上品蓮台寺 (京都市北区)
Jobonrendai-ji Temple
上品蓮台寺 上品蓮台寺
  Home   Home

























仏師・定朝の墓


源賴光朝臣(あそん)塚
 平安時代以来、蓮台野(れんだいの)は墓所として知られていた。「五三昧」のひとつといわれ、三昧とは火屋、火葬場のことを意味し、周辺には墓地なども散在していた。 
 かつての葬送地にある上品蓮台寺 (じょうぼんれんだいじ)は、九品三昧(くぼんさんまい)院、十二坊 とも呼ばれた。山号は蓮華金宝山という。
 真言宗智山派。本尊は延命地蔵菩薩像。
 洛陽四十八願所地蔵めぐり(京都四十八願寺)の第17番札所、札所本尊は天神同体地蔵。
◆歴史年表 創建の詳細、変遷は不明。
 
飛鳥時代
、開基の厩戸王(うまやどのおう、聖徳太子、574-622)が、母・間人(はしひと)皇后の菩提寺として建立したという。当初は香隆寺(こうりゅうじ)と称したともいう。(寺伝)
 平安時代、960年、第59代・宇多法皇の勅願により、東寺長者・寛空(かんくう)が再建した。北山に一堂を建て、上品蓮台寺と寺名を改めたという。寛空は亡き両親のために供養を行う。(寺伝、『本朝文書』中「蓮台寺供養願文」)。また、同年、「権僧正観空、供養北山蓮台寺」とある。(「日本紀略」)
 また、971年、寛空は蓮台寺の充実整備を行い、第62代・村上天皇の御願による香隆寺になった。当時は広大な寺域を有した大寺院だったという。
 987年、奝然(ちょうねん)は、宋より持ち帰った摺本一切経論、白檀釈迦像(後の清凉寺本尊)を当寺に安置する。藤原実資が『小右記』に著す。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により焼失する。
 安土・桃山時代、文禄年間(1592-1596)、紀州・根来寺の性盛(しょうせい)により復興された。当寺と12子院が建立されたことから「十二坊」「千本十二坊」とも呼ばれた。豊臣秀吉の援助を得る。
 江戸時代、寛文年間(1661-1673)、天神同体地蔵は、第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵以外の48か寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所の霊場のひとつになる。
 近代、上知により寺領を失い、子院も3院に減じる。
◆寛空 平安時代中期の真言宗の僧・寛空(かんくう、884-972)。京都、河内国に生まれたともいう。蓮台寺僧正・香隆寺僧正とも称された。宇多法皇(第59代)の侍童の後、出家して法皇、真言宗の神日から法を継ぐ。945年、権律師、東寺長者、金剛峯寺座主、仁和寺別当、同寺法務を歴任した。964年、僧正となる。生涯に孔雀経法を8回修し、霊験で知られた。
◆奝然 平安時代中期の僧・奝然(ちょうねん、938-1016)。法済大師。秦氏で京都に生まれた。奈良・東大寺、近江国・石山寺の元杲に学ぶ。959年、東大寺で受戒する。983年、宋に渡り、天台山、五台山清凉寺などを訪れた。寺を愛宕山に遷すことを決意する。太宗に謁見し、大師号を贈られた。三国伝来という栴檀釈迦瑞像摸像、新印大蔵経などを携え、986年、帰国した。987年、法橋に任じられる。989年から3年間、東大寺別当に就く。清凉寺建立には反対があり、果たせずに亡 くなる。
◆玉依 奈良時代末-平安時代初期の空海の母・玉依(生没年不詳)。讃岐国の渡来系氏族、阿刀宿禰真足の娘で、佐伯直田公の妻。阿古屋御前、あこう御前、玉依御前とも呼ぶ。
 貧窮した人々を助けたという。女人禁制の高野山山麓の慈尊院に住み、没後は廟所にしたという。
◆性盛 室町時代-江戸時代の真言宗の僧・性盛(しょうせい、1537-1609)。尾張に生まれた。信濃・万徳寺で灌頂を受け、紀伊・根来寺の玄誉に師事、東大寺、興福寺、園城寺で学び、京都の清閑寺、蓮台寺を復興した。1604年、徳川家康の命により長谷寺2世となった。
◆後藤祐乗 室町時代の金工家・後藤 祐乗(ごとう ゆうじょう、1440-1512)。美濃国の生まれ。後藤基綱の子。将軍・足利義政側近の軍士として仕え、辞して装剣金工に転じる。足利家より近江国坂本本郷内に300町を支給され、第102代・後花園天皇の時、法印の勅許を受けた。作品に自署有銘のものはない。装剣金工・後藤四郎兵衛家の祖。蓮台寺に葬られたという。
◆香隆寺 かつて香隆寺(こうりゅうじ)とも呼ばれたという。寛空が当寺に隣接していた香隆寺を兼帯していた。後に当寺に併合になる。
◆仏像・仏画 平安時代中期、東大寺の僧・奝然(ちょうねん、938-1016)が、宋から持ち帰った「釈迦如来立像(嵯峨の釈迦、生身如来)」は、987年、上品蓮台寺に一時安置されている。奝然没後、清凉寺建立にともない遷された。
◆文化財 第62代・村上天皇勅額。
 奈良時代の紙本著色「絵因果経(えいんがきょう)」(国宝)は、京都国立博物館保管。
 鎌倉時代の絹本著色「文殊菩薩画像」(重文)は、大阪市立美術館保管。
 鎌倉時代の絹本著色「六地蔵像」(重文)(100×40㎝)は、飛雲に乗った六地蔵が六道各道に向かう様を描く。京都国立博物館保管。
◆阿刀氏塔 「阿刀(あとし)氏塔」は、高さは約2.5mの五輪石塔で、空海(774-835)の母の墓とされる。石塔の前で、病人が身に触れた衣服を祈祷して焼き、その灰を飲むと病が全快したという。
 阿刀氏は、平安時代前期の学者・阿刀大足(あと の おおたり)の姉妹とされる。
◆蜘蛛塚 境内に「源頼光朝臣塚(蜘蛛塚)」がある。
 伝承がある。平安時代、武将・源頼光(948-1021)は、病にかかり高熱に苦しむ。夢枕に背丈が7尺(2.1m)もある僧が現れた。僧は蜘蛛のように地を這い、口から糸を吐き頼光を襲う。頼光が、名剣・膝丸(蜘蛛切り)で立ち向かうと僧は逃げた。駆け付けた四天王(渡辺綱、卜部季武、碓井貞光、坂田金時)らは、僧の残した血痕を追う。やがて古い塚に辿り着いた。清和院前の大石(2m)の下に穴があり、身の丈4尺(1.2m)の大蜘蛛が這い出してきた。蜘蛛は5人の武将により切り刻まれ、鉄串に串刺しにされる。その後、頼光の病は平癒したという。(『平家物語』「剣の巻」)
 四天王が辿った血痕は、「北野のうしろ」で途切れ、ここに土蜘蛛の巣跡という塚があったという。それは、上品蓮台寺の境内だったという。また、この地で退治された土蜘蛛が埋められた「蜘蛛塚」ともいう。『土蜘蛛草子』では、土蜘蛛は神楽岡で退治される。
 塚は、かつて千本鞍馬口西入にあった。昭和期(1926-1989)初め、1932年までに現在地に移されたともいう。
◆蓮台野 蓮台野(れんだいの)は、京都の葬送地の一つとして知られた。船岡山西麓から紙屋川付近をいう。蓮台とは「蓮華の台」であり、「極楽往生する人の乗る台(葬送地)」を意味した。
 逸話がある。比叡山の僧が、夜になると僧坊を抜け出して山を下りていく。怪しんだ者があり、僧の跡をつけると蓮台野に向かった。葬送地には、累々と遺骸が横たわっていた。僧は、遺体が腐敗し、白骨と化した様を見ては落涙していたという。(『閑居友』)
◆花暦 サクラの名所としても知られている。染井吉野、枝垂桜、山桜などが植えられている。
 紫陽花、芙蓉、百日紅、蓮、秋明菊なども見られる。
◆墓 平安時代後期の仏師・定朝の墓といわれる石塔(2m)が立つ。子院・照明院より遷されたという。題目笠塔婆に「日本仏師開山常朝法印康□」と記されている。
 平安時代、酒呑童子退治で知られる源頼光の墓と伝えられる「源頼光朝臣塚」がある。
 鎌倉時代の空海の母の塔という阿刀氏塔が立つ。
 塔頭・普門院墓地に江戸時代の国学者・富士谷成章(1738-1779)、室町時代の金工・後藤祐乗(1440-1512)、江戸時代の医師・後藤艮山(養庵、1659-1733)の墓などがある。
 また、頼光にこの地で退治されたという土蜘蛛が埋められた「蜘蛛塚」もある。
 塔頭・宝泉院墓地に、女科医・北小路家(9代・貞種-19代・貞方)の墓碑がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都府の歴史散歩 上』『古都歩きの愉しみ』 『旧版 京のお地蔵さん』『日本の美をめぐる 48 地蔵草紙と飢餓草紙』『日本美術全集 7 浄土教の美術』『史跡探訪 京の七口』『京都まちかど遺産めぐり』『京都の寺社505を歩く 下』『京都の地名検証』


   
千本閻魔堂(引接寺)    富士谷成章・後藤祐乗の墓所    周辺       東向観音寺       清凉寺       真如堂(真正極楽寺)      阿刀神社       

阿刀(あとし)氏塔

宝篋印塔
 上品蓮台寺 〒603-8303 京都市北区紫野十二坊町33-1  075-461-2239
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光