勝龍寺 (長岡京市)
Shoryu-ji Temple
勝龍寺 勝龍寺 
50音索引  Home 50音索引  Home








 長岡京市の住宅地にある勝龍寺(しょうりゅうじ)は、号は恵解山(えげさん)という。 
 真言三宝宗。本尊は十一面観音。
 京都洛西三十三ヵ所観音第14番札所。日本ぼけ封じ三十三ヶ所霊場第3番霊場、ぼけ封じ近畿十楽観音霊場第3霊場。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、806年、空海(弘法大師)が開基ともいう。当初の「青龍寺」の寺名は、空海が学んだ唐(現在の中国西安市)の青龍寺に由来したという。当時は、観音堂を始め99坊の堂宇が林立していたという。
 962年、大干ばつ、飢饉の折、第62代・村上天皇の命により、住職・千観(せんかん)上人の雨乞いの祈祷が行われた。雨が降り、龍神に勝ったということから「勝龍寺」と改名されともいう。
 室町時代、1336年、焼失している。境内が勝龍寺城に隣接していたため、たびたび焼失した。
 安土・桃山時代、1582年、羽柴秀吉と明智光秀の山崎の戦いで焼失している。
 現在の寺は、専勝坊の法灯を継いでいるという。
 江戸時代、1634年、徳川家光が参詣した。
◆空海 平安時代の真言宗の開祖・空海(くうかい、774-835)。弘法大師。讃岐国に生まれた。父は豪族の佐伯田公(義通)、母は阿刀氏。788年、15歳で上京し、母方の叔父・阿刀大足に師事し儒学を学ぶ。791年、18歳で大学明経科に入るが、中途で退学し私渡僧(しどそう)として山岳修行を始め四国の大滝岳や室戸崎などで山林修行した。797年、『聾瞽指帰(ろうこしいき)』を著す。798年、槙尾山寺で沙弥となり、教海と称する。804年、東大寺戒壇院で具足戒を受ける。遣唐使留学僧として唐へ渡り、805年、長安・青竜寺の恵果(けいか)により両界、伝法阿闍梨の灌頂を受ける。806年、当初の20年の義務期間を2年に短縮して帰国、多くの経典、密教法具などを持ち帰る。入京できず大宰府・観音寺に住した。809年、入京を許される。810年、高雄山寺(神護寺)を経て、811年、乙訓寺に移り、約1年間任に当たった。別当になる。812年、乙訓寺を訪れた天台宗開祖・最澄は、空海と会っている。その後、空海は高雄山で最澄らに金剛界結界灌頂を行った。後、二人は決裂し、断絶する。813年、東大寺別当、819年頃/818年、高野山を開く。822年、東大寺に灌頂道場(真言院)を開く。823年東寺を真言密教の道場にした。824年、高雄山寺を神護寺と改名する。神泉苑で祈雨の修法を行う。827年、大僧都となる。828年、綜芸種智院を創立した。832年、高野山で万灯会、834年正月、宮中中務省で後七日御修法を営む。830年、『秘密曼荼羅十住心論』を著す。高野山で亡くなり、東峰に葬られた。
◆仏像 本尊は鎌倉時代の「十一面観音」(重文、京都国立博物館)、ほかに鎌倉時代の「聖観音立像」、「十一面観音立像」、「二天王立像(持国天像、多聞天像)」はいずれも長岡京市指定文化財。ほかに、「ぼけ封じ観音」など。
◆鐘 当寺にあった鎌倉時代、1319年鋳造の銘がある梵鐘は、その後持ち出されたという。現在は真如寺(大阪府能勢町)に現存し、大阪府指定文化財になっている。
◆年間行事 観音大祭(8月18日)、ガラシャ祭(11月第日曜日)。本尊が開帳されている。


*年間行事の中止・日時変更、拝観中止・時間変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『日本の名僧』


  関連・周辺       周辺勝龍寺城・勝竜寺城公園(長岡京市)       関連               

鐘楼

修行大師像

勧請縄、本堂に掲げられている。毎年、1月第2日曜に掛け替えられる。
 勝龍寺 〒617-0836 長岡京市勝竜寺19-25   075-951-6906
50音索引  Home   50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光