橋寺放生院(橋寺) (宇治市) 
Hashidera-hojoin Temple
橋寺放生院(橋寺) 橋寺放生院(橋寺) 
  Home   Home











本堂


橋かけ観音




十二支守本尊、右より千手観音菩薩(子)、虚空蔵菩薩(丑、寅)、文殊菩薩(卯)、普賢菩薩(辰、巳)、勢至菩薩(午)、大日如来(未、申)、不動明王(酉)、阿弥陀如来(戌、亥)



宇治橋断碑(重文)が納められている。
 橋寺放生院(はしでら ほうじょういん)は、宇治橋の東詰の高台に建つ。橋寺(はしでら)とも呼ばれる。
 宇治川、宇治橋との関わりが深く、「宇治橋の守り寺」「宇治橋管理の寺」といわれた。 
 正式には放生院常光寺といい、山号は雨宝山という。
 真言律宗、本尊は地蔵菩薩立像。
 京の通称寺霊場第44番、橋寺。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 飛鳥時代、604年、厩戸王(聖徳太子)の発願により、秦河勝が宇治橋を架けた際に創建したともいう。(寺伝)
 646年、道登と道昭(道登か道昭とも)が共同で宇治川に架橋した際に、架橋に先立ち創建したともいう。(「宇治橋断碑」)。橋の管理、守護のために地蔵尊を安置したという。
 鎌倉時代、1281年、西大寺の叡尊(えいそん)は、宇治橋寺の堂供養を行う。(『感身学生記』)
 1284年、叡尊は宇治川での網代漁を停止する。(『帝王編年記』『勘仲記』)
 1286年、叡尊は勧進により宇治橋の修造を行う。人馬魚類の霊を慰め、浮島に十三石塔(現存)を建立した。この時、橋寺では放生会を営み、以後、放生院の院号になったという。(『帝王編年記』『勘仲記』)。また、寺を修造したという。
 第91代・後宇多天皇(在位1274-1287)により、寺領300石を贈られた。寺は、「宇治橋の守り寺」といわれ、宇治橋の管理を任される。以後、洪水、戦火の損壊の度に、橋再建の中心的な役割を担った。
 室町時代、1479年、三室戸寺との争論では放火により焼失した。(『大乗院寺社雑事記』)。幕府は三室戸寺に、寺領半分を充て放生院の修造を行うことを命じる。
 1485年、南山城国一揆により、畠山長政の軍勢は宇治川以南より撤退する。(『後法興院記』)
 江戸時代、1631年、焼失した。(「久世郡寺院明細書」)。その後、再建された。
 1756年、宇治川大洪水により、浮島の十三重塔が流された際に、塔内に納められていた金銅舎利塔などが当寺に移され保管された。
 1791年、境内より宇治橋断碑が発見された。
◆秦河勝 飛鳥時代、6世紀末-7世紀前半の政治家・軍政人の秦河勝(はた の かわかつ、生没年不詳)。山背国葛野に生まれる。渡来系氏族秦氏の長。厩戸王(聖徳太子)の側近。587年、物部守屋の追討戦に加わる。610年、新羅・任那使人らの導者になった。物部守屋を討った功により大仁、後に小徳に叙せられた。
◆道登 飛鳥時代の僧・道登(どうとう、生没年不詳)。山城国に生まれたという。高句麗に留学し、元興寺(飛鳥寺)に住した。唐に渡り、嘉祥大師吉蔵に師事して三論宗を学んだともいう。645年、十師の一人に任じられる。646年、道昭とともに宇治橋を架けたという。650年、穴戸国国司による白雉献上の際に上奏し、白雉(はくち)に改元された。
◆道昭 飛鳥時代の僧・道昭(どうしょう、629-700)。道照。河内国に生まれた。百済系。日本法相宗の祖。653年、入唐学問僧として渡り、長安・玄奘三蔵の弟子になり、経・律・論の三蔵、禅を学ぶ。661年、帰国し、多くの経論、仏舎利を持ち帰る。飛鳥・法興寺(飛鳥寺)に住し、禅院で唯識論を講じ、参禅した。日本への禅伝来の初例とされている。法相宗を広める。698年、薬師寺の繍仏の開眼導師になり、日本初の大僧正に任じられた。西方を向き端坐して亡くなる。
