三宝寺 (京都市右京区) 
Sampo-ji Temple
三宝寺  三宝寺
50音索引  Home 50音索引  Home



冠木門(かぶきもん)の山門









本堂


本堂扁額「金映山」


本堂、日蓮、日朗、日像の三菩薩、三宝尊、鬼子母神、大黒尊天が祀られている。


本堂


庫裏




浄行堂、煩悩、けがれ、罪障を洗い流す浄行菩薩を安置する。水大の徳を持ち、水子供養の「水かけ地蔵様」ともいわれている。 





妙見宮への参道
 鳴滝より周山街道(国道162号線)を外れ、北西への坂道を登りつめると白砂(しらすな)山中腹に三宝寺(さんぽうじ、三寶寺)はある。正式には「日蓮宗中本山三寶寺」とも呼ばれている。山号は金映山という。
 日蓮宗、本尊は釈迦如来。 
 洛陽十二支妙見めぐりの11番、戌(西北西)、「鳴滝の妙見さん」とも呼ばれている。
◆歴史年表 江戸時代、1628年、1627年、1629年とも、右大臣・菊帝(今出川)経季(つねすえ)、中納言・今城(冷泉、中山)為尚(ためひさ)が、中正院日護に帰依を受け、日護を開山として建立された。以後、両家の菩提寺になる。
 1631年、第108代・後水尾天皇の内旨(ないし、朝廷からの内々の沙汰)を受け、「金映山妙護国院三寳寺」の号を贈られる。この年に開山ともいう。
 1637年、2世・日英が継ぐ。その後、3世・日逞が引き継ぎ、最盛期には、塔頭寺院は12(13とも)を数えた。
 1652年、茶人・山田宗徧(やまだ そうへん)は、千宗旦より皆伝を受け、境内に四方庵を営む。
 幕末、維新の変動により一時衰微、荒廃した。
 近代、1929年、第124代・昭和天皇の即位式の建物の一棟が移築され本堂になった。
 現代、1981年、宗祖日蓮大聖人七百遠忌の際に、増改築、修理などが施されている。
◆中正院日護 江戸時代の僧・仏師の中正院日護(生没年不詳)。中正日護。36歳の時、壇林を辞し、諸国遍歴、41歳で霊夢により彫刻を始めた。生涯に一万の仏を刻んだという。1637年、西賀茂に隠棲し、一坪の移動可能な庵「蝸室」に住し、法華経と刻刀のみで造仏を続けたという。このため、蝸牛法師と呼ばれた。一糸文守とも親交があった。
 三宝寺の本尊、一千体仏などを造仏した。また、深草・瑞光寺の本尊・釈迦如来座像も日護作で、胎内に法華経一巻、五臓六腑を形作ったものが納められている。ほかに、本圀寺、妙顕寺、身延山、本遠寺にもある。
◆水口市松 幕末の新撰組隊士・水口市松(みずぐち  いちまつ、1824?-1868)。藤田兵助忠善の子。若狭藩側用人、伊勢津藩士、津藩藤堂家より脱藩し、京都の医師・水口家の養子になる。1864年、新撰組入隊、六番組に所属。1866年、三条制札事件で原田左之助の七番組に所属し奮戦、褒賞金を賜る。1867年、幕臣取立で見廻組御雇の格を得る。1868年、鳥羽・伏見の戦いで銃撃により淀で戦死した。境内に墓がある。
◆山田宗徧 江戸時代中期の茶人・山田宗徧(やまだ そうへん、1627-1708)。宗円、周学(しゅうがく)、周覚。長徳寺4世・明覚(みょうかく)の子、母は山田監物(松江藩主・堀尾忠晴重臣)の娘。寺を継ぐ。その後、茶道を志し還俗、小堀遠州に入門した。1644年、18歳の時、千宗旦に弟子入り。1652年、皆伝を受け、鳴滝・三宝寺に四方庵を営む。宗旦から千利休伝来の「四方釜」を譲られた。大徳寺・翠厳和尚から「四方庵」の茶号を贈られた。1655年、宗旦の推挙で、三河国吉田藩・小笠原忠知の茶頭となり、「不審庵」「今日庵」「力囲斎(りきいさい)」の号を与えられる。同藩4代に仕え、臨済寺で参禅得道、「栽松庵」を設けた。飯村、小坂井に大名接待の茶屋を設けた。1697年、吉田より江戸・本所に移り、宗徧流茶道を興した。宗旦弟子・吉良上野介義央の茶事指南になる。播州赤穂浪士・大高源五(変名・脇屋新兵衛)が宗徧に弟子に入り、宗徧より吉良邸での茶会の日を聞き、1702年、赤穂浪士は討入を決行した。宗旦四天王の随一。江戸で死去した。著『茶道便蒙(べんもう)抄』など。
◆仏像木像 開山の日護は彫刻に長じていた。本堂には、日護作の「釈迦如来」、「多宝如来」、「日蓮大聖人、「子育鬼子母神」、そのほか日蓮、日朗、日像の御真骨を祀る。
 妙見堂の本尊「北辰妙見大菩薩」、千躰佛釈迦堂の中央に祀られている「六尺坐像、周囲の三寸立像の「釈迦仏千体」、「世継ぎの釈迦仏」、三十番神堂の「三十神」、「加茂大明神」も二体も日護作という。
 大黒堂に祀られている福徳神の「三面三宝(みたから)大黒福寿尊天」は、平安時代の天台宗開祖・伝教大師(最澄)作という。鎌倉時代の日蓮が比叡山遊学の際に、開眼入魂した三面六臂の秘仏とされる。60年に一度の甲子の年に開帳されている。大黒尊天初講会(1月17日)では、本堂で出開帳する。
◆満願妙見宮 境内の東にある小高い山の中腹に、満願妙見宮がある。寺が開かれた時以来祀られており、日護作という北辰妙見大菩薩を安置する。菩薩は、運気、寿福、方位を司る神という。
