単伝庵 (京都市伏見区) 
Tanden-an Temple

50音索引  Home 50音索引  Home





 八幡市の単伝庵(たんでんあん)は「らくがき寺」とも呼ばれている。山号は直指山(じきしざん)という。
 臨済宗妙心寺派。本尊は五大釈迦牟尼仏、観世音菩薩ともいう。 
◆歴史年表 創建、変遷の詳細は不明。
 かつて現在地の南西神原にあったという。一時廃絶し、男山48坊のひとつ、法童坊の預かりになったともいう。
 江戸時代、1721年、瑞応が再建し、臨済宗に改め中興の祖になる。以来、江戸幕府より4石2斗7升の禄を付加された。
 1854年、本堂は地震で倒壊する。
 現代、1957年、現在の大黒堂が建立される。
◆単伝士印 安土・桃山時代の臨済宗の僧・単伝士印(たんでん しいん、生没年不詳)。詳細不明。大光普照禅師。南化玄興の法嗣。春日局の帰依を受ける。1597年、智勝院開山。1629年、紫衣事件では妙心寺硬派に属し、幕府に抗議したため出羽由利郡本荘藩・泉流寺に配流された。
◆瑞応 江戸時代の臨済宗の僧・瑞応(生没年不詳)。詳細不明。瑞応豊後国臼杵の月桂寺7世。1721年、単伝庵を再建、中興の祖とされる。
◆大黒堂 大黒堂の白壁に願い事を書き入れ祈願することができる。このため、「らくがき寺」とも呼ばれている。御堂建立に際し、さまざまな援助を受け、大黒天に願い事がよく見えるようにと書かれるようになった。毎年大晦日に、白壁は塗り替えられている。
 大黒天は、今にも動き出しそうな姿をしており「走り大黒天」と呼ばれている。南北朝時代、楠木正成(1294?-1336)が石清水八幡宮改修の際に、武運長久を祈願し寄進したものという。楠木の株の残りから刻まれたという。
◆修行体験 らくがき寺親子坐禅会(毎第4土曜日、9:00-12:00、休会は8・12月))。


*年号は原則として西暦を、近代以前の月日は旧暦を使用しています。
*年間行事は中止・日時・内容変更の場合があります。
*参考文献 『京都大事典』


  関連・周辺     周辺     関連       

大黒堂

大黒堂
大黒堂

地蔵堂

地蔵尊

鎮守社

鎮守社

庭園

庭園
単伝庵 〒614-8013 八幡市八幡吉野垣内33    075-981-2307   
  Home     Home  
  © 2006- Kyotofukoh,京都風光 http://www.kyotofukoh.jp