諸羽神社・四宮 (京都市山科区) 
Moroha-jinja Shrine
諸羽神社・四宮 諸羽神社・四宮 
50音索引  Home 50音索引  Home





さわり石、願い事がかなうという。



 山科の諸羽神社(もろは じんじゃ)は、『平家物語』にも登場する諸羽山(柳山、やまぎやま)南西麓にある。境内は、平安時代の人康(さねやす)親王の山荘跡という。親王に因み「四の(ノ)宮」「四宮社」とも呼ばれる。古くより、四宮、安朱、竹鼻地域の産土神(うぶすなのかみ)として信仰されてきた。 
 祭神は天児屋根命(あめのこやね)、天太玉命(あめのふとたま)、応神天皇(おうじんてんのう)、脇殿中央に八幡宮、左に伊奘諾尊(いざなぎのみこと)、右に素戔鳴尊(すさのおのみこと)、若宮八幡など六柱を祀る。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 平安時代、862年、第56代・清和天皇の勅により社殿が造営された。二神が天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊を左右から補佐したことにより、「両羽大明神」と改称された。裏山も両羽山と改められている。
 室町時代、永正年間(1504-1521)、さらに4柱が合祀され「諸羽」と改称された。
 応仁・文明の乱(1467-1477)で焼失、その後、再建された。
 江戸時代、明和年間(1764-1772) の大火で焼失した。
 1768年、現在の社殿が再建される。
◆人康親王 平安時代前期の皇族・人康親王(さねやす/ひとやす しんのう、831-872)。第54代・仁明天皇の第4皇子、848年、四品、上総、常陸国の太守、弾正台の長官を歴任した。859年、高熱により両目を失明し、宮中より追われる。山科御所を営み隠棲し、出家、法性と号した。親王は、弾正尹兼常陸太守となったものの、両目を失明後出家し、この地、四ノ宮に隠棲した。琵琶の名手とされ、盲人を集め、琵琶や管絃、詩歌を教えたという。親王没後、仕えていた人々に、「検校」「勾当」という「盲官」の位が与えられた。さらに、僧職に就いた者は「法師」と呼ばれた。検校たちは、親王を祖神と仰ぎ、当地や、四条河原での積塔会(しゃくとうえ)などで、毎年先祖供養の祭祀を行っていた。
 「四宮」の地名は、親王が第4皇子とされることに由来するともいう。親王は『伊勢物語」78段に、「山科の禅師親王」として登場する。親王は唐から伝えられた琵琶を習い、その名手とされた。鎌倉時代、室町時代の琵琶法師には、始祖「雨夜尊」、「天夜尊」と崇められた。
◆社号 諸羽神社の社号は、天孫降臨の神話中、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の左右に従った天児屋根命、天太玉命に因んでいるという。二神は、禁裏御料地の山階(やましな)郷柳山に降臨し、揚柳(ようりゅう)大明神と称したという。
◆遺跡 境内の付近はかつて河原だったという。(『山州名跡志』)。四ノ宮河原(袖河原)と呼ばれた。平安時代末には市が立ったという。南北朝時代以降、要所のため関が設けられ、関銭が徴取されていた。現在、河原は残っていない。
 境内の本殿の西北に、「琵琶石」といわれる石がある。人康親王の山荘の跡にあったものを移したと伝えられている。親王はこの石に坐って琵琶を弾いたとされる。
 四宮地蔵(四ノ宮泉水町)にも親王の供養塔がある。
◆四宮 地名の四宮(しのみや)の由来について、第54代・仁明天皇の第4皇子・人康親王に因むとされ、四宮にいくつかの伝承が残る。
 琵琶の名手といわれた盲目の蝉丸もまた、延喜帝(第60代・醍醐天皇)の四宮とされ、地名の由来になったという。逢坂の関に伝承がある。
◆樹木 エノキがある。
◆年間行事 祭礼(山科祭、神輿渡御がある。)(10月第3日曜日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都の歴史玄関 やましな盆地』『京都の地名検証』『京都の寺社505を歩く 下』『京都大事典』『京都 神社と寺院の森』『四ノ宮琵琶 縁奏会』


  関連・周辺山科地蔵(徳林庵)      関連・周辺十禅寺      関連・周辺四宮大明神(琵琶・琴元祖四宮大明神)      周辺      関連     


拝殿

拝所

弊殿

本殿

本殿

本殿、彩色の手狭、木鼻

本殿

末社、天満宮、稲荷社

磐坐

琵琶石

神水

神水

神水

ご神木の古株

ご神木の古株

手水舎

「雪散らし 一鳥翔ち志  あとの宮」

【参照】「この附近 人康親王山荘跡」の碑、人康親王(さねやすしんのう、831-872)。


人康親王山荘跡
 諸羽神社 〒607-8043 京都市山科区四ノ宮中在寺町17  075-581-0269
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光