白山神社 (木津川市) 
Hakusan-jinja Shrine 
白山神社  白山神社
50音索引  Home 50音索引  Home



参道の石段は、岩船寺の参道右手(西)にある。

 岩船寺の北西に隣接して、かつては、寺院の鎮守社だった白山神社(はくさん じんじゃ)がある。
 地域の産土神として祀られている。
◆歴史年表 奈良時代、749年、歌人・下級官吏であったという柿本人麻呂により、創建されたという。
 奈良時代の渡来系僧・行基(668-749)により遷宮されたという。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、岩船寺から分離された。
◆白山信仰 岩船寺周辺の山は、霊場として山岳信仰の拠点となっていたともいう。
 境内の背後には、貝吹山(かいふきやま)があり、貝吹岩と呼ばれる大岩がある。寺が隆盛であった頃には、一山の僧侶を集めるために、法螺貝を吹いた場所といわれている。
 白山信仰は、山そのものを神とみなし、神仏混淆の白山大権現を仰いだ。修験道の教えは、仏教も守護するという信仰だった。
◆建築 一間社、春日造、檜皮葺の二社が建つ。春日造は、奈良時代中期に成立し、春日大社にみられる様式で、切妻、平入り、正面柱間は1間で、棟には置千木と堅魚木(かつおぎ)がある。
 左に白山神社(重文)、右に摂社・春日神社(府指定文化財)が鎮座している。
◆宮座 宮座が残されている。宮座とは、氏神の社の祭祀に関わる組織で、神職も輪番で務めた。
 この地域の「八人衆」は、終身制であり、1名により、一年交代で宮守をしている。
 かつては、籠堂があり、神事「風の祈祷」が行われていたという。
◆年間行事 秋祭(10月16日)では、「おかげ踊り」が奉じられている。老若男女が、音頭、太鼓、鉦、笛にあわせて、御幣を振り掲げ、輪になって踊る。
 江戸時代、伊勢講により、伊勢神宮へ踊りながら参宮した名残ともいう。当時は、山城地方で流行していたという。 
 その後、廃していたが、1967年より「おかげ踊り保存会」により復興されている。府の民俗文化財指定を受けている。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』


   関連・周辺岩船寺     周辺浄瑠璃寺     関連        

左に白山神社、右に春日神社
白山神社 〒619-1133 木津川市加茂町岩船上ノ門  
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp