嵯峨薬師寺 (京都市右京区) 
Sagayakushi-ji Temple
嵯峨薬師寺 嵯峨薬師寺
 Home  Home

山門日月門


山門、日月門扁額


「龍蟠山 薬師寺」の山号寺号板


「三地蔵 生六道地蔵菩薩、瑠璃光地蔵菩薩像、夕霧地蔵菩薩像の石標






三地蔵尊、右より瑠璃光地蔵菩薩像、生六道地蔵菩薩の分身、夕霧地蔵菩薩像。




本堂


本堂






 嵯峨薬師寺(さがやくしじ)は、清凉寺境内北西にある。
 かつて嵯峨六道町に福生寺という寺があり、小野篁(802-852)が冥界から娑婆に戻る際には寺の井戸を使っていたとされる。六道珍皇寺(東山区)の六道の辻を「死の六道」と称したのに対し、この地は「生(しょう)の六道」と呼ばれていた。山号は竜蟠山という。
 浄土宗知恩院派、本尊は心経秘鍵薬師如来像。
 水子供養、安産祈願の信仰を集め腹帯授与される。
◆歴史年表 平安時代初期、819年、818年とも、疫病の流行を憂慮した第52代・嵯峨天皇は、弘法大師(空海)に薬師如来像を刻ませ、開眼供養を行った。以後、薬師寺は、嵯峨天皇勅願の寺として大覚寺(嵯峨御所)の保護を受けた。当初は真言宗だった。
 2代・高岳親王(真如親王、799-865?)の時、焼失している。
 鎌倉時代、北条時頼(1227-1263) の帰依により復興し、顕意を住職に迎えた。
 江戸時代初期、寛永年間(1624-1645)、焼失している。
 その後、大覚寺宮尊性親王(1602-1651)により再建され、本堂として残る。
 近代以前、大覚寺の下にあり、嵯峨御所御寺務所が置かれていた。
 近代、1880年、福正寺は薬師寺に合併され、地蔵菩薩像、仏像が当寺に遷されている。
 薬師寺はその後、大覚寺を離れ、浄土宗知恩院派に属した。
◆真如法親王 平安時代初期の皇族・僧侶・真如法親王(しんにょ ほうしんのう、799-865)。高岳親王(たかおか しんのう)。第51代・平城天皇の第3皇子として生まれた。809年、第52代・嵯峨天皇即位により皇太子となる。だが、810年、薬子の変で皇太子を廃された。822年、出家し、奈良の宗叡・修円、弘法大師の十大弟子の一人となり、高野山に親王院を開いた。862年、明州に渡り、865年、天竺を目指し、その後消息を絶った。羅越国(シンガホール)で亡くなったともいう。
◆小野篁 平安時代初期の公卿、文人・小野篁(おの の たかむら、802-853)。岑守(みねもり)の子。野狂、野宰相などとも呼ばれた。文章生、東宮学士、834年、遣唐副使に任命される。だが、838年、3度目の出発に際して、大使の藤原常嗣と対立し、乗船を拒否したため、嵯峨上皇により隠岐に配流された。2年後に召還され、847年、参議になる。武芸、和歌にも秀でた。百人一首に「わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと人には告げよあまのつりね」がある。北区の紫式部の墓の隣に墓がある。
 伝承として、篁は昼は朝廷に仕え、毎夜、冥土へ入り、閻魔庁第二冥官として大王のもとで死者に対する裁判に立会っていたという。藤原高藤、藤原良相らを蘇生させたともいう。これらの篁の冥官説は、平安時代より、また室町時代に始まったともいう、江戸時代には、篁が冥土に行き来したとする話が定着した。(『江談抄』『今昔物語』『元亨釈書』)
◆顕意  鎌倉時代の僧・顕意(けんい、1239-1304)。薩摩に生まれた。浄土宗の聖達(しょうたつ)、西山派深草流の祖・立信(りゅうしん)に師事、嵯峨・竹林寺で教えた。深草・真宗院に移る。
◆尊性法親王 江戸時代の皇族・尊性法親王(そんしょう ほうしんのう、1602-1651)。第107代・後陽成天皇の第5皇子、母は日野輝子。1607年、大覚寺に 入室し、1613年、親王宣下(毎敦)となる。1615年、得度し、尊性と称した。1621年、二品、1635年、東寺長者に就く。墓は大覚寺宮墓地にある。大覚寺の宮と称した。
◆仏像・地蔵・石仏  空海自刻という「薬師如来(心経秘鍵薬師如来像)」、恵心僧都(源信)にまつわる「船上阿弥陀三尊像」、小野篁にまつわる「生六道地蔵菩薩像」、伝・恵心僧都作の「阿弥陀三尊像」、「阿弥陀如来像(京都市指定文化財)、「観音菩薩像」、「勢至菩薩像」(京都市指定文化財)がある。
 伝小野篁作という「地蔵菩薩半跏像」(京都市指定文化財)が安置されている。鎌倉時代初期以前に作られたとみられている。岩上に左足を下げた半趺坐で、右手に錫状、左手に宝珠を掲げている。円形頭光の光背、像高80cm。鎌倉時代「慶長八年(1256)」、江戸時代「慶長十二年(1605)」の二度修理されたという銘が胎内に納められていた。
 ほかに「厩戸王(聖徳太子)像」(京都市指定文化財)、「小野篁像」がある。
 境内の石仏は「三地蔵尊(生六道地蔵菩薩の分身」、「夕霧地蔵菩薩像」、「瑠璃光地蔵菩薩像)」。
◆薬師如来 本尊の「薬師如来(心経秘鍵薬師如来像)」には伝承がある。
 平安時代初期、819年、都に疫病が流行した際に、第52代・嵯峨天皇は、弘法大師(空海)(774-835)に薬師如来像の彫刻を命じた。自らも般若心経を写経し、病魔の退散と招福を祈念した。高尾・神護寺に住していた空海は、一刀三礼し薬師如来像を自刻したという。開眼供養を営んだところ霊験が顕れ、万民は病の苦しみから救われたという。(『薬師堂縁起』)
 薬師如来像は勅封の秘仏とされ、御簾内に納められた。勅封とは勅命により封印され、御厨子の開閉は大覚寺の手で管理された。当山の住職も開くことを許されなかったという。
◆船上阿弥陀三尊像 「船上阿弥陀三尊像」には、恵心僧都(源信)(942-1017)にまつわる伝承が残されている。
 源信は、生身の阿弥陀仏を拝むために、七日の間、清凉寺(釈迦堂)に籠もり祈願した。七日目の暁、高貴な尼僧が現れ、その導きに従うと紫雲の中に船に乗った阿弥陀三尊が現れた。観音勢至菩薩が櫓、櫂で雲間を漕ぎ、西の空へと去るのを拝した。
 源信は後世に伝えるために、阿弥陀三尊の姿を彫み当山に残したという。(『薬師堂縁起』)
 後年、堂宇修理の際に、江戸時代の版木が発見された。それには、船に乗った阿弥陀三尊像を描いていた。船上阿弥陀三尊像は、かつては船に乗っていたものとみられている。
生六道地蔵菩薩像・福生寺・井戸 生六道地蔵菩薩像は、冥土通いの逸話で知られる小野篁にまつわる。 篁は、毎夜、六道珍皇寺(東山区)の空井戸「死六道」より、冥土へ出かけては閻魔王を助け、朝、嵯峨六道町の福生寺の空井戸「生六道(しょうろくどう)」よりこの世へ戻っていたという。ある時、地獄に赴いた篁は、猛火の中で苦しむ亡者を救い、その身代わりになって自ら焼かれる地蔵菩薩を見た。篁はその地蔵菩薩に心打たれ、姿を彫み、福生寺(ふくしょうじ)に安置したという。(『地蔵尊縁起』)。
 本来の六道の辻(北嵯峨六道)は、現在地の西に広がり葬送地の入口になっていたという。化野(あだしの)葬場へ至る道筋に地蔵堂があり、それを生六道と称したともいう。二尊院の北付近であり、諍息院(じょうそくいん)跡、蓮華清淨寺跡、福生寺跡付近になる。通称「大聖寺竹薮」と呼ばれる竹薮が残され地蔵尊が祀られていた。
 生六道とは、諍息院(静息院)の地蔵堂を指すともいう。(『山州名跡志』)。諍息院は、室町時代より存在し、境内には閻魔堂、小野篁塔、六道の堂があり、入口が六道の辻と呼ばれていた。後に諍願寺と合併したという。
 蓮華清淨寺は、鎌倉時代の姈子内親王(れいし ないしんのう 、1270-1307)、第89代・後深草天皇の皇女で、第91代・後宇多天皇の后のために建てられた尼寺だった。近代に廃寺になる。
 福生寺の創建の詳細は不明。江戸時代中期-末期に創建されたとも、江戸時代に廃絶したともいう。周辺には小寺が複数存在した。近代以後、それらの多くは廃寺になる。諍息院の小野篁像、篁作という地蔵菩薩は、福生寺に遷されたという。福生寺は、冥土からこの世への出口に当たるとされ、生六道と呼ばれた。地蔵菩薩像(生六道地蔵菩薩)が安置されていたという。近代、1880年に廃寺になり、薬師寺(右京区)に合併吸収される。地蔵尊も薬師寺に遷された。かつて福生寺にあり、小野篁が冥途より戻っていたという空井戸「生六道」は現存しない。
◆文化財 「伝嵯峨天皇像」(京都市登録文化財)。
 『薬師堂縁起』、『薬師如来絵伝』
◆花暦 5月に庭園にサツキが咲く。
◆年間行事 地蔵盆・本堂一般公開(8月24日、10時-3時)。生六道地蔵菩薩の祭りであり、法要では生御膳(なまごぜん)を地蔵尊に供する。7種の野菜を使い帆掛け舟(かぼちゃの舟に湯葉の帆)の形にしたお供で、精霊が帰る際の乗り物とみられている。
 法要後、本堂前で一年間に回向した経木(水塔婆)を梵き、精霊を送る送り火を行う。 


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『新版 京のお地蔵さん』『京都の地名検証 3』


  関連・周辺六道の辻(生の六道延命地蔵)      周辺清凉寺      関連六道珍皇寺      関連西福寺          

本尊・薬師如来

船上阿弥陀三尊像

船上阿弥陀三尊像、阿弥陀如来

生六道地蔵菩薩像

嵯峨天皇

真蓮社成誉上人

生御膳

生御膳

「生の六道 小野篁遺跡の石標
冥土通いの小野篁は、六道珍皇寺(東山区)門前の六道の辻から冥府に赴き、この地から現世に戻ったという。この地に、近代まで生の六道と呼ばれた福生寺があった。
 嵯峨薬師寺 〒616-8447 京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46  075-861-2868 
   Home      Home  
   © 2006- Kyotofukoh,京都風光