*




稲葉神社 (京都市伏見区) 
Inaba-jinja Shrine
稲葉神社 稲葉神社 
50音索引  Home 50音索引  Home





拝殿


本殿
 小社、稲葉神社(いなば じんじゃ)は、淀城跡公園内に建つ。 
 祭神は、 稲葉家の祖・稲葉佐渡守・越智正成(いなばさどのかみ おちまさなり)、末社に稲荷大明神、住吉大明神、熊野大明神を祀る。
◆歴史年表 近代、1871年、廃藩置県後、淀城の建物は撤去される。城地は、旧淀藩主稲葉家所有となる。
 1885年、旧淀藩士により、本丸に藩祖・稲葉(越智)正成を祀る稲葉神社が建立される。
◆越智正成 室町時代-江戸時代の大名・越智(稲葉)正成(おち まさなり、1571-1628)。美濃国本巣郡17条城主、林政秀の子に生まれる。淀藩正成系稲葉家の祖。織田信長、豊臣秀吉に仕えた稲葉重通の女婿となる。以後、稲葉と称した。秀吉に仕え、その命により小早川秀秋家老となり5万石を領した。妻没後、斎藤利三の娘・福(後の春日局、1579-1643)を重通養女として再婚した。1600年、関ヶ原の戦いで、平岡頼勝と共に主君・秀秋を説得し小早川軍を東軍に寝返らせた。徳川家を勝利に導いた戦功により、家康より感状を受ける。1604年、妻が2代将軍・徳川秀忠の子・竹千代(後の家光)の乳母に任命され、離婚する形をとる。松平忠昌に仕えた。下野国真岡の城主となる。江戸で没し、理龍院に葬られた。
 春日局の影響力により、息子・稲葉家2代正勝(1597-1634)は、家光小姓から、1623年に老中、1632年に相模小田原藩主に取り立てられた。
 稲葉家は1723年の10代城主の正知(稲葉家5代)以来、近代に入り廃城する21代正邦まで、12代にわたり淀城城主に就く。10万2000石の居城となった。
◆建築 拝所、拝殿、末社がある。
◆文化財 洋書の「ドドウネス草木誌」(アントワーペン版、1644年)を蔵する。江戸時代、1658年、商館長・ワーヘーナール?が相模小田原藩第2代藩主・稲葉正則(1623-1696)に贈ったものという。慶応年間(1865-1868)、淀藩藩校の明親館(現在の明親小学校)に医学科が併合された際に、藩主より当社に寄贈されたものという。44×26×12cm、二つ折り版。
◆年間行事 秋季大祭(9月20日)。


*年間行事は中止、日時変更の可能性があります。
*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*参考文献 『京都・山城寺院神社大事典』『増補版 京都の医史跡探訪』『京都大事典』


  関連・周辺淀城跡     周辺與杼(よど)神社     関連      

本殿

本殿

本殿

末社

末社、稲荷大明神、住吉大明神、熊野大明神を祀る。

末社

石垣石、刻印?

神心石
稲葉神社 〒613-0903 京都市伏見区淀本町164 
 50音索引  Home    50音索引  Home  
    © 2006- Kyotofukoh,京都風光