観音寺 (山崎聖天) (大山崎町)
Kannon-ji Temple
観音寺 観音寺 
 Home  Home



参道の石段




仁王門


仁王門「妙音山」扁額


仁王門


仁王門
 観音寺(かんのんじ)は、大山崎の天王山(270m)南東の山腹に位置し、境内まで急な石段が続いている。 
 「山崎聖天(やまざき しょうてん)」、「山崎の聖天さん」とも呼ばれている。山号は妙音山という。
 真言宗系単立、本尊は十一面千手観音。
 商売繁盛、良縁和合の信仰がある。
◆歴史年表 創建の詳細は不明。
 平安時代、899年、第59代・宇多天皇(寛平法皇)の御願寺として創建されたともいう。山号妙音山は、地中から顕れたという薬師如来の石像に「妙音山寛平法皇剏(そう)建地」と刻まれていたことに因むともいう。(寺伝)
 また、900年、開創したともいう。大山崎倉内保(大阪府島本町)より慈悲尾谷(島本町)に移された西観音寺のことともいう。淀の弥陀次郎が発心し、仏閣を建立したともいう。
 その後、衰退する。
 江戸時代、1682年、1681年とも、摂津・勝尾寺より聖天(大聖歓喜雙身天王)を遷し、諸大名、豪商の信仰を集める。勝尾寺の僧・木食以空(もくじき いくう)が、その夢告により中興したという。その際に、住友、三井、鴻池などの豪商の寄進があった。第112代・霊元天皇、第113代・東山天皇、第114代・中御門天皇の帰依を受ける。離宮八幡宮内に神領を与えられ、社僧が勤仕した。
 1707年、5代将軍・徳川綱吉は、寺領安堵し、諸役免除の朱印状を与えた。
 1864年、禁門の変(蛤御門の変)では、長州藩の義勇隊が境内を占拠し、陸奥・会津藩の攻撃により全山焼失する。
 近代、1880年、廃寺の西観音寺(三島郡島本町)の本堂、聖天堂、鐘楼などを移し、天堂を建立して再興される。
 1890年、住友、三井など財閥の支援を得て再建された。
◆木食以空 江戸時代の木食僧・以空(いそう、生没年不詳)。摂津高槻藩の第2代藩主、出羽国上山城の城主・土岐頼行(1608-1685)の庶子という。箕面の勝尾寺で木喰上人になる。皇室、将軍家の帰依者多く、宮中に出入りした。1677年、讃岐の八栗寺に、東福門院御下賜の歓喜天を勧請している。1681年、山崎に移り、その後、観音寺を中興した。
◆仏像 1864年、禁門の変に際して、本尊・十一面千手観世音菩薩と歓喜天像は事前に避難させることができたため、焼失を免れた。
 「十一面千手観世音菩薩」は、飛鳥時代の厩戸王(聖徳太子、574-622)作ともいう。
 秘仏の「大聖歓喜雙身天王(歓喜天)」は、蓮華の上で象頭人身立像が抱擁する双身像になっている。江戸時代、1682年、勝尾寺より遷された。尾張・徳川家、仙台・伊達家、高崎・松平家、備中・板倉家、宇和島・伊達家などの諸大名、住友、鴻池、三井などの豪商も篤く信奉した。(『観音寺日譜』)。大浴油(11月10日)では、温めた胡麻油を観喜天に108回注ぐ修法がある。
◆建築  「土蔵」は、江戸時代、1864年の禁門の変で唯一焼け残った。
◆歓喜天 歓喜天にまつわる逸話が残されている。近代の廃仏毀釈の頃、寺を訪れたある役人が、歓喜天に手をかけたという。その時、その役人の子が池で溺れたという。
 歓喜天が黄金でできていると思い込んだ泥棒があった。一度盗み出しはしたものの、山門で腰を抜かして捕まったという。その時、賊が歓喜天に付けたという刀傷が、いまも肩に2カ所残されているという。(『京都乙訓・山城の伝説』)
◆文化財 日記「観音寺日譜(にっぷ)」(1746-1890)は、江戸時代-近代の周辺社寺、庶民生活にいたるまで記している。
 「手鑑(てかがみ)」は、古筆の断簡を貼り込んだ作品集になる。明恵上人夢記切など112葉を収めているという。
 「梵鐘」は、江戸幕府3代将軍・徳川家光側室、5代将軍綱吉生母の桂昌院(1627-1705)寄進による。
◆大灯籠 
「大灯籠」(3m)は、 江戸時代、1697年、3代当主・住友吉左衛門・友信(1647-1706)の寄進による。江戸時代、1690年、伊予国別子銅山で見つかった銅により鋳造されたという。
 1995年、阪神淡路大震災により一部損傷したため、その後、住友家、住友グループにより補修が行われた。
◆桜楓 天王山の山腹には、昭和期(1926-1989)初期に植えられた多くの桜がある。境内は紅葉の名所としても知られている。
◆大浴油 「謝恩大浴油供」(11月10日-16日)の大浴油(11月10日)では、温めた胡麻油を観喜天に108回注ぐ。
 初心に還る修法とされ、夫婦和合、子宝の祈願を叶える。神酒、大根焚きの接待もある。
◆年間行事 福ぜんざい接待(1月16日)、厳冬謝恩祈願会・かす汁接待(2月16日)。お花祭り(行列が散華をしながら聖天堂を廻り、堂上の役僧に稚児が供物を渡す。鳥の衣装の稚児による童舞を奉納する。)(4月初旬日曜日)、開山忌(8月13日)、氷接待(8月16日)、謝恩大浴油供(11月10日-16日)。除夜の鐘(12月31日)。
 天尊ご縁日(毎月1日、16日)。


*年間行事・は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都の寺社505を歩く 下』『京都大事典』


  関連・周辺離宮八幡宮(大山崎町)     関連・周辺椎尾神社・西観音寺(大阪府島本町)      周辺       関連        

大灯籠

神仏習合の色合残る境内

本堂

本堂扁額

天堂、聖天を祀る。諸大名、商人の家運繁栄、商売繁昌、夫婦和合、子宝祈願の信仰がある。 

天堂、「聖歓喜雙身天王宝前」とある。


光明殿

光明殿

薬師堂、開基薬師如来を祀る

鐘楼

庫裏

土蔵

境内背後の天王山(270m)

宝篋印塔

石段下の鎮守社
観音寺(山崎聖天) 〒618-0071 乙訓郡大山崎町白味才62  075-951-1748
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光