 各地に井戸を掘り、渡に船を設置し、橋を造るなどの社会事業を行う。僧侶として火葬(荼毘)の初例ともいう。宇治橋架橋については異説もある。
◆叡尊 鎌倉時代の律宗僧・叡尊(えいそん/えいぞん、1201-1290)。大和国に生まれる。醍醐寺の叡賢に学び、1217年、17歳で出家した。高野山、東大寺などで真言密教を学ぶ。大和・海竜王寺を経て、西大寺の中興開山になり、西大寺を拠点として戒律の普及に勤めた。1262年、鎌倉幕府の北条時頼の招きにより鎌倉に移った。蒙古襲来(1274、1281)の際に、伊勢神宮や石清水八幡宮で降伏の祈祷を行う。「非人」救済、勧進・修造にも携わった。1281年、宇治橋寺の堂供養を行う。1284年、宇治川網代の停止にした。1286年、宇治橋の修造、浮島の十三石塔を建立している。
◆地蔵・仏像 ◈本堂の本尊「地蔵菩薩立像」(重文)(193㎝)は、鎌倉時代作という。均整の取れた美仏であり「橋寺地蔵」とも呼ばれている。1281年、再興の際に、叡尊の造立ともいう。本尊で厩戸王(聖徳太子)の念持仏をもとにしたという。旧本尊は胎内に納められたという。
 截金文様で装飾され、右手に錫状、左手に宝珠を掲げる。精巧な細工の円光背を背負う。袈裟には盛り上げ彩色(胡粉で文様を盛り上げる)が施されている。木造、寄木造、粉溜、彩色、玉眼。
 ◈脇壇の「不動明王立像」(重文)(160㎝)は、平安時代作であり、叡尊による再興以前の本尊ともいう。等身大の木彫になる。岩座に立つ。木造、古色、彫眼。
 ◈「清凉寺式釈迦如来」は、清凉寺式釈迦像を坐像にしている。珍しい例という。
 ◈ほかに、「阿弥陀如来」、「弁財天」などが安置されている。
◆文化財 ◈江戸時代、1756年、鎌倉時代に建立された「浮島十三重塔」(重文)(1286)が、宇治川洪水により倒壊し、流出した経箱、経筒、舎利塔、紺紙金泥法華経などが当寺に保管されている。
 ◈江戸時代、1791年、境内土中より「宇治橋断碑(だんひ)」(重文)が発見された。上部の原碑は、奈良時代、天平年間(710-748)に作られたと推定されている。鎌倉時代の『帝王編年記』に記されていた原文をもとに刻文が補われ、江戸時代、1793年に下3分の2が復刻された。
 碑文「浼浼横流 其疾如箭 修々征人 停騎成市 欲赴重深 人馬亡命 従古至今 莫知航竿 世有釈子 名曰道登 出自山尻 慧満之家 大化二年 丙午之歳 搆立此橋 済度人畜 即因微善 爰発大願 結因此橋 成果彼岸 法界衆生 普同此願 夢裏空中 導其昔縁」。
 一部口語訳は「…世に釈子(しゃくし)有り 名を道登と曰う 山尻恵満(やましろ えまん)之家自より出たり 大化二年(飛鳥時代、646年) 丙午之歳 此の橋を構立し 人畜を済度す…」。
◆年間行事 宇治橋断碑見学期間(5月1日-7月31日、9月1日-11月30日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『日本の古代遺跡28 京都Ⅱ』『京都・山城寺院神社大事典』『京都大事典』『京都の寺社505を歩く 下』『昭和京都名所図会 7 南山城』『新版 京のお地蔵さん』『日本の名僧』『京都古社寺辞典』


  関連・周辺宇治川・宇治橋(宇治市)       周辺平等院(宇治市)       周辺宇治上神社(宇治市)      関連         

キリシタン燈籠

歌碑「新年同詠橋 橋寺にいしふみ見れば宇治川や大きいにしえは河超えかねき」
 上田三四二(うえだ みよじ、1923-1989)は、兵庫県に生まれた。アララギ派歌人、小説家、文芸評論家。内科医であり、歌誌「新月」に参加、「青の会」結成。

境内からかろうじて宇治橋、宇治川が望める。

【参照】宇治川の中州塔ノ島の浮島十三重の石塔(重文)、
 橋寺放生院 〒611-0021 宇治市宇治東内11    0774-21-2662
 Home    Home  
 © 2006- Kyotofukoh,京都風光