位1274-1287)により、勅額を与えられる。京都五山の上に推された。
 1291年、南禅院と呼ばれるようになる。
 二世・南院国師(1261-1313)により、15年にわたり伽藍が建立、整備される。南院国師は創建開山と称されている。
 室町時代、1393年、焼失した。
 1420年、北山御所寝殿が移築され再興された。
 1447年、応仁・文明の乱(1467-1477)でも焼失する。その後、衰退する。
 その後、祟伝(1569-1633)により再建された。
 江戸時代、1703年、1702年とも、第5代将軍・徳川綱吉の母・桂昌院らにより、現在の書院などが再建されている。
 1705年、襖絵が完成する。
◆亀山天皇  鎌倉時代の第90代・亀山天皇(かめやま てんのう、1249-1305)。第88代・後嵯峨天皇の第4皇子、母は藤原きつ子(きつし)(大宮院)。1259年、同母兄の第89代・後深草天皇の譲位により即位する。大覚寺統最初の天皇となる。だが、父が院政をしいた。1274年、子の第91代・後宇多天皇に譲位し、自らも院政をしく。後深草天皇皇子・煕仁親王(第92代・伏見天皇)が後宇多天皇皇太子に迎えられ、後に皇位継承をめぐる大覚寺(亀山)と持明院(後深草)の両統対立がおこる。
 離宮・禅林寺殿に移り、1289年、落飾し、南禅寺を創建した。墓所は天龍寺境内に亀山陵、亀山公園に火葬塚がある。
◆無関普門 鎌倉時代の臨済宗の僧・無関普門(むかん ふもん、1212-1291)。仏心禅師。信濃国に生まれた。13歳で越後・正円寺で出家、剃髪。叔父の寂円に仕えた。19歳で上野国・長楽寺の栄朝から菩薩戒を受ける。関東、北越を遊歴し、東福寺開山・円爾(弁円)に参禅し、その法嗣。越後・華報寺を開創する。1251年、宋に渡り、けい叟如ぎょく、浄慈寺の断橋妙倫の印可を受けた。1262年、帰国。九州、京都、鎌倉、北越、越後、摂津など各地を歴住した。1281年、東福寺3世。1288年、亀山上皇(第90代)の離宮に出没した怪を降伏したとされる。1291年、南禅寺創建の際に、上皇に開山として招かれる。だが、病に罹り住坊の東福寺・龍吟庵に移る。上皇は禅師を見舞い、手づから薬湯を与えたが龍吟庵で亡くなった。遺骸は慧日山龍吟の岡に葬られる。龍吟庵は塔所となる。虎関師錬により南禅寺・天授庵も禅師の塔所として建立された。諡号は大明国師。
◆一山一寧 鎌倉時代末の臨済宗の僧・一山一寧(いっさん いちねい、1247-1317)。元台州に生まれた。臨済禅大慧派下の無等慧融のもとで出家し、法明文節に天台を学ぶ。天童山・簡翁居敬、育王山・蔵叟善珍、東叟元愷、寂窓有照らに参じ、頑極行弥の法嗣。天童・環渓惟一、育王・横川如きょう、清渓了げん、巧庵口祥に参じた。四明・祖印寺に住した。元は日本に入貢を求め、1299年、一山は元朝使節として弟子・石梁仁恭、西澗子曇を伴い日本に渡る。鎌倉幕府執権・北条貞時は一時、伊豆・修禅寺に幽閉する。その後、釈放され建長寺10世に迎えられた。1302年、円覚寺の住持兼任、後専任。眼を病み、建長寺杉谷の玉雲庵、浄智寺に移る。1313年、後宇多法皇の招きにより、南禅寺3世住持に任じられ、南禅寺で没した。建長寺・玉雲庵、南禅寺・大雲庵が塔所となる。
 朱子学をもたらし、五山文学、能書でも知られた。多くの弟子があり、一山派として高峰顕日、虎関師錬、雪村友梅、夢窓疎石など数多い。
◆規庵祖円 鎌倉時代の僧・規庵祖円(きあん そえん、1261-1313)。信濃の生まれ。臨済宗仏光派。鎌倉・浄妙寺で出家、建長寺・無学祖元に師事、無学に従い円覚寺に遷る。東福寺・無関普門、興国寺・無本覚心に学ぶ。1291年、無関が南禅寺開山になり首座に就く。1292年、2世。無学祖元の法を嗣ぐ。南禅寺再興をした。諡号は南院国師。
◆木像 方丈内陣に、亀山法皇坐像(重文)(86.7㎝)が安置されている。法体で曲ろくに坐している。衲衣に飛雲、袈裟に草花、金泥の瑞鳥の文様が描かれている。椅子には、唐織りの錦(紺地に金襴、銀襴)が掛けられている。木造、彩色、玉眼。
 方丈内陣に一山一寧坐像が北向きに安置されている。
◆建築 大方丈(国宝)は、安土・桃山時代、天正年間(1573-1585)に造営の清涼殿を、江戸時代、1611年に移築した。
 
