西念寺 (京都市下京区)
Sainen-ji Temple

50音索引  Home 50音索引  Home




 西念寺(さいねんじ)は、平安時代の源融(822-895)の邸宅河原院跡とされる。山号は報國山という。
 浄土宗西山禅林寺派、本尊は阿弥陀如来。
◆歴史年表 江戸時代、正徳年間(1711-1716)、月空珠心の創建による。東本願寺の学寮だったという。周辺は東本願寺寺内町の新屋敷に属し、宗仙寺、浄運寺など浄土宗寺院が建てられていた。(『京町鑑』『坊目誌』)
 その後、徳川幕府の本願寺領設置に伴い、現在地に替地される。3末寺があり、広い境内を有した。
 その後、焼失し、再建された。
 近代、1868年以後、神仏分離令後の廃仏毀釈により、伽藍、墓地以外を没収される。
 1943年、戦時建物疎開による五条通拡幅工事に際し、伽藍、墓地なども破却される。寺域は4分の1に減じた。破却された千喜満悦天満宮が遷宮された。
 戦後、本堂、書院が再建されている。
◆仏像 本尊の阿弥陀如坐来は、鎌倉時代の仏師・湛慶の造像とされる。印相は珍しく、両手を胸の前に突き出し、親指と中指で輪を作り掌を見せる。像高60.2cm。水晶の玉眼嵌入。
◆文化財 絹本著色「仏涅槃図」(重文)は、寺宝として伝えられてきた。絹地に金、銀を載せ、中央に釈迦が横たわる。周囲に人物、動物が描かれている。
 2009年の調査により、平安時代後期のものと判明した。当寺に移された経緯は不明という。古い涅槃図の特徴が見られ、釈迦の周囲に集った人物、動物の数が少ない。釈迦の母・麻耶夫人が描かれていない。左上の白い月は後補という。月輪の一部が切れ、後世の修理時に画面上部を切り詰めたともいう。釈迦の手前に、黒衣、合掌姿の僧は涅槃図の施主ともいう。縦172.5cm、横207.7cm。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都市の地名』


  関連・周辺       周辺     関連       

「仏涅槃図」、案内板より

千喜満悦天満宮

千喜満悦天満宮

千喜満悦天満宮

千喜満悦天満宮

千喜満悦天満宮

千喜満悦天満宮

千喜満悦天満宮
平安京オーバレイマップ
 西念寺 〒600-8191 京都市下京区堺町35,高倉通五条下る  075-351-0017 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp