妙光寺 (京都市右京区)
Myoko-ji Temple
妙光寺  妙光寺
  Home   Home

















庫裡




西の玄関



玄関





方丈(本堂)


方丈



方丈


方丈
 宇多野(うたの)の妙光寺(みょうこうじ)は、山号を正覚山(しょうかくざん)という。 
 臨済宗建仁寺派、本尊は釈迦如来。
 京都十刹の八位。
◆歴史年表 鎌倉時代、かつてこの地には、公卿・花山院藤原師継(1222-1281)の山荘、北山仁和寺の別業が営まれた。師継は、1196年に早世した長子・忠季(ただすえ)を悼み、その幼名・妙光丸に因み妙光禅寺を建立する。開山は心地覚心による。
 1281年、師継の没後、師継の子(忠季の弟とも)・心性と師信は、亡父の遺志を継いで伽藍を造営する。
 1285年、師継の命により、心性と師信は、伽藍を建立し、心地覚心(法灯円明国師)を開山とした。以後、花山院家の菩提寺になる。その後、師信、師賢、家賢、長親らが住した。
 1295年、心地覚心の寿塔が立てられる。
 鎌倉時代、第90代・亀山天皇(1249-1305)、第96代・後醍醐天皇(1318-1339)の勅願寺になる。
 南北朝時代、第97代、南朝第2代・後村上天皇(1328-1368)の勅願寺になる。また、南朝初代・後醍醐天皇が三種の神器とともに一時、妙光寺に逃れたという。
 1386年、官刹の山城十刹の第8位に列せられた。最盛期には塔頭10寺があった。
 室町時代、嘉吉年間(1441-1443)、三種の神器は妙光寺内「神器の間」に奉安されたという。
 応仁・文明の乱(1467-1477)により荒廃した。
 江戸時代、寛永年間(1624-1645)、建仁寺霊洞院住持・才林慈俊(?-1638)により再興されたという。法堂、方丈、鐘楼などが再建された。
 1639年、現在の堂宇は、建仁寺の三江紹益が、歌人で豪商・打它公軌(うちだ きんのり、?-1647)の支援を得て再興したともいう。
 1666年、公軌の子・打它景軌が山門を建立した。
 1780年、境内が記され、山門、仏殿、方丈、庫裡、開山堂(印金堂)、数寄屋などが描かれている。(『都名所図会』)
 1788年、建仁寺御朱印の内、4石6斗7升を有し、歳寒庵など3塔頭があった。(「建仁寺末寺帳」)
 幕末、勤王派の拠点になり、新撰組の焼き討ちにより焼失した。
 近代、1868年、神仏分離令後の廃仏毀釈以後、寺領上知により、一時無住になる。塔頭、末寺も廃絶し、建物は建仁寺、静岡・鉄舟寺などに移された。風水害により荒廃する。
 1871年、建仁寺の天章慈英が当寺で佐幕派に斬られる。
 1885年、建仁寺に宝陀閣(開山堂の楼門)を移す。
 現代、第二次世界大戦後、印金堂は老朽により倒壊した。
 2004年より、本堂、書院、庭園が整備される。
 2011年、画家・井上文太は、下間の間に襖絵「干潮図」を完成させた。
◆心地覚心 鎌倉中期の臨済宗の僧・心地覚心(1207-1298)。無本覚心。信濃国に生まれた。15歳で神宮寺の忠学に学び、1225年、東大寺戒壇で受戒、高野山の伝法院覚仏、道範に密教を、禅定院(金剛三昧院)の行勇に禅を学んだ。1239年、行勇に従い鎌倉・寿福寺に移り、1242年、深草・極楽寺で道元から菩薩戒を受ける。1249年、宋に渡り、霊洞山護国仁王寺の無門慧開に参じて法を嗣ぐ。1254年、帰国、1258年、高野山の金剛三昧院住持になる。由良・西方寺(後の興国寺)を禅寺に改め開山になる。1285年、妙光寺の開山。1295年、妙光寺に寿塔を建て、歳寒(霊光)と号した。亀山上皇の帰依を受け法燈禅師、後醍醐天皇より法燈円明国師を贈られた。
 公案書「無門関」を無門慧開より授かり、法燈派の祖。虚無僧で知られる普化宗を請来した。日本普化宗の祖。宋の径山万寿寺より味噌(金山寺味噌)・醤油の技法を日本に伝えたという。
◆花山院師継 鎌倉時代の公卿・花山院藤原師継(1222-1281)。花山院忠経四男。正二位。権大納言。1271年、内大臣となる。『妙槐記』を著す。
◆花山院師賢 鎌倉時代後期の公家・花山院藤原師賢(1301-1332)。花山院師信の子。諡号は文貞公。持明院統の花園天皇に仕え、参議、左大弁、権中納言、後醍醐天皇の時、中宮権大夫、左衛門督、正二位大納言になる。鎌倉幕府の北条高時が天皇を配流しようとした際に、御輿に乗り比叡山に入り、天皇の笠置落ちの時間稼ぎを行う。笠置に移り捕らえられ出家した。1332年、下総国守護千葉貞胤に預けられ没した。
◆三江紹益 室町時代-江戸時代の臨済宗の僧・三江紹益(さんこう じょうえき、 1572?-1650)。京都の生まれ。道号は友林、友竹。1606年、建仁寺に入山。建仁寺295世、開山として1602年、慈芳院、1604年、常光院、1608年、久昌院、元和年間(1615-1624)、円徳院、1616年、月真院、春光院、岡林院などがある。1632年、高台寺を中興した。
 北政所が帰依した。木下家定(北政所の兄)と親交があり、その子は紹益の弟子・紹叔になる。
◆才林慈俊 江戸時代の臨済宗の僧・才林慈俊(?-1638)。詳細不明。建仁寺・霊洞院住持。宇多野・妙光寺を再興したともいう。
◆打它公軌 江戸時代前期の歌人で豪商・打它公軌(うだ きんのり、?-1647)。糸屋十右衛門。越前敦賀の富商・打它宗貞の子。京都に出て入道になり、驚月と号した。妙光寺を再興し、驚月庵を結び、歌会を催した。松永貞徳の門に入り、歌を木下長嘯子に学び、師の「挙白集」を編集した。
◆天章 江戸時代後期の僧・天章(てんしょう、?-1871)。天章慈英。京都の生まれ。摩島松南・仁科白谷に師事。江戸の浄土宗増上寺、建仁寺の全室慈保に師事し臨済宗に改宗。のち同寺357世。勤王僧で品川弥二郎、田中顕助、大原重徳らが集う。1862年、将軍に状況を促す勅使に岩倉具視に代え大原を推挙した。1871年、妙光寺の書斎で何者かに暗殺される。
 詩文、和歌に優れた。妙光寺境内に墓がある。近年、隠し部屋も整備された。
◆野々村仁清 江戸時代前期の陶工・野々村仁清(ののむら にんせい、?-1782)。野々村清右衛門。京焼丹波国野々村(美山町)の生まれという。瀬戸、美濃、京都・粟田口などで学ぶ。1647年頃(1650年頃とも)、御室仁和寺門前に御室窯を開き御室焼を始める。仁和寺宮と知遇になる。明暦年間(1655‐1658)、仁和寺の「仁」、清右衛門の「清」より「仁清」と称し、その銘印を捺した。京焼色絵陶器を完成させる。轆轤の技に優れ、銹絵(さびえ)、染付、色絵などの茶器、懐石道具などを造った。
 近年、妙光寺内に墓が見つかった。墓碑がある。
◆井上文太 現代の画家・井上文太(いのうえ ぶんた、?-)。兵庫県生まれ。1991年、画家・金子國義に師事。2006年より、現代アーティストとしての活動を始めた。日本画、油絵、キャラクターデザイン、空間美術、刺青なども手がける。 
 2010年-2011年、妙光寺障壁画制作に関わる。
◆村上天皇 平安時代中期の第62代・村上天皇(むらかみ てんのう、926-967)。第60代・醍醐天皇の第14皇子。母は太政大臣・藤原基経の娘・藤原穏子(おんし)。944年、19歳で皇太子になり、946年、兄の第61代・朱雀天皇の譲位により即位した。基経の子・忠平を関白とする。949年、忠平の死後、関白を置かず親政を行う。(天暦の治)。律令制の解体の進行、財政は悪化した。忠平の死後、その子・実頼が太政官の首班となる。皇朝十二銭の最後になった、乾元(けんげん)大宝の鋳造が行われた。後世、醍醐天皇の「延喜の治」とともに村上天皇の「天暦の治」として称えられた。実際には臣下の治世に頼った。
 詩歌、書、琵琶,笛に優れ、960年、内裏で大規模な「天徳歌合」が催された。『後撰和歌集』の編纂が行われる。日記『村上天皇御記』がある。御陵は村上陵(右京区)になる。
◆仏像・木像 本堂の室中に本尊「阿弥陀如来」、「法燈円明国師像」を安置する。
 開山堂に安置されている「開山像(法燈円明国師)」は、中近世欧州調の椅子の上に坐している。
 印金堂に柿本人麿呂像がある。
◆建築 かつて、印金堂(いんきんどう、開山堂)があり、中国渡来の印金裂(いんきんぎれ)を四壁に貼っていた。与謝蕪村は当寺を訪れ、「春月や印金堂の木の間より」と詠んだ。
 印金裂は布面に糊置き金箔を貼り、糊から出た部分を掃き文様を表した。唐代に始まり宋代に盛んになる。薄い裂にも金箔の文様を表現することができた。日本には14世紀以降、袈裟裂や打敷(仏壇、仏具などの敷物)として流入している。
 「本堂(方丈)」(京都市指定建造物)は、打它公軌の再建時の様式を残している。西と東(貴人用)に2つの玄関がある。六間取りであり、上間一ノ間は「神器の間」と呼ばれ、三畳の上段を付属させている。須弥檀の厨子は、象牙、金箔により装飾されている。持明院統・大覚寺統の天皇家の継承争いの際、花山院家は大覚寺派として後の南朝と結び付く。妙光寺は大覚寺統の亀山天皇、後醍醐天皇、後村上天皇の勅願寺になる。南北朝時代、建武年間(1333-1336)には後醍醐天皇が三種の神器と共に妙光寺、神器の間に逃れたという。室町時代、嘉吉年間(1441-1443)、三種の神器は妙光寺の神器の間に奉安された。
◆庭園 近年、2004年、方丈庭園、枯山水庭園が建仁寺の僧侶らにより作庭された。
 庭面は東西に長形であり、白砂に砂紋が引かれている。奥に苔地があり、東の立石、西の平石の2石のみがある。低い築地背後の楓が借景になっている。
 境内には、約200本の楓が植樹されている。
◆風神雷神図屏風 現在建仁寺が所有する「風神雷神図屏風」(国宝)は、豪商・打陀公軌が妙光寺再興の際に俵屋宗達に製作を依頼したともいう。その後、建仁寺に移されたとみられている。
◆文化財 「黄地花入菱花鳥文唐綾九条袈裟」(重文)、京都国立博物館寄託。
 2011年、現代の画家で「北斗の拳」で知られる井上文太により、下間の間に障壁画「干潮図」が制作された。
◆鎮守堂 境内の鎮守堂は、南北朝時代、三光国師が勧請した。江戸時代、文久年間(1861-1864)、天章和尚が造営した。
◆甘露水 境内の東南隅に「甘露水(かんろすい)」があり湧水している。かつて、当寺に三種の神器が奉安されていた時に、この井水が供されていたという。
◆墓 京焼色の陶芸家・野々村仁清と伝えられる墓碑がある。仁清は正保年間(1644-1648)、近くの仁和寺の門前に御室窯を開いた。
 村上天皇陵の参道近くに打它一族、公軌の宝塔形墓がある。
◆村上陵 境内の背後に村上山があり、山頂の小円墳は、村上天皇村上陵とされている。
 平安時代、967年、天皇は「葛野郡田邑郷(たむらのごう)北中尾(きたながお、長尾)」に埋葬され、陵戸5烟が充てられた。陵上には樹木が植えられたという。(『日本紀略』)
 その後、所在地については不明になる。江戸時代、元禄年間(1688-1704)に幕府は調査を行うが確定しなかった。近代、1889年に現在地が治定されている。


*非公開
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『京都古社寺辞典』『京都の寺社505を歩く 下』『旧版 古寺巡礼京都 6 建仁寺』『新選組と幕末の京都』『洛西探訪』『昭和京都名所図会 4 洛西』『平成29年度 春期 京都非公開文化財特別公開 拝観の手引』


  関連・周辺       周辺了徳寺      周辺法蔵寺      周辺西寿寺       周辺福王子神社       周辺平岡八幡宮       関連建仁寺      関連開山堂〔建仁寺〕           

『都名所図会』に描かれた妙光寺

甘露水

甘露水

鎮守社

墓地入口

野々村仁清の墓

境内の裏山に残る伽藍跡

伽藍跡

【参照】境内の裏山に隣接している村上天皇村上陵

【参照】村上天皇村上陵

より大きな地図で 京都幕末史跡 を表示
 妙光寺 〒616-8252 京都市右京区宇多野上ノ谷町20  075-463-0780
 Home    Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光