大蓮寺 (京都市左京区) 
Dairen-ji Temple
大蓮寺  大蓮寺
50音索引  Home 50音索引  Home








本堂、1993年建立。


本堂








薬師如来像、旧祇園社本地仏
 大蓮寺(だいれんじ)は、安産祈願の寺として知られている。神仏習合期の旧祇園社(八坂神社)から遷された多くの仏像を安置している。
 山号は引接山(いんじょうざん)、院号は極楽院(ごくらくいん)という。
 浄土宗知恩院派、本尊は阿弥陀如来。
 本堂脇壇の十一面観音菩薩は、洛陽三十三観音巡礼第8番札所。
 御朱印(3種)が授けられる。
◆歴史年表 安土・桃山時代、1600年、深誉(専蓮社深誉上人)が一宇を建立し、阿弥陀如来を安置したことに始まる。当初は、下京区毘沙門町にあった。
 江戸時代、1649年、第110代・後光明天皇の典侍(ないしのすけ/てんじ)・庭田秀子懐妊により勅願寺になる。2世・霊光和尚の安産祈願により、第1皇女・一宮内親王(孝子内親王)が誕生している。
 第112代・霊元天皇皇子・有栖川職仁親王(1713-1769)は、後光明天皇の遺志を継ぐ。念仏道場として、安産の寺として信仰を集めた。近代以前まで有栖川家によって持続された。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈により、祗園感神院(八坂神社)の境内にあった観慶寺(かんぎょうじ)の仏像、仏具が当寺に遷された。
 籏玄教(はたげんきょう、1872-1918)は、「走り坊主」といわれた。再興のための勧進を精力的に行う。
 1944年、太平洋戦争(1941-1945)中、五条坂の強制疎開により、旧地(下京区佛具屋町五条通下ル)より現在地に移る。この地にあった常念寺と合併した。
◆深誉 安土・桃山時代-江戸時代の僧・深誉(しんよ、生没年不詳)。専蓮社深誉上人。江戸神田に生まれた。武家の出という。芝増上寺の中興上人、師は観智国師。
 深誉は祇園社(観慶寺)に出仕、行事の度に「勧進帳」を携行した。その縁で祇園社の仏像が大蓮寺に遷されたという。
◆籏玄教 近代の僧・籏玄教(はた げんきょう、1872-1918)。大阪府(後の貝塚市)に生まれた。18歳で大蓮寺に入る。寺の再興のために、市中を勧進により一日も欠かさず走り回っていたという。托鉢しては貧民にも施し、「今一休」、「走り坊主」といわれた。奇行あり、大酒、大飯を食らい、健脚で知られた。
◆小川可進 江戸時代の煎茶道小川流の流祖・小川可進(おがわ かしん、1786-1855)。京都に生まれた。医術を西洋の刺絡法を導入した荻野元凱(1737-1806)に学び開業した。後に合理的な煎法により、可進流(小川流)煎茶道を起こす。別号は後楽堂。墓は大蓮寺にある。
◆仏像 本尊の「阿弥陀如来立像(安産阿弥陀如来)」は、真如堂(真正極楽寺)の阿弥陀如来の分身とされ、円仁作という。女人救済、安産にご利益がある。
 近代の廃仏毀釈により、多くの仏像が祇園社(八坂神社)より遷されている。右脇侍に、「千手観音像」、左脇侍に「不動明王像」を祀る。
 「薬師如来立像」(重文)は、かつて祇園社の本尊、本地仏であり、祇園社境内の本殿西隣にあった観慶寺(かんけいじ)薬師堂に本地仏として安置されていた。平安時代後期の定朝様になる。平安時代、1070年、祇園社焼失直後に造立されたという。作者は定朝弟子、院派・慶派の祖の覚助(?-1077)とみられている。最澄の作との伝承もある。1868年の神仏分離令後の廃仏毀釈以後、行方不明になっていた。施無畏与願印、左手掌上に薬壺を載せる。螺髪、白毫。像高192.4cm。ヒノキ材寄木造、漆箔。
 脇侍は日光・月光菩薩。
 「十一面観音菩薩立像」は、祇園社観音堂の旧仏であり、平安時代、10世紀作という。洛陽三十三所観音霊場第8番札所。カヤ材、一木造。
 「夜叉神明王立像」は、江戸時代作という。かつて、祗園社薬師堂中の厨司に安置され、秘仏とされていた。洛陽十二社中の一とされ、厄除の利益がある。
 ほかに、室町時代作の「青面金剛立像」、祇園社から遷されたものとしては、江戸時代作の「日光・月光菩薩像」、江戸時代作の「十二神将像」、安土・桃山時代-江戸時代作の「朱塗勾欄」などがある。
◆阿弥陀如来像伝承 本堂の本尊「阿弥陀如来像」は、平安時代の円仁(794-864)の作という。円仁は晩年に比叡山念仏堂に籠り、念仏三昧の修行をして彫ったという。仕上げの段階で夢の中に阿弥陀如来が顕れ、「比叡山から京都へ下りて、女人の厄難を救いたい」と夢告する。阿弥陀如来は、女人禁制の比叡山を下り、真如堂(真正極楽寺)に安置されたという。以来、多くの女性より、女人守護、安産などの信仰を集めた。
 室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)では真如堂は荒廃し、阿弥陀如来も行方不明になった。
 安土・桃山時代、1603年、深誉は伏見の荒れた堂内に、金色に輝く阿弥陀如来を見つける。御仏が放置されていることに心痛め、持ち帰り五条に仏堂(大蓮寺)を建て安置したという。
 江戸時代、元禄年間(1688-1703)、再興された真如堂では、本尊の阿弥陀如来を探していた。やがて大蓮寺の像は、真如堂の本尊であることが分かる。大蓮寺は、幕府から像を返還するように命じられる。深誉が念仏を称え続けると、満願の21日目の朝、阿弥陀如来像が二体に分かれていた。このため、大蓮寺と真如堂で、それぞれ仏を安置することになったという。
 また、深誉が念じ続けたところ、最後の夜に旅の僧が現れた。僧とともに念じ、翌朝、僧の姿はなく、阿弥陀如来が二体になっていたという。
  江戸時代前期、後光明天皇(1633-1654)の典侍(ないしのすけ/てんじ)・庭田秀子(?- 1685)が難産になり、大蓮寺に安産祈願の勅命が下った。無事に第1皇女の孝子内親王(一宮内親王、1650-1725)が産まれた。以後、内親王は大蓮寺を深く信仰し、後に髪を編んで南無阿弥陀の名号とし寺に納めたという。
◆常念寺 常念寺は、江戸時代、1565年に慶翁上人の創建による。かつて、上京区寺町荒神口下ルにあった。
 1708年、大火で類焼失し、現在地に移る。1944年、大蓮寺と合併した。
◆墓 江戸時代後期の煎茶道小川流の流祖・小川可進の墓がある。旧常念寺の墓に葬られていた。
◆大王松 大王松(だいおうしょう)(京都市保存樹)は、樹齢100年の松で、5月-6月頃に全葉が生え替わる。1992年、本堂改築の際に伐採される予定だったが、多くの反対により免れた。
◆法勝寺の礎石 
境内に法勝寺の礎石が保存されてる。岡崎の檀家から寄付されたという。法勝寺は、平安時代-室町時代まで現在の岡崎公園、京都市動物園周辺、白河に建てられていた六勝寺のひとつになる。白河天皇が平安時代、1076年に建立した。室町時代、応仁・文明の乱(1467-1477)により衰微し、その後廃絶した。
◆花暦 本堂前に蓮(6-8月)が咲く。
◆年間行事 修正会(1月1日)、十二神将公開(1月1日-5日)、大涅槃図公開(2月初旬-彼岸)、春期彼岸法要(3月)、秋期彼岸法要(9月)、十夜法要・安産阿弥陀如来お腹仏開帳(11月第2土曜日)、別時念仏会(12月8日)、歳末回向(12月31日)。


*年間行事(拝観)などは、中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都府の歴史散歩 中』『昭和京都名所図会 2 洛東 下』『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『拝観の手引』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『京都の隠れた御朱印ブック』


   関連・周辺       周辺西方寺          周辺専念寺(左京区)      周辺見性寺     周辺三福寺       関連八坂神社       関連真如堂(真正極楽寺)       関連延暦寺・横川(大津市)       

走り坊主さん、交通が発達していなかった時代に、寺を訪れることが出来ない妊婦のために安産のお札を届けようと、僧が京都中を走り回り宅配していた。また、健脚であったため、足腰健常の御守もある。

法勝寺の礎石
 大蓮寺 〒606-8353 京都市左京区正往寺町457-1,東山二条西入1筋目下る   075-771-0944
50音索引  Home    50音索引  Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光