高麗寺跡 (木津川市) 
ruins of Koma-dera Temple
高麗寺跡 高麗寺跡
50音索引  Home 50音索引  Home

「史蹟 高麗寺址」の石標


「高麗寺遺跡」の石標


窪地の礎石


礎石


礎石



高麗寺概略図



盛土

 木津川流れる山城町上狛(かみこま)の台地、棚田の中に、府内最古の古代寺院であり、国内最大級の寺院だった高麗寺(こまでら)跡(飛鳥時代創鷺国史跡)がある。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 飛鳥時代、6世紀(501-600)末、渡来僧(高麗僧)の恵弁(恵使)により創建されたとの伝承がある。
 570年、高句麗の使者を「山背の高麗館」「相楽の館」(場所は特定されていない)に入れたと記されている。(『日本書紀』同年条)
 7世紀(601-700)初頭に創建されたとみられている。
 白鳳時代(645-710)、660年代とも、伽藍整備が行われ、全盛期となる。金堂、塔、講堂、中門が建ち並び、回廊で繋がれていた。
 奈良時代、天平期(729-749)、すでに存在していたと推定されている。
 8世紀(701-800)半、高麗寺の僧・宋常の名がある。俗人と碁を打ったという。(『日本霊異記』、9世紀初頭)
 平安時代末、12世紀(1101-1200)頃まで存在したとみられている。後世に繰り返された再建と修造の痕跡がある。
 近代、1934年、郷土史家・中津川保一により高麗寺瓦窯跡が発見される。
 1938年以来、本格的な発掘調査が行われる。
 1940年、国指定史跡に指定された。
 現代、1984年より、5か年の発掘調査が行われる。
 2009年、溝より大量の土器(12世紀末-13世紀初頭)が発掘され、寺が鎌倉時代初めまで存在していた可能性があるという。
◆宋常 奈良時代の僧・宋常(生没年不詳)。播磨国の増位寺の僧だったという。743年、内裏で大般若経を読誦し、その後、高麗寺に移り戻らなかったという。(『播磨増位山随願寺集記』)。『日本霊異記』中には、山背の国相楽郡の高麗寺僧・宋常は、法華経を誦持する僧として記されている。天平年間(729-749)に、白衣(びゃくえ、俗人)と碁を打つ逸話が記されている。
◆中津川保一 現代の郷土史家・中津川保一は、1934年、高麗寺瓦窯跡が発見し、本格的な学術調査の契機となる。塔の心柱の礎石も発見した。山城国一揆研究でも知られ、1953年、城南郷土史研究会を結成、1954年、5人の会員で「共同研究山城一揆」を発表した。
◆高句麗・高麗寺・狛 高麗寺の名は、奈良時代の『日本書紀』、平安時代初期の説話集『日本霊異記』、平安時代後期の説話集『今昔物語集』などにも登場するという。これらには、「高麗寺の渡来僧栄常」にまつわる記述がある。
 扶余系民族国家・高句麗(こうくり)は、現在の北朝鮮、中国東北地方にBC37頃-668年に存在した。当時の日本は、すでに高句麗との国交があった。高麗寺は、この高句麗からの渡来系氏族・狛(こま、高麗)氏の氏寺だったとみられている。次期は、第29代・欽明天皇(在位540-571)頃ともいう。狛氏は、南山城(相楽七郷中の大狛郷)周辺に居住していたとみられ、奈良時代には、狛造、狛部、狛人などの氏族名があった。(『和名類聚抄』)。
 現在も上狛(かみこま)、下狛(しもこま)の地名が残っている。
◆発掘 寺域は一辺が約200mの規模だったという。近代、明治期(1868-1912)には、まだ寺院跡の礎石が残されていたという。その後1938年以来、6回の発掘調査が続けられている。
 今までに、塔(基壇一辺12.4m、高さ0.7m)、金堂(基壇規模東西16m、南北13.4m、建物5間4間)、講堂(東西23.7m、南北13.4m)、中門跡などが見つかっている。伽藍を取り囲んだ回廊は、ほぼ正方形で、一辺が南北200尺(唐尺)、東西201尺の規模だったとみられている。 
 金堂が西、塔が隣接して東に建ち、周りを回廊により囲まれた「法起寺式伽藍配置」になっていた。北辺回廊の北の中央に講堂があり、南の南面回廊の西寄りに中門、さらにその南に南門が繋がっていた。この金堂、南門、中門が南北に一直線に並ぶ形式は、川原寺式伽藍配置から法起寺式伽藍配置へ変わる最初の例という。
 塔、金堂、講堂の基礎は、白鳳時代(645-710)の築造といわれている。瓦を積み上げ外装(化粧)とした瓦積基壇上に築かれた。内側は石積化粧であり二重の基壇化粧で、周囲は石敷されていた。南辺には築地塀跡も見つかり、7世紀の寺院としては最初の例になるという。
 2007年の発掘調査では、塔相輪最上部の水煙を、心柱に取り付けていた銅製金具・擦管(さっかん)が発見された。表面に金色の鍍金が施され、当時としては高度な技術を誇っていた。
 創建時には、蘇我馬子による596年創建の飛烏寺(奈良県明日香村)と同じ(同笵)軒瓦が使われたという。これは瓦笵(がばん)といわれる瓦の型が同じものを用いていた。また、その後の造営では、7世紀(601-700)半、第38代・天智天皇の創建とみられる川原寺(奈良県明日香村)と同じ軒瓦が使われた。また、観音菩薩像を陰刻した平瓦も見つかっている。瓦は寺の近く南東部の瓦窯3基で製造されていたとみられている。また、金具も製造されていた。
◆狛山 高麗寺の北に狛山(こま)丘陵がある。「狛山に啼くほととぎす泉河(木津川)渡りを遠み此処に通はず」(万葉集)と詠まれている。
 丘陵地には古墳が多く存在する。大塚山古墳(椿井)には最古の前方後円墳がある。1953年に中国製銅鏡が出土した。この中には、三角縁神獣鏡33面が含まれていた。
 

*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『日本の古代遺跡28 京都Ⅱ』『京都・山城寺院神社大事典』『南山城の古寺』『相楽歴史散歩』『京都の地名検証』  

 
  関連・周辺蟹満寺      関連・周辺光明山寺跡       周辺恭仁宮跡(山城国分寺跡)        関連樫原廃寺跡          

【参照】瓦積基壇、樫原廃寺跡

【参照】「上狛」の地名
 高麗寺跡 木津川市山城町上狛高麗寺森ノ前
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光