方丈は、江戸時代、1703年建立、総檜、入母屋造、こけら葺。亀山法皇木像(重文)が安置されている。
 小方丈(国宝)、三門、勅使門(重文)は桃山城の遺構という。
 1703年、桂昌院により現在の書院が再建された。
◆茶室 茶室「龍淵窟」は、庫裏、方丈と廊下でつながる。岡田永斎作による。広縁付七畳の書院風茶席であり、床柱に杉面皮・磨丸太、黒漆塗の床框、火灯窓の付いた出書院、釘隠し金物を打つ長押などが見られる。天井はやや高く竿縁天井、床は一部に落天井になる。
 控室(6畳)は、床の間、床脇、逆勝手向炉、仏壇も供える。物入(3畳)、廊下水屋、御殿風、入母屋造、こけら葺。
◆庭園 方丈の庭、方丈前庭の二つがある。鎌倉時代末期作庭の方丈の庭は、京都の三名勝史蹟庭園(ほかに天竜寺庭園、苔寺庭園)の一つに数えられる。楓の新緑、紅葉でも知られる。鎌倉時代に作庭された京都唯一の庭園といわれている。その後、夢窓国師(1275-1351)の手により完成された。少なくとも江戸時代、1790年代には現在のような形になったとみられている。
 庭は方丈の西より南にかけてあり、西池、南池が矩形につながる。南の山は杉、檜などの深い樹林に包まれ、亀山法皇遺愛の池泉廻遊式庭園となり、離宮の面影を残しているといわれる。当初、庭には吉野の桜、難波の葦、竜田の楓が移植され、井手の蛙も放たれていたという。
 東奥にある2段の滝口石組の龍門瀑(2.5m)は、鎌倉時代の古式が残されている。滝には、琵琶湖疏水から水が引かれ、右に緩やかに迂回して流れ落ちる。滝は龍頭を象ったものともいう。滝の上段に丸い鯉魚石が置かれ水を受けている。また、滝近くには坐禅石が据えられている。
 これらの枯滝石組、鯉魚石は、中国黄河中流域にある、龍門瀑の故事に由来する。龍門瀑は流れが激しく、滝を昇りきった鯉は天に昇り龍になるといわれた。禅ではそれにたとえ、厳しい修行の後に悟りを開き、仏になることを意味した。南宋からの渡来僧・鎌倉建長寺の蘭渓道隆(1213-1278)が日本に伝えたといわれている。
 滝の水は、龍の形に造られたという上池(曹源池)に注がれている。この曹源とは、「曹源一滴水」、正しい源から流れ出る真実の禅の意味という。自然の森を背景とし、中央の鶴島に立石(1.2m)が据えられ、蓬莱石となる。また、その右手に亀島も造られている。また、東の出島は鶴島遺構ともいう。さらに下池には、心字池ではなく心字島が造られ、3つの中島と出島で「心の字」を描いているという。池ではなく島の例は珍しい例とされている。
 方丈前庭(名勝)は、江戸時代の茶人、建築家、作庭家・小堀遠州(1579-1647)による枯山水式庭園となっている。
◆文化財 方丈に安置の南北朝時代初期(鎌倉時代とも)とみられる「亀山法皇坐像」(重文)は、法衣姿、剃髪し、禅定印姿であり、禅僧、頂相の天皇像の彫像としては初例とされている。
 鎌倉時代の「一山一寧坐像」(重文)、亀山法皇の宸筆(しんぴつ)。
 方丈襖絵は江戸時代の狩野探幽(1602-1674)は甥・養朴(常信、1636-1713)とその子・如川(周信、1660-1728)、随川(?-1745)による「雲龍図」。
 小方丈の襖絵は室町時代の絵師・狩野元信(1476?-1559)、狩野永徳(1543-1590)、江戸時代の狩野探曲(1829-1866)による。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『古寺巡礼 京都 24 南禅寺』『旧版 古寺巡礼京都 12 南禅寺』『事典 日本の名僧』『庭を読み解く』『京都の寺社505を歩く 上』『京の茶室 東山編』『禅僧とめぐる京の名庭』『京都 四季の庭園』『週刊 日本庭園をゆく 8 京都洛東の名庭 2 南禅寺 平安神宮 無鄰庵』『週刊 仏教新発見 26 南禅寺 天龍寺』『仏像めぐりの旅 4 京都 洛中・東山』『京都 四季の庭園』『週刊 京都を歩く 10 南禅寺周辺』『週刊 日本庭園をゆく 28 夢窓国師の庭』


  関連・周辺南禅寺       関連・周辺金地院〔南禅寺〕       関連・周辺天授庵〔南禅寺〕         関連・周辺最勝院〔南禅寺〕        関連・周辺光雲寺〔南禅寺〕       関連・周辺大寧軒〔南禅寺〕       関連        周辺            

亀山天皇分骨所、法皇の遺言により分骨埋葬された御陵。

茶室「龍淵窟」

狩野派の襖絵

方丈西の枯山水の庭

方丈南の池泉廻遊式庭園

鎌倉時代、第3世住持だった一山国師塔。宋よりの渡来僧で一山一寧(いっさんいちねい、1247-1317)禅師とも呼ばれた。1299年に来日、建長寺、円覚寺住持、1313年に南禅寺住持となる。 
南禅院  〒606-0000 京都市左京区南禅寺福地町  075-771-0365   8:40-17:00  8:40-16:30(12月-2月)
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光