田中神社 (京都市東山区) 
Tanaka-jinja Shrine
田中神社 田中神社 
50音索引  Home 50音索引  Home



「伏見稲荷神社 境外摂社 田中神社」の石標










 伏見稲荷大社の北東、本町通(伏見街道)に接して、小社・田中神社(たなか じんじゃ)がある。かつて田中明神、田中社と称されたという。
 伏見稲荷大社の境外摂社であり、俗称として「稲荷の叔母神」とも呼ばれる。
 祭神は二座相伝、北に田中社、南に四大社を祀る。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細不明。
 かつて、九条(南区)の地にあり、洪水により現在地に遷されたともいう。
 古くは田野の中にあったことから田中社の名になったともいう。(『拾遺都名所図会』)
 平安時代、すでに現在に祀られていたとみられ、田中明神の記述がある。歌人・和泉式部(978?-1034?)が伏見稲荷に詣り、田中明神の辺りで時雨にあったという。(『古今著聞集』)
 1109年、藤原宗忠は、稲荷上社に参詣し、東福寺より稲荷社に到る帰坂(かえりざか、稲荷坂、車坂)より田中明神社を参詣した。(『中右記』)。その後、その地より現在地に遷されたともいう。
 鎌倉時代、1204年、田中明神が記され、旅人が強盗に襲われた件がある。(『業資王記』)
 延応年間(1239-1240)、東福寺建立に際し寺家の領地になり、かつての広大な社地が縮小されたという。(『坊目誌』中『稲荷谷響記』の引用)
 江戸時代、1705年、田中明神の記述があり、「大和大路稲荷社北五町許(もと)」に鎮座したという。(『山城名勝志』)
 1787年、田中社が記されている。「同街 三橋の南三町目西方」にあり、祭神は稲荷五座のひとつ、稲荷叔母の神を祀ったという。(『拾遺都名所図会』)
◆田中大神 伏見稲荷大社の祭神五座のうち、下社摂社の田中社は、田中大神(たなか の おおかみ)を祀る。田の神とみられている。田中大神とは、稲荷大神と深い関わりのある地主神、または土着神ともいう。
 この地の境外摂社・田中神社との関係については不明ながら、かつて、東福寺門前田中ノ町にあり、広大な境内地を有していた。その後、東福寺建立に伴い境内の多くを失ったという。(江戸時代、『稲荷谷響記』)。
田刈る童との説話 鎌倉時代の『古今著聞集』巻五中の「田刈る童との説話」には、平安時代の歌人・和泉式部との次のような話がある。
 「和泉式部しにびて稲荷へまいりけるに、田中明神の程にて時雨のしけるに、いかがすべきと思けるに、田刈りける童の、あおといふ物をかりてきてまいりにけり。つぎの日、式部はしのかたをみだしてゐたりけるに、大(おほき)やかなる童の、文もちてたゝずみければ、『あれはなにものぞ』といへば、『此御ふみまいらせ候はん』といひて、さしをきたるを、ひろげてみれば、"しぐれするいなりの山のもみぢ葉は青かりしより思ひそめてき"とかきたりけり。式部あはれと思ひて、このわらはをよびて『おくへ』といひてよびいれけるとなむ。」  
 和泉式部が、伏見稲荷に参詣し、時雨に遭い困っていると、田を刈る童が着ていた綿入れの襖(あお)を借りてきて勧めた。山を下りるうちに晴れたので、襖を返して帰った。翌日、式部が外の方を眺めていると、大きな子が文を持って佇んでいた。「あれは何者か」と問うと「この手紙を差し上げます」といった。文を差し出す。和歌が詠まれており、「時雨する 稲荷の山の 紅葉は 青かりし(あお借りし)より 思ひ染めてき」と恋心を告白していた。式部はいじらしいく思い、童を奥へ呼び入れたという。(ほかに、鎌倉時代中期、『十訓抄』、『沙石集』)
◆和泉式部 平安時代の歌人・和泉式部(いずみ しきぶ、978?-1034?)。越前守大江雅致の娘。母は越中守平保衡の娘で、第63代・冷泉天皇の皇后昌子に仕えた女房・介内侍。橘道貞(?-1016)と結婚し、999年、夫が和泉守となり和泉式部と呼ばれた。娘は歌人の小式部内侍(こしきぶのないし、999?-1025)。その後、夫・道貞と別居し、親から勘当される。冷泉天皇第3皇子・弾正宮為尊親王(977-1002)の寵愛を受けたが親王は病没する。後、為尊親王の同母弟・帥宮敦道親王(981-1007)の求愛を受け、その愛人として1003年、親王邸に移った。だが、妻・北の方は屋敷を去る。親王没後、第66代・一条天皇の中宮彰子に女房として出仕する。藤原道長の計らいにより、後の丹後の守・藤原保昌(958-1036)と再婚した。1025年、娘の小式部内侍に先立たれた。晩年の消息は不明。敦道親王との恋を物語的に記した『和泉式部日記』がある。
◆年間行事 火焚祭(11月11日)。


*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。

*参考文献 案内板、『京都市の地名』『日本の古社 伏見稲荷大社』『お稲荷さんの起源と信仰のすべて 稲荷大神』『昭和京都名所図会 1 洛東 上』 


   関連・周辺伏見稲荷大社      周辺      関連          
 田中神社 〒605-0981 京都市東山区本町20丁目 
50音索引  Home   50音索引  Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp