佐女牛井跡・源氏堀川館跡 (京都市下京区)
Samegai(Well)
佐女牛井跡・源氏堀川館跡 佐女牛井跡・源氏堀川館跡 
50音索引  Home 50音索引  Home

「佐女牛井之跡」の碑
 堀川通に面し「佐女牛井(さめがい)跡」の碑が立てられている。佐女牛井明星水、醒ヶ井とも書かれる。付近に源氏堀川館(六条堀川館)が建てられていた。
 平安時代から名水として知られていた。この、近くに茶家薮内家もある。
◆歴史年表 平安時代、井戸は、源氏の六条堀川館(堀川館)に取り込まれる。堀川館は、源頼義(988-1075)以来、義家、為義、義朝、義経、静御前も住んだ。
 1159年、平治の乱で平氏により焼失している。義経(1159-1189)により再びこの地に堀川館が再建された。
 1185年、頼朝の命を受けた土佐坊昌俊は、堀川館の義経を夜討ちした。屋敷はその後、取り壊される。
 室町時代、茶祖・村田珠光(1423-1502)は佐女牛井の近くに四畳半の茶室を営んだ。井水を愛用し、足利義政が度々訪れた。紹おう、利休などの茶人も使った。
 江戸時代まで、池が残っていたという。
 1616年、織田有楽斉が井戸を修繕している。その際に碑が立てられたという。
 1788年、天明の大火により荒廃する。
 近代、1945年、戦時中の強制疎開により堀川通が拡張され、井戸も撤去された。戦後、石碑が緑地帯に立てられた。
 現代、1969年、石碑が現在地に移された。
◆源頼義 平安時代後期の武将・源頼義(みなもと の よりよし、988-1075?)。河内源氏の祖・頼信の子。小一条院(敦明親王)に仕えた。1028年、平忠常の乱では父に従って追討、前九年の役(1051-1062)では陸奥守兼鎮守府将軍として子・義家、坂東武士とともに鎮定した。父とともに菩提寺・通法寺(羽曵野市)を開く。
◆源義経 鎌倉時代前期の武士・源義経(みなもと の よしつね、1159-1189)。義朝の子。1159年平治の乱後、平氏から逃れ放浪した。1180年、兄・頼朝に挙兵に加わる。各所で平氏を討ち破り、1185年、壇の浦で平氏を滅ぼした。その後、頼朝と対立、刺客・土佐房昌俊が差し向けられた。叔父・行家と後白河法皇より頼朝追討宣旨を得て挙兵するが失敗する。奥州に逃れ、藤原泰衡に襲われて討死した。
◆静御前 鎌倉時代初期の女性・静御前(しずかごぜん、?-1187)。詳細不明。母・磯禅師(いそのぜんじ)の娘。京都随一の白拍子となる。10代後半より源義経の愛妾として六条堀川館に住した。1185年、兄・源頼朝と不和になった義経が西国に赴く際に同行した。摂津大物浦を経て、大和吉野山で義経と別れる。身重で捕えられ、母とともに鎌倉に送られた。義経の行方を厳しく取調べられる。1186年、頼朝、政子に鶴岡八幡宮で舞を舞うように命じられたという。「吉野山峰の白雪踏み分けて入りにし人の跡ぞ恋しき」と詠い舞う。3カ月後、誕生した男児だったため、帰洛条件により由比浦に投じられた。母とともに放免される。京都に戻り尼となり、嵯峨野に庵を結んだという。20歳。
◆村田珠光 室町時代の茶人・村田珠光(むらた じゅこう、1423-1502)。奈良・杢市検校の子。11歳で奈良称名寺の了海上人の徒弟となる。その後放浪し、一休宗純、能阿弥、足利義政を知る。和漢の混融を説いた。武野紹鴎、古岳宗亘、大林宗套と親交があった。侘び茶の創始者。茶の湯の理念を説いた「古市播摩宛一紙」がある。
◆佐女牛井 東西の佐女牛(さめうじ)小路(現在の花屋町通)が六条大路の南にあった。(『拾芥抄』)。この小路の名が佐女牛井の由来になったという。「さめうじい」が「さめぐい」「さめがい」に転訛する。
 湧水は京三名水の一つに数えられた。醒ヶ井(さめがい)とも記された。これは、醒井(滋賀県米原市)との混同によるともいう。
◆源氏堀川館 源氏累代の居宅である源氏堀川館は、佐女牛井町の西(六条堀川)に在り、現在の石碑の位置は南東隅になる。館では、佐女牛井より取水していたという。
 中心の邸宅は六条堀川邸と呼ばれた。源頼義以来、義家、為義・為朝父子、義経らが拠点にした。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都の地名検証 2』『おんなの史跡を歩く』『京に燃えたおんな』『京を彩った女たち』『京に燃えた女』『京都大事典』


  左女牛井の庭       若宮八幡宮      冠者殿社      柳の井       
平安京オーバレイマップ
 佐女牛井 京都市下京区醒ヶ井六条堀川五条下る

より大きな地図で 「佐女牛井之跡」の石標 を表示
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp