日吉神社 (京都市左京区) 
Hiyoshi-jinja Shrine
日吉神社 日吉神社
50音索引  Home 50音索引  Home




 真如堂の東に位置し、換骨堂(元真如堂)の南に隣接するする日吉神社(ひよし じんじゃ)は、真如堂の鎮守社として置かれた。
 日吉山王、国常立尊(くにのとこたちのかみ)の二神を祀る。 
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 平安時代、この地には、東三條院の宮(962-1002)の御所「女院離宮」があった。
 東三条院の宮、藤原詮子(ふじわら の せんし、あきこ、962-1002)は、第64代・円融天皇女御であり、第66代・一条天皇の母で、院号は東三条院と称した。
 984年(994とも)、比叡山の戒算(かいさん、963‐1053)が、延暦寺常行堂に安置の阿弥陀如来像を女院離宮に移して、真如堂(現在の換骨堂・元真如堂の地)が開創されたという。請願は、東三条院の宮による。
 992年に、離宮は寺に改められた。
 鎌倉時代、比叡山の守護神、日吉神を山王権現としてこの地に勧請された。以後、真如堂村の氏神として祀られた。日吉神は、平安時代末期より、魔除けの神、「日吉の摩去る」(魔猿、まさる)として信仰を集めていた。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)以後、真如堂本尊が各地を移転する間も、日吉神社はこの地を離れることなく、地主神として崇敬を集めた。
 近代、神仏分離令(1868)後、換骨堂(元真如堂)、真如堂から離される。
◆神像 神仏分離令(1868)後の廃仏毀釈により、神殿に神像が秘蔵されていた。1971年の調査により、神仏習合時代の神像は、日吉(ひえ)山王七社のうちの十禅師(じゅうぜんし)で本地仏(ほんじぶつ)の、桧一木造極彩色立像の地蔵菩薩と判明した。
 日吉山王七社権現のひとつ十禅師とは、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を権現とした。国常立尊(くにのとこたちのみこと)から数えて第10の神であり、地蔵菩薩の垂迹(すいじゃく)とされている。
 垂迹は、本地垂迹説に基づき、人々の救済のために、仮に神の姿をして現れた仏・菩薩とされている。本地仏も、神の本来の姿の仏・菩薩をいう。 


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』


  関連・周辺換骨堂(元真如堂)      関連・周辺真如堂      関連      周辺        


稲荷大明神

境内から西の景観、山は大文字山
 日吉神社 〒606-8414 京都市左京区浄土寺真如堂町53 
  Home     Home  
     © 2006- Kyotofukoh,京都風光