青龍寺 (京都市東山区) 
Seiryu-ji Temple
青龍寺  青龍寺
  Home   Home











本堂



本堂


 八坂道(霊山道)の坂道に建つ青龍寺(せいりゅうじ)は、伽羅観(きゃらかん)さん、伽羅観音とも呼ばれる。山号は見性山という。 
 浄土宗。本尊は聖観世音菩薩像
 洛陽三十三所観音巡礼第9番札所。京の通称寺霊場元札所、伽羅観さん。
◆歴史年表 創建の詳細不明。
 平安時代、789年、第50代・桓武天皇の勅命により、聖観世音菩薩を祀るために建立された大宝寺(乙訓郡小塩山)に始まるともいう。当初は天台宗だった。
 794年、平安遷都以後に移転したという。以後、衰微する。
 1183年、平家の都落ちの際の兵火により焼失する。
 1185年、法然の弟子・見仏(藤原親盛)が開基になる。(『京都府地誌』)。後白河法皇(第77代)に奏上し再建した。見仏は、法然の弟子・安楽、住蓮らと共に別時念仏六時礼讃の道場とする。
 鎌倉時代、1192年、後白河法皇没後、見仏は、菩提回顧のために別時念仏六時礼讃を行い、寺号を引導寺と改め、浄土宗に改宗した。
 江戸時代、寛永年間(1624-1645)、知恩院32世・雄誉霊巌が、引導寺の故地に再興したという。不断念仏を造仏し、古像を得て本尊としたという。(『坊目誌』)。青龍寺と寺号を改める。
◆見仏 平安時代末期の武士・歌人・見仏(けんぶつ、生没年不詳)。俗名・藤原親盛(ふじわら の ちかもり)。藤原北家長良流、山和守・藤原親康の子。北面武士として後白河上皇(第77代)に仕える。1172年、東山歌合などに出詠した。『千載集』などの勅撰和歌集に入集。今様でも上皇の弟子だった。1192年、上皇の没後出家した。
◆雄誉霊巌 江戸時代前期の浄土宗の僧・雄誉霊巌(1554-1641)。駿河に生れた。沼津氏勝の三男。駿河・浄運寺の増誉のもとで出家。下総・大巌寺の貞把・雲潮のもとで修学し、同寺3世を継ぐ。奈良・霊巌院、山田・霊巌寺などを建立した。1624年、江戸深川・霊巌寺を開き、1629年、知恩院32世となる。知恩院焼失後、3代将軍・徳川家光の庇護により再興した。後水尾上皇に進講した。
◆近藤正慎 幕末の尊攘運動家・近藤正慎(義重、1816-1858)。丹波に生まれた。清水寺成就院で出家する。同院住持月照の影響をうけ活動をともにする。1858年、西郷隆盛らの倒幕の挙兵計画後、月照も薩摩へ逃れた。その際に、後のことを正慎に託した。正慎は安政の大獄により捕えられ、江戸送りとなる。1858年、獄中で月照らの居所を尋問され拷問を受けた。だが口を割らず、獄舎の壁に頭を打ちつけ、舌を噛みきって自害した。残された妻子のために、清水寺境内での茶屋営業が許可され、屋号「舌切茶屋」としていまも店は開いている。
 墓は青龍寺にある。
◆本尊 本尊の「聖観世音菩薩像」(1m)は、唐朝第12代皇帝・徳宗(779-805)より、第50代・桓武天皇に贈られた香木伽羅(きゃら、沈香、沈水香木)に刻まれたという。伽羅の観音菩薩であることから伽羅観(きゃらかん)と呼ばれる。伝教大師(最澄、767-822)作ともいう。
 香木伽羅には伝承がある。唐で天変地異が起こり、伽羅が海中より引き上げられた。その夜、徳宗皇帝の夢枕に観音が現われ、唐と東の国の人々の救済のために身を分かち香木として現われたという。伽羅を日本に送ることを夢告したという。
 観音菩薩は、平安時代、長徳年間(995-999)、かつて安置されていた西山の寺(小塩山、大宝寺、西京区大原野)が焼失し、その後、遷されたともいう。江戸時代、七観音院の開帳に合わせ、伽羅観音も度々開帳されていた。
◆別時念仏六時礼讃 別時念仏は、一定の日時を定め、威儀を正して念仏する行をいう。六時礼讃は、中国の僧・善導の「往生礼讃偈」に基づき、1日を6つに分ける。
 ①日没(にちもつ、 申~酉の刻)、②初夜(しょや、 戌~亥の刻)、③中夜(ちゅうや、半夜、 子~丑の刻)、④後夜(ごや、 寅~卯の刻)、⑤晨朝(じんじょう/しんちょう、 辰~巳の刻)、⑥日中(にっちゅう、 午~未の刻)になる。
 この各時に、誦経(読経)、念仏、礼拝を行う。鎌倉時代、法然が礼讃に節をつけ、念仏三昧行のひとつとして完成させた。
◆念仏石・珪化石 念仏石(カンカン石、鐘代わり石)といわれる大小2石が本堂、大石は本堂前の庭にそれぞれ安置されている。
 800年ほど前、天より落下してきた隕石(石質隕石)という。念仏石は、後白河法皇(第77代)回顧のため、法然が鉦の代わりに叩いたとされ、叩くと高い金属音がする。また、法然、見仏(住蓮安楽とも)などは、鐘の代わりに石を叩いて六時礼賛諷誦の修行をしたという。
 近代、大正期(1912-1926)、京都大学教授・近藤真澄が隕石であること証明したという。
 庭に、木の化石、珪化石がある。
◆墓 近藤義重(正慎)の墓がある。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都観音めぐり』『京都を歩こう 洛陽三十三所観音巡礼』『京都・山城寺院神社大事典』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』『京都御朱印を求めて歩く札所めぐりガイド』『京都の自然ふしぎ見聞録』
  

  関連・周辺      周辺      関連清水寺     

近藤正慎之碑

念仏石

珪化木





 青龍寺  〒605-0824  京都市東山区南町411,下河原通八坂鳥居前下ル3丁目  075-561-7216
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光