 江戸時代初期には、「洛陽十二支妙見」の「戌の妙見宮」、また、「鳴滝の妙見さん」と親しまれた。厄除、招福、戌歳生まれの人の祈願所、安産の御加護があるとされ、関西一円に知られていた。講社も10数社を数えたという。最盛期の江戸時代、天保年間(1830-1843)には社殿なども整えられたという。
 幕末、近代以降の混乱、1868年の神仏分離令後の廃仏毀釈などにより衰微した。1972年に宮殿が再建された。1986年に「洛陽十二支妙見」が200年ぶりに再興されている。
◆茶道宗徧流 江戸時代前期の茶道宗徧流の流祖山田宗徧(1627-1708)は、京都に生まれた。長徳寺の住職の子として、僧職に就くが、還俗して茶道を志す。小堀遠州、千宗旦に学び、宗旦四天王のひとりとされる。1652年、当寺の東谷の塔頭「凉池院」に住し、茶室を建てた。宗旦から千利休伝来の「四方釜」を譲られ、大徳寺・翠厳和尚から「四方庵」の茶号を贈られる。1655年、三河・吉田藩主・小笠原家の茶頭となる。1697年、職を辞し、江戸本所で宗偏流を開いた。
 現在、「四方庵」旧跡には、十世山田宗偏家元により立てられた記念碑のみがある。大黒尊天初講会(1月17日)では、宗徧流の献茶、茶室「松宝庵」ではお茶席の接待が行われる。
◆文化財 中山日護の編集という「三宝寺御書(宗祖遺文録外御書)」、日護が常に持参したものであるという。
◆墓 江戸時代、第120代・仁孝天皇(1800-1846)、掌侍(ないしのじょう、宮中女官)・今城(女+春)子の第5皇子・常寂光院宮(1832)の墓が境内墓地にある。
 妙見宮の参道脇に、豊臣秀頼、淀君、国松丸の供養塔がある。当寺の菩提家、菊亭経季夫人の古奈姫(こなひめ)は、秀吉の側室・淀殿の姪(古奈姫の養母・常高院は淀君の妹)に当たるところから、供養塔は古奈姫が立てたとみられている。徳川家の目を避けながら菩提を弔ったという。また、当寺が、徳川政権に抗し続けた後水尾天皇ゆかりの寺であることも起因しているともいう。
 秀吉の三男・豊臣秀頼(1592-1615)と秀吉側室・淀殿(1569? -1615)は、大坂城落城の際に、逃れたもののともに自害している。秀頼の子・国松(1608-1615)も、城を逃れたものの捕えられ、市中引き回しの後、六条河原で斬首された。秀頼23歳、国松8歳。
 いつの頃からか、この塔を撫でると良縁を得、早く嫁ぐことが出来るとの俗信があり、「縁結びの塔」とも呼ばれている。
 新撰組隊士・水口市松供養塔がある。中川家墓地に父(藤田兵助忠善)らとともに葬られている。
◆花木 参道両脇に、東宮御所より譲られ、実生により育てられたという花梨(かりん)の木がある。5-6月に花が咲く。
 本堂脇の「御車返しの桜」(京都市の「保存樹」、2004)は、江戸時代、宝暦年間(1751-1763)に京都御所の菊亭家邸内より根分け移植された。その美しさに、帝が車を返したということから名づけられたという。
 茶室脇の枝垂れ桜は、円山公園の枝垂れ桜と同種同根という。境内には、ほかにヤマザクラも植えられている。
 楊梅(やまもも)(京都府「府民の木」)は、樹齢700年という。
 冠木門近くには、楓の巨木が植えられている。
◆祭礼 ほうろく灸祈祷会は「土用の丑の日」(7月19日)に行われる。「暑気封じ、頭痛封じ、中風封じ」祈祷では、呪文を書いた素焼きの「ほうろく」を頭の上にのせ、もぐさに火をつけて祈祷する。木剣で九字を切り、悪鬼邪霊を払う祈祷が行われる。商売繁盛の「あじさい祈祷」、諸病封じの「きゅうり封じ祈祷」も行われる。)
 厄落としの大根焚き、お会式(おえしき)(12月5日)は、日蓮報恩法要であり、日蓮、日朗、日像の御真骨が開帳され、「厄落としの祈祷」が行われる。中風封じの「大根焚き(だいこだき)」が催されている。檀家の人々の接待により、中風封じの祈祷済みの大根と嵯峨豆腐揚げ炊き合わされ、ゆず御飯が振舞われる。
◆年間行事 新年祝祷会(正月元旦)、大黒尊天初講会(三面大黒福寿尊天を本堂で出開帳、茶道宗偏流の献茶が行われる。)(1月17日)、節分方除け祭(満願妙見大菩薩御宝前で星祭秘法、方除け祈祷。)(2月3日)、水行祈祷会(行僧による「水行式」で、経文を唱えながら水をかぶる水行。)(2月)、春季彼岸法要(3月)、妙見宮春季祈祷会(4月12日)、春季大祭(4月第3日曜日)、千団子鬼子母神祭 (5月10日)、ほうろく灸祈祷会(7月19日)、盂蘭盆法要(8月18日)、秋季彼岸法要(9月23日)、妙見宮秋季祈祷会(11月3日)、厄落としの大根焚き(12月5日)。
 月並祭(月例祭)(毎月1日)、甲子祭(60日毎の大黒尊天御縁日・甲子の日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都の寺社505を歩く 下』『新選組と幕末の京都』『京都隠れた史跡100選』『古都歩きの愉しみ』『京都府の歴史散歩 上』『昭和京都名所図会 4 洛西』『稲荷信仰と宗教民俗』『京の福神めぐり』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』


  関連・周辺      周辺平岡八幡宮      周辺了徳寺      周辺法蔵寺      周辺西寿寺      周辺妙光寺      周辺福王子神社      関連本法寺      関連宝塔寺     関連瑞光寺     関連長徳寺        

千躰佛釈迦堂、中央に六尺坐像、周囲に三寸立像の釈迦仏1000体を祀る。仏像は日護の作という。世継ぎのお釈迦仏といわれている。子宝を授かるという。1984年再建。


忍辱の鐘、本山・本法寺開山の日親作という梵鐘、当山三世・日逞の代に譲られたものという。

三十番神堂、毎日、日替わりで守護する三十神を祀る。妙法経(法華経)守護。三十神は日護作という。加茂大明神も二体、祀られ、夢告によるという。

大黒堂、福徳神の三面三宝(みたから)大黒福寿尊天を祀る。伝教大師作といい、日蓮が比叡山遊学の際に、開眼入魂した三面六臂の秘仏、六十年に一度の甲子の年に開帳されている。1995年再建。大黒天初講会は、一月第3日曜日、甲子祭 60日毎の甲子の日。

大黒堂

大黒堂、みくじダルマ 

最上稲荷殿、祭神は茶吉尼天。大黒福寿尊天の眷属(けんぞく、従者)とも。商売繁盛、五穀豊穣の信仰がある。寺鎮守稲荷、屋敷神、法華経の守護神。

1994年奉納、子宝犬、十二支の方位盤が台座となっている。

満願妙見宮、北辰妙見大菩薩を祀る。運気、寿福、方位を司る神。日護作という。厄除け、招福、戌歳生まれの人の祈願所、安産の御加護がある。1972年に宮殿が再建された。1986年に洛陽十二支妙見が200年ぶりに再興されている。

茶室「松宝庵」、脇に枝垂桜が植えられている。

茶室「松宝庵」

境内東の谷、杉林の中にある茶道山田宗徧四方庵旧蹟、いまは「山田宗徧四方庵居之地」の碑のみが建てられている。 

境内墓地の高台にある常寂光院宮の墓

豊臣秀頼、淀殿、国松の供養塔

枝垂れ桜


楊梅(やまもも)の巨木は樹齢700年
 三宝寺 〒616-8256 京都市右京区鳴滝松本町32  075-462-6540  9:00-16:00
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp