梅林寺 (京都市下京区)
Bairin-ji Temple
梅林寺 梅林寺
  Home   Home



「土御門家菩提所梅林寺」の石標が立つ。




大日堂


大表土台、陰陽師・土御門家に伝わる日時計という。

 梅小路公園の西にある梅林寺(ばいりんじ)周辺には、江戸時代以来、陰陽家・土御門家の屋敷があった。寺は土御門家の菩提所になっている。山号は、清香山という。
 西山浄土宗。本尊は大日如来坐像。
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 室町時代、戦国時代(1467/1493-1573)、創建されたともいう。安部家の菩提所である梅蓮寺を前身とするともいう。その後、土御門家が受け継ぐ。
 浄土宗の西寺と合併する。
 近代、1885年、西隣にあり、廃寺になった天台宗か禅宗の法蔵寺を合併したともいう。
◆土御門泰邦 江戸時代中期の公卿・陰陽家・土御門泰邦(つちみかど やすくに、1711-1784)。土御門泰福の末子。兄泰連の養子。1754年、宝暦暦を作成して、翌年実施された。ただ、日食予測の不備により、1771年、修正が加えられる。没後、1797年、寛政暦への改暦が行われた。
 墓は梅林寺にある。
◆土御門晴雄 江戸時代末期の公卿・陰陽家・土御門晴雄(つちみかど はるお/はれお/はれたけ、1827-1869)。土御門晴親の子。子に土御門晴栄、妹に土御門藤子。1839年、元服、1842年、陰陽頭となる。1849年、右兵衛佐を兼ねる。1858年、廷臣八十八卿列参事件に参加、14代将軍・徳川家茂の就任式に勅使として江戸城に派遣された。1859年-1868年、民部卿に就く。近代、旧幕府の天文方を廃止させ、測量・天文などの管轄権を陰陽寮が掌握することに成功する。太陽暦導入に反対し、天保暦を改暦した太陰太陽暦の継続を提案した。没後、1870年、陰陽寮は廃止され、土御門家陰陽道の最後の当主となる。
 墓は梅林寺にある。
◆土御門藤子 江戸時代後期-近代の公家・土御門藤子(つちみかど ふじこ、1842?- 1875)。ふぢ、邦子、澄姫。土御門晴親の四女として京都に生まれた。第120代・仁孝天皇の典侍・橋本経子(後の観行院)付の女官として京都御所に上がる。1846年、経子が和宮を出産し、和宮の乳母となる。1860年、和宮降嫁により江戸に移る。江戸城大奥で上臈御年寄(じょうろうおとしより)となり、桃の井と称した。和宮側近として、観行院、庭田嗣子らと和宮を擁護し、大奥老女と対立した。1868年、新政府軍の江戸進軍決定に際し、徳川家存続に奔走する。和宮の使者として、橋本実麗・実梁父子に和宮の直書・慶喜の嘆願書を持参する。桑名・光徳寺で実梁に会う。京都御所で徳川家存続の内旨を得た。再び、和宮の命により実梁と進軍猶予を求めて交渉した。1869年、和宮とともに京都へ戻る。
 墓は梅林寺にあり、「邦子」と刻まれている。
◆仏像 大日堂に、「大日如来坐像」、右脇侍に「瑠璃光薬師如来坐像」、左脇侍に「地蔵菩薩立像」が安置されている。
 大日如来坐像と地蔵菩薩立像は、旧西寺食堂(じきどう)の本尊だったという。
◆文化財 中庭に、石盤の「大表土台」が置かれている。73㎝四方、高さ15㎝あり、暦作りのための日時計として使われたという。四角い盤の中央部に円形の穴が開けられ、東西北に細い線が刻まれている。南には太い溝が彫られている。江戸時代の安倍(土御門)泰邦が製作し、盤の東側面に江戸時代「寛延四年四月」(1751年)、西側面には「安倍泰邦製」と刻まれている。
 江戸時代の法具、磬子(きんす)には、「厚空東学上人代 蔓延二辛酉年三月 土御門殿御寄付」と記されている。
◆遺構 周辺には土御門家の邸宅があった。辻向かいの円光寺、その北西の稲住神社付近も邸内にあった。
 このため、円光寺には天文観測器、渾天儀の礎石などが残されているという。また、稲住神社の祭神は、土御門家の先祖であり陰陽師・安倍晴明を祀る。
◆じじばい講 1月8日にもっとも近い日曜日に、当寺で行われる「じじばい講」(京都市指定無形民俗文化財)が催される。
 旧梅小路村旧家に伝わるものという。丸太を青竹で叩きつける祭礼をいう。厄除けと豊作を祈願する農耕行事の「おこない」の一種とされる。
 起源については不明という。かつて西隣にあり、その後、廃寺になった天台宗か禅宗の法蔵寺で行われていた修正会(しゅしょうえ)にあるともいう。雷鳴の多い年は豊年とされた。青竹で丸太棒を叩く儀式は雷鳴を意味した。
 伝承がある。村の薮に棲んでいた大蛇が農作物を荒した。このため、丸太を大蛇に見立てて叩くことで、被害を祓う祈祷に始まるともいう。また、平安時代、空海(774-835)が東寺に居た頃、梅小路付近で大蛇に襲われた。以来、大蛇に見立てた丸太を叩いたともいう。
 当日、大日堂内の三仏像前に高盛飯、白味噌汁、ぜんまいの煮物などの膳が供えられる。丸太棒(長さ3m)が置かれ、その前に3本に束ねられた青竹(長さ20㎝程)が紐で括られて置かれる。読経の中、講員らは廻された樒の枝から葉を取り、これを撒いて身を清める。鉦、木魚が叩かれると、坐した講員各々が青竹で丸太を叩き始める。この叩く音で悪疫を祓う意味もあるともいう。その際に、「ヤーッ」「ジジバイヤ」の掛け声が起こる。竹がささら状になるまで続けられ、もう一度紐で括り直す。最後に住職より牛王宝印の護符が配られる。講員はこれを家に持ち帰り、青竹に添えて家の竈の上に置く。かつては、田の水口に挿したという。小豆粥(1月15日)には、青竹を燃やして炊いたという。
◆墓 大壇越・土御門家の菩提寺であり、江戸時代の土御門泰邦、土御門晴雄、土御門藤子ら24基の墓碑が立つ。なお、近年、墓石の劣化が激しいという。
 なお、安倍家歴代の位牌40以上が祀られている。
◆年間行事 じじばい講(1月8日にもっとも近い日曜日)。


*現在、一般には非公開。
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『梅林寺 寺院案内』『京都大事典』『京都千年 くらしと年中行事』



  関連・周辺稲住神社      関連・周辺鎌達稲荷神社      周辺       関連晴明神社       関連安倍晴明の墓所              
 梅林寺  〒600-8852 京都市下京区梅小路東中町1   075-313-5346
  Home     Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光