恵心院 (宇治市)
Eshin-in Temple
恵心院 恵心院 
  Home   Home

表門






本堂


本堂扁額


本堂、前立


宗祖弘法大師像


水子地蔵尊



白龍大神社



白龍大神社
 宇治川沿いの参道から丘を上がったところに、恵心院(えしんいん)はある。四季を通じ花ほころび「花の寺」とも呼ばれている。山号は朝日山という。
 真言宗智山派、本尊は木造十一面観音立像を安置する。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 平安時代、821年、822年とも、真言宗開祖・弘法大師(空海)により開かれたという。唐の青龍寺(りゅうせいじ)に似ているところから龍(瀧)泉寺(りゅうせんじ)と称したという。(『都名所図会』巻5)
 平安時代中期、寛弘年間(1004-1011)、1005年とも、恵心僧都・源信によって説法道場として再興された。その名に因み恵心院と称するようになったという。以後、藤原氏の庇護を受けた。塔頭・薬師院、南昌院などを有した。(寺伝)
 安土・桃山時代、豊臣秀吉(1536/1537-1598)の庇護を受ける。
 1589年、1559年とも、黄檗様式の表門が建てられた。本堂も建てられたともいう。
 1597年、住持・良泉が賢弘の像を開山記念として刻ませた。(「恵心院文書」)
 江戸時代、徳川家康(1542-1616)の庇護を受け、伽藍の整備が行われた。江戸時代初期、淀藩主・永井尚政により伽藍整備が行われたともいう。
 3代将軍・徳川家光の乳母・春日局(1579-1643)は、竹千代(後の家光)の安産祈願のために当寺に祈願している。宇治茶師・上林一門の後援を受けた。
 1648年、興聖寺建設に伴い、一部の地所を割譲する。(「恵心院文書」)
 1676年、現在の本堂が建てられる。表門のみが残る。
 1691年、徳川家宣正室・天英院が聖天堂を寄進した。歓喜天を安置した。
 近代、1870年、表門、庫裏が取り壊された。
 1874年、庫裏が再建された。
 1910年、庫裏が再建される。
 1918年以降、聖天堂が取り壊される。
 現代、表門が解体修理される。
 1951年より、作家・稲垣足穂が恵心院別棟に10年間暮らす。
 1996年、庫裏が建て替えられている。
◆源信 平安時代中期の天台宗の僧・源信(げんしん、942-1017)。恵心僧都、横川僧都。大和国に生まれた。950年/956年、9歳で比叡山の良源に学ぶともいう。955年、得度した。956年、15歳で『称讃浄土経』を講じ、第62代・村上天皇により法華八講の講師の一人に選ばれる。だが、名声より聖人になるという母の諫言を守り、横川の恵心院に隠棲し続けた。1004年、公卿・藤原道長の帰依により権少僧都となる。1005年、権少僧都を辞する。恵心院で亡くなる。臨終にあたり、阿弥陀如来像の手に結んだ糸を手にし、合掌しながら入滅したという。
 浄土宗の基礎となり、地獄極楽観を説いた『往生要集』(985)の編者。『源氏物語』第53帖、『宇治十帖』第9帖の「手習」巻で、宇治川に入水した浮舟を助けた「横川の僧都」といわれている。(良源弟子の覚超ともいう)。絵、彫刻に優れたという。源信作の和讃「極楽六時讃」がある。
◆稲垣足穂 近代の小説家・稲垣足穂(いながき たるほ、1900-1977)。大阪市の歯科医次男。小学生の頃、祖父母のいる明石に移り、神戸で育つ。1914年、関西学院普通部入学。同人誌『飛行画報』創刊。1916年、羽田の日本飛行機学校第一期生に、近視のため不合格。1919年、関西学院卒業後、神戸で複葉機製作に携わる。後に上京、1921年、佐藤春夫の弟宅に転居。第1回未来派美術展に『月の散文詩』で入選。1923年、『一千一秒物語』を刊行。佐藤と対立、文壇から遠ざかる。1930年、明石に戻る。1934年、父没後、衣装店を経営するが失敗しする。1950年、結婚、1951年より、京都宇治・恵心院の別棟に10年間暮らした。1968年、三島由紀夫の後押しで『少年愛の美学』で第1回日本文学大賞を受賞。1969年、『稲垣足穂大全』(全6巻)が刊行された。「文芸時代」同人、新感覚派、特殊な宇宙的感覚を表現した。
◆上林家 鎌倉時代、栂尾高山寺・明恵(1173-1232)より宇治の茶園は開かれた。
 室町幕府3代将軍・足利義満(1358-1408) は、「宇治七茗園」を開き、上林家は、「御茶師」として栄えた。だが、1573年、室町幕府の終焉とともに、宇治茶業も衰退する。
 安土・桃山時代、豊臣秀吉は宇治茶業を復興し、初代上林春松軒は、宇治橋の西一丁(現在の宇治・上林記念館)に居を構えた。
 江戸時代、幕府の初代将軍徳川家康は上林家を宇治代官、茶頭取を任じ、宇治茶業の総支配になった。
◆仏像・木像 本堂には平安時代後期の「木造十一面観音立像」(宇治市指定文化財、1991年指定)が安置されている。ほぼ直立する。太い頸、脇を締めた体型、衣文の数が少なく簡素な表現などの特徴がある。一木造、彫眼、像高は91.5㎝。
 自刻とされる72歳の木像「源信肖像」がある。
 「阿弥陀如来立像」は、鎌倉時代の安阿弥様になる。来迎相、寄木造、玉眼入、漆伯、像高81.8㎝。
 「大黒天」は江戸時作になる。
◆建築 近世後期、境内には本堂、客殿、庫裏、土蔵、湯殿、米蔵、宝形造りの聖天堂、南松殿、薬師堂、鐘楼、羅漢堂、中門、表門などがあった。現在は表門、本堂、庫裏、鎮守社、東屋のみが建つ。
 かつての「表門」は黄檗様式であり、萬福寺大工・秋篠家の手による。近代、1870年に取り壊された。一重、切妻造段違、本瓦葺。
 「本堂」は、江戸時代、1676年に建てられた。萬福寺の造営に関わった秋篠兵庫による。正面外に1間の向拝は、正面の左寄り(1/3)に設けられている。背面の桟瓦は後補になる。内部は須弥壇背後に2本の来迎柱、梁上に来迎壁、梁下にかつて来迎壁があった。須弥壇室南にかつては護摩壇室があった。天井は格天井、護摩壇室に棹縁天井。和様仏堂、桁行4間、梁行4間、入母屋造、本瓦葺。
 現在の「薬医門」は、安土・桃山時代、1589年の銘があり、1992年に解体修理が行われた。 
 「庫裏」は、江戸時代、1870年に取り壊され、1874年、1910年、1996年に建て替えられている。
 「白龍大神社」は、近世後期以降に建立された。一間社春日造。
◆文化財 近世全般中心の「恵心院文書」がある。春日局書状写(幼君・竹千代の安産祈願の感謝状)など多数がある。
 本堂の「文机」は、かつて作歌・稲垣足穂が使用していたものという。現在は大黒天が立つ台になっている。
◆年間行事 盂蘭盆会施餓鬼法要(8月16日)、水子地蔵尊・水子精霊法要(10月第3日曜)、白龍大神御火焚祭(11月24日)。 


*年間行事の中止・日時変更、拝観中止・時間変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『収蔵文書報告書1 「白川金色院」と恵心院』『日本の名僧』『京都府の歴史散歩 下』『京都大事典』『昭和京都名所図会 6 洛南』『京都宇治川探訪』


  関連・周辺        周辺宇治神社       周辺興聖寺      周辺宇治平等院(宇治市)        関連白山神社・金色院跡(宇治市)         

ボケ

サクラ

表門前、参道の山吹
 恵心院 〒611-0021 宇治市宇治山田67   0774-21-3942   6:00-17:00
 Home    Home  

  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp