天得院 〔東福寺〕 (京都市東山区)
 Tentoku-in Temple
天得院 天得院
 Home  Home











玄関

 東福寺塔頭の天得院(てんとくいん)は、号は萬松山(ばんしょうざん)という。「桔梗の寺」「花の寺」とも呼ばれている。 
 臨済宗東福寺派。本尊は観音菩薩を安置する。
 御朱印(特別拝観時)が授けられる。
◆歴史年表 室町時代、正平年間(1346-1370)、東福寺第30世・無夢一清(むむ/むぼう いっせい)により開創された。(『坊目誌』)。開山に玉渓慧格(ぎょくけい えかく)を勧請する。東福寺五塔頭の一つになる。
 その後、荒廃し、大機慧雄(だいき えゆう)により中興された。
 江戸時代、1614年、文英清韓(ぶんえい せいかん)が住持になる。同年の方広寺鐘銘事件により、清韓は捕らえられ、当院は破却されたという。
 1789年、現在の堂宇が再建される。
 近代、1868年、東福寺塔頭・本成寺と合併し再興された。
 現代、1968年、作庭家・中根金作により庭園の一部修復されている。
無夢一清 鎌倉時代-室町時代の臨済宗の僧・無夢一清(むむ/むぼう いっせい、1294-1368)。玉渓慧しゅん(王+春)の法を嗣いだ。嘉元年間(1303-1306)、元の廬山・竜巌徳真、百丈山・東陽徳輝らに師事した。1350年、帰国、備中・宝福寺、東福寺30世。墓は境内にある。
◆文英清韓 江戸時代の臨済宗の僧・文英清韓(ぶんえい せいかん、1568-1621)。伊勢に生まれた。慈雲大忍(文叔清彦とも)の法を嗣ぎ、伊勢・無量寿寺に住した。加藤清正の帰依を受け、文禄・慶長の役(1592-1598)に同行したという。1600年、第227世・東福寺となる。1604年、南禅寺に住した。豊臣秀吉、秀頼に仕えた。漢詩文に秀で、秀頼に請われ、1614年、方広寺の鐘銘を撰文した。だが、「国、君臣豊楽」の部分が、徳川家康の名を分け、豊臣家の繁栄を願うものとして家康の怒りを買い、大仏開眼供養の中止になる。この方広寺鐘銘事件は、大坂の陣(1614-1615)の起因になり、豊臣家滅亡につながる。清韓は南禅寺から追放され、住坊の天得院は廃絶、破却される。1615年、清韓は捕らえられ駿河に送られた。蟄居後、1616年、林羅山の取りなしなどにより許された。
◆潜渓処謙 鎌倉時代の臨済宗の僧・潜渓処謙(せんけい しょけん、?-1330)。武蔵の生まれ。鎌倉・円覚寺の無学祖元に、東福寺の円爾(えんに)に師事し、その法嗣。筑前・承天寺、東福寺13世、南禅寺住持。後醍醐天皇の帰依(きえ)をうけた。五山文学者。諡号は普円国師。
◆荻原井泉水 江戸時代の俳人・荻原井泉水(おぎわら せいせんすい、1884-1976)。東京に生まれた。河東碧梧桐の新傾向俳句運動に参加し、1911年、自由律俳誌「層雲」を創刊する。のち碧梧桐と対立、無定型自由律俳句を唱えた。門下に種田山頭火、尾崎放哉がいる。
 妻子と母の弔いのため、四国巡礼し、1924年、1925年に当院に隠棲した。その際に詠まれた句「石のしたしさよしぐれけり」。境内に俳人・荻原井泉水の句碑が立つ。
◆建築 現在の建物は、1868年、塔頭・本成寺を合併し再建された。
◆庭園 方丈南の前庭は、枯山水式庭園になる。東西に延びた地割になる。東福寺227世・文英清韓が住庵していた頃、安土・桃山時代の作庭とみられる。
 自然石と杉苔、槙、檜葉、山茶花など抑えられた植栽による。苔は大海を表すという。苔地に座禅石が置かれ、かつては座禅を組んだ。1968年に中根金作(1917-1995)により一部修復されている。
 藍色、白色など桔梗は350株、1500本が苔地全体に植えられている。東寄りに樹齢400年のチャポヒバの大木が植えられている。
 西庭もまた、石と苔により、桔梗が植えられている。
花暦 花の寺として知られている。御衣黄桜・キリシマツツジ(4月中旬-4月下旬)、サツキ(5月)、ハギ・紫陽花(6月上旬-中旬)、300株の桔梗(6月中旬-11月下旬)、二度咲きのハギ(9月上旬-9月中旬)、白彼岸花(9月中旬)、紅・ツワブキ、フジバカマ(11月)、山茶花・ツバキ(11月中旬-3月上旬)。
◆墓 潜渓処謙の無縫塔がある。
◆年間行事 
特別拝観・桔梗の頃(御朱印の授与。)(6月中旬-7月上旬)、特別拝観・杉苔の頃(御朱印の授与。)(11月中旬-12月上旬)。


*普段は非公開。
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
 
*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『旧版 古寺巡礼 京都 18 東福寺』『京都の禅寺散歩』『京都府の歴史散歩 中』『京都の隠れた御朱印ブック』


  関連・周辺東福寺      関連方広寺      周辺       

方丈

方丈

方丈

方丈

方丈

奥書院

庭園

坐禅石

桔梗


杉苔

西庭

西庭

荻原井泉水の句碑「石のしたしさよしぐれけり」

花岡大学童話碑「お父ちゃんが笑ったときは仏さまの顔だよ お母ちゃんが笑ったときは仏さまの顔だよ」、花岡大学(1909-1988)は、童話作家、小説家、奈良吉野の浄迎寺住職。

筆塚

慈母観音
天得院  〒605-0981 京都市東山区本町15   075-561-5242  10:00-16:30

より大きな地図で 天得院 を表示